男は何故強いのかを考えてみた

週刊少年ジャンプ 2017年49号
約束のネバーランド 第62話 不死身の怪物 より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか



62話で、意外と男が強くて驚いた。

襲ってくる鬼にも動揺せず、ほぼ見ずに急所を当てて殺す、

というのはなかなかできることじゃない。

シェルター内ではエマたちに良いようにされていたが、

さすがに13年独力で生きてきただけはある。



今回は、彼がいかにして

鬼の弱点を把握したり、銃の技術などを身につけたか。


そこをちょっと考えてみる。




Sponsored Link




確認


まずは現状、男の強さに関係のありそうな情報を、

簡単にまとめていく。

気になるのは以下の点。


1.射撃が正確

2.森や水辺で木の実をとっている

3.森のルートや鬼の分布を把握している

4.鬼の弱点・殺し方を把握している



それぞれ軽く見ていく。


1.射撃が正確


エマを撃ったときはわざとかすらせて外し、

今回鬼を殺したシーンでは、急所を一撃で撃ち抜いている。


2.森や水辺で木の実をとっている


危険地帯である森や水辺に近づいて、

木の実をとっている
ことが分かっている。


3.森のルートや鬼の分布を把握している


このルートをいけば安全だけど3週間、

こっちなら危険だけど4日で行ける、

といった、危険度や具体的な日数まで把握している。


4.鬼の弱点・殺し方を把握している


そして、再生させずに殺す方法を知っていた。

動揺したり怯えたりという素振りは一切ない。




Sponsored Link





どう技術・知識を身につけたか?


では実際、どうやって先程挙げたような技術が身につくか。

そこを考えてみる。

技術・知識としては大きく分けると3つ。


1.射撃

2.森のルート把握

3.鬼の殺し方



それぞれ考えてみる。


1.射撃


これは練習というより、実際に戦って得た技術だろう。

皮一枚で外したり、動く標的の急所をビタで当てるなど、

射撃訓練でなんとかなるレベルの技術ではない。

実戦の中で得た技術と考えられる。



となると、鬼か狩りか、となるが、ここはまだなんともいえない。

鳥などの動物を狩るのに銃というのは難しいだろうが、

始めたてのエマたちの弓矢でも狩れるくらいなので、ないとはいえない。



一方鬼と戦って身につけた可能性。

こちらはけっこう可能性が高そう
だ。

というのも、

鬼と対面して、あそこまで冷静に撃てるというのは、

経験がなければできない
だろう。



というわけで、

銃の技術は、鬼との実戦の中で得たもの。

狩りもあるかもしれない
、という普通の結論。


2.森のルート把握


ゴールディ・ポンドへの道のりとして、

2パターンを提示できる。


どちらも具体的な日数と、その危険度を把握している。



特に危険度に関しては、かなり理解が深い。

今回の旅で男が取ったルートと、

「ゆっくりのんびり迂回して安全安心(比較)

ちんたら3週間かけて向かう」ルート。

実は道中にある集落の数自体は、迂回ルートのほうが多い。





週刊少年ジャンプ 2017年47号
約束のネバーランド 第60話 ゴールディ・ポンド より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか




そのため、

「集落の数は多いが、遮蔽物などで気づかれづらい」

「回避できるようなルート取りができる」

「4日ルートのほうが凶暴な種が多い」

などの情報を詳細に把握している可能性が高い。




この技術を身につけた過程として考えられるのは、2パターン。


a.地図を見て学習した

まずは、エマたちと違ってふんだんに時間があったわけなので、

それを利用して、徹底的に地図でルートを検討したことがある、という説。



×以外にも、今のところ意味のわかっていない、

鬼のようなイラストが描かれている。

それが種などを表していて、危険度なども把握している、

というのはそこそこ説明がつきそう。


GF農園近くには、レイを追った野良鬼のようなイラストが描かれているため、

これはけっこう有力そう。

しかし、あのイラストだけでは、

「上から襲ってくる」などの知識は得られない
だろう。



そして、エマたちも思ったように、かなりザックリとした地図である。

特に迂回ルートのような、集落を避けるような道は、

実際通れるかどうか、行ってみなければ分からない
だろう。



というわけで、地図も参考にはしているだろうが、

それだけでは不十分
といえそう。


b.実際に2つのルートを試した

本命。

具体的な日数や、

迂回ルートの集落の避け方などは、

実際に行かなければ、正確なものは提示できない。


となると実際に、

ゴールディ・ポンドへ向かうために、両方のルートを何度も試した

というのが有力だろう。


3.鬼の殺し方

そして最後に、鬼の殺し方。

レイは鬼が殺される光景を見ていたわけだが、

そうでなければ基本、すぐに気付けるものではないだろう。

何かしら、気付くきっかけがあったと考えられる。

考えられるのは3つのパターン。


a.資料を読んだ

まずは、シェルター内にあった鬼の資料を読んで、

そこから学んだ
という説。




しかし、鬼の資料は古文書レベルで、

4日しかないとはいえ、エマたちは把握できていない。


古い情報しかなくて、殺し方が書かれていないか、

あるいはそもそも読めないかのどちらか
かなと。



殺し方が書いてあるかどうかに関して言えば、

おそらく書かれている可能性が高い。


その理由としては、約束以前、鬼と人間は殺し合っていたこと。

ということは、殺し方については把握している。

そして、約束以後も、人間側は襲われるリスクがあるため、

殺し方くらいは把握しておかなければならない。


なので、まず殺し方は記録されているはず。

そして、鬼の世界で生き残るためのシェルターに鬼の資料を残すなら、

殺し方はまず確実においておくだろう。


武器だけ用意して、殺し方を教えない、というのはありえないだろうし。



そして、古すぎてそもそも読めない、というのはけっこうありえる話。

この場合、エマたちが「鬼に関する資料」だと分かったのは

挿絵などで判断した、ということになる。

文字などがエマたちの使っているのとは別の言語だったり、

ページが抜け落ちていたり、掠れて読めなかったりなどの要因で、

エマたちが殺し方を把握できていなかった
、と。

言語や擦り切れの問題の場合、

男は13年間シェルターにいたわけなので、その間に解読が可能。

と、差がつくことに説明がつく。



しかし、少なくとも男の仲間が死んだときには、

殺し方を知らなかった
と考えられる。

というのも、「弱かったから仲間は死んだ」

「自分の判断が仲間を殺す恐怖が分かるか?」

など発現の際の回想。




週刊少年ジャンプ 2017年45号
約束のネバーランド 第58話 判断 より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか




仲間が倒れている中、彼1人がナイフ片手に生き残っていた。

ということで、仲間と旅立った時点では、

資料で殺し方を把握できず、共有できていなかった可能性が高い。


知っているなら、

ナイフよりも銃のほうが鬼を殺しやすいから持っていくだろうし、

大量に仲間が死ぬということもなかっただろうから。




もちろん、密猟者など、

鬼以外の脅威に襲われてやられたという可能性もある。

でもやっぱり、銃を持っていないことからこの段階では、

鬼の殺し方を知らなかったはず。




それなのに、ナイフを持って1人生き残っているということは、

ここで何とかして殺し方を覚えた、という方が有力そうだ。



b.仲間たちを犠牲にしながら、殺し方を模索した

上にも書いたように、

資料で殺し方を把握していないのに男は生き残っているとなると、

実際に襲われてから殺し方を知った、という可能性が高そう。


ナイフを持って立ち尽くしていることからも、

あの場は逃げずに凌いだ
んだろうし。




逃げていたが追い詰められて、

殺す方法を探すしかない状態になった
、とか、

再生を知らず、殺せるはずという判断をした結果、

仲間がやられていき、逃げることが困難に。殺さざるを得なかった。


といったパターンが考えられ、けっこうありえるかなと。





Sponsored Link





結論


ここまでを総括すると、

男は仲間が死んだ際に、鬼の殺し方を知った。

仲間の死後も、A08-63、ゴールディ・ポンドを目指している。

その過程で銃の腕が上がり、ルートを覚えた。


と考えられる。




仲間を殺された頃は、ナイフだけで森に出ていて、

彼だけが生き残っている。


そのため、そこで仲間を失い、鬼の殺し方を知った可能性が高い。



そしてその後も、ゴールディ・ポンドへの2つのルートについて、

詳細に知っていることから、何度も目指している。


更に、銃の腕や戦闘の様子を見るに、何度も森で鬼を銃で殺している。

そのため、仲間を失った後、ナイフでは鬼を殺すのに最適ではないと考え、

銃を持ってゴールディ・ポンドへ向かうようになった

という流れが自然
かなと。



まとめると、


ナイフだけで行って仲間を失う

銃を持って1人で経験を積んでいる

何度もいろんなルートを試している



という流れから、

仲間を失ったあとも、ゴールディ・ポンドを目指している。

その経験から強さが身についた、と考えた




なぜ仲間を失ってもゴールディ・ポンドを目指したのか、

実際に到達したのか、ミネルヴァは見つかったのか、

今も目指しているのか、などはまた今度考察していこうと思う。



まとめ


男の強さについて考えてみたら、

仲間が死んだ後もゴールディ・ポンドを目指していそう、

という可能性が見えてきた。


ここから更に、どうして死んだ後も目指したのかなど、

いろいろ考えられそうで楽しみ。



昨日の配信ログはこちら。

62話考察配信ログ(2017年11月6日放送)


考察同人誌のアンケート実施中。

アンケート

価格などについての項目も後日追加(あるいは別のアンケートで集計)する予定。






Sponsored Link