エマが連れ去られた場所はどこなのかを検討・考察

週刊少年ジャンプ 2017年51号
約束のネバーランド 64話 もしもの私 より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか





64話では、男との決着がメインかと思いきや、

エマが何者かに連れ去られる急展開。

男からもいろいろ情報が出てきて、考察しがいのある回だった。



今回は、やっぱり最も気になる、

エマがどこへ連れ去られたのか。

これについて考えていく。




Sponsored Link






現状の確認


まずは、何が起きたのかを、改めて確認していく。

簡単にまとめると、以下の4点。


1.エマがワイヤーで何者かに連れ去られた

2.拘束はなく、起きると見知らぬ街にいた

3.そこはオランダ風の家が立ち並んでいる

4.街には風車、舗装された道路、鳥小屋がある




それぞれ簡単に見ていく。


1.エマがワイヤーで何者かに連れ去られた


男がエマの説得で揺れ、

「今すぐ引き返せ ゴールディ・ポンドには入るな」

「あそこはダメだ あの場所は……」

「今すぐだ 明朝にでも”奴ら”が――」と言った次の瞬間。

何者かが上側からワイヤーのようなもので

エマを絡めとり、連れ去っていった。


2.拘束はなく、起きると見知らぬ街にいた


エマは拘束されず、見知らぬ街で倒れていた。

彼女を助けようとしたレイの声と表情以外、

特に記憶は残っていない。


3.そこは装飾されたオランダ風の家が立ち並んでいる


その街は、オランダ風の家が並んでいた。

確認できるだけで10軒ほど。

ガーランド(旗)、風船などで装飾されている。


4.街には風車、舗装された道路、鳥小屋がある


家以外には、風車や鳥小屋のようなもの、舗装された道路がある。

また、木のような自然もあり、木の実などもなっている

(木の実は、何らかの装飾の可能性もある)。



◆◆所感◆◆


これまでの森の中と違い、

かなり文化的に発展している。

装飾などを施していることから、

かなり余裕のある、豊かな生活をしていることが伺える。




Sponsored Link




この街はどんな場所か?


続いて、実際どんな場所なのかを考えていく。

この街の状態で気になるのは以下の点。


1.発展した街並み

2.装飾

3.家のサイズ

4.風車



それぞれ詳しく見ていく。


1.発展した街並み


まずは単純に、かなり発展している街並みであることが気になる。

今まで通ってきた森や荒野とは、文化レベルが違いすぎる。

近場にしろ、遠くに連れられてきたにしろ、以下のパターンは2つ。


a.知性鬼の拠点

知性鬼は野良鬼と違って、

人間のような街で生活している
というパターン。

知能があるなら、雨風をしのぐ場所があったほうがいいし、

道は歩きやすい方がいい。

それに、電力だったあったほうがいいに決まっている。


b.人間側の拠点

続いて、鬼の世界の人間の拠点、

あるいは、もう人間の世界に来てしまった
、というパターン。

こちらもないとは言えない。


野良鬼のような知性のない存在は、

この街並みを維持できないだろうし、

他にこのレベルの知性体も、鬼と人で世界を二分している以上考えづらい。

そのため、この2パターンかなと。



発展具合だけで見るなら、まだ特定は難しい。

他の視点でも考えてみる。


2.装飾


知性鬼か、人間かを考えるにあたって、街の装飾を見てみる。

この視点で見ると、知性鬼の拠点である可能性は低そう。

理由としては、鬼の指。

どういうことかというと、今のところ知性鬼の指は、爪が長すぎる。

人間をつまんだりはできるようだが、

風船やフラッグガーランドの糸を、掴むことは難しいだろう。

そのため、人間側の拠点、という可能性が高い。



また、前述したように、装飾を施す余裕があることから、

ここに住む存在は、豊かな生活をしているだろう。


3.家のサイズ


また、人間側の拠点であるという、

追加の根拠として、家のサイズがある。

高低差があるため断言はできないが、

ドアのサイズが小さく、鬼が入ることは難しいように見える。


4.風車


そして、風車の用途として考えられるのは、

発電や干拓(水が上がってくることを防ぐ)などが考えられる。

風車による干拓は、オランダで行われていた。

建物がオランダ風であることから、似た環境であり、

同じ干拓の用途で使われている可能性が考えられる。




エマの状態から考える


更に、エマの状態から何か見えてこないかを考えてみる。

気になるのは以下の点。


1.男がGPについて話そうとしたときに捕まった

2.エマだけを狙った

3.拘束されていなかった



それぞれ詳しく見ていく。


1.男がGPについて話そうとしたときに捕まった


「男がGPには入るな」と忠告したタイミングで、

エマが捕まった。


GPには入ってはいけない、ということを知られてはいけなかったか、

あるいはその前に話していた、

「GF農園の子供を全て連れて、人間の世界へ戻る」

というのが好都合、あるいは不都合だったから連れてきた、

という可能性が考えられる。


2.エマだけを狙った


そして、ワイヤーが狙ったのはエマだけ。

もちろんその後エマ以外も捕らえた可能性はあるが、

エマが最初に狙われ、

彼女だけが街に連れられたということに、何か意味があると考えられる。


3.拘束されていなかった


目が覚めた頃には拘束されていなかった。

鬼ならば基本食べるだろうし、

農園に突き出すにしても拘束は必須。


ここからも、街が鬼の拠点というのは考えづらいかなと。





Sponsored Link





人間の拠点だとすると、どんな場所か?


ここまでを見ると、

人間の拠点である可能性がかなり高いと考えられる。

その上で、人間側の場所だとするなら、

具体的にどのような場所なのかを考えてみる。

パターンは2つ。


1.ゴールディ・ポンド

2.人間の世界



それぞれ詳しく考えてみる。



1.ゴールディ・ポンド


ここがゴールディ・ポンドであるパターン。

鬼の世界に人間の拠点があるとしたら、

今のところゴールディ・ポンドが最も有力だからだ。




その根拠としては、やはりミネルヴァが絡んでいること

彼は農園に本を寄贈していることから、

世界を行き来している可能性があるため、

鬼の世界に、彼のいる人間の拠点があるのは確実。

彼がゴールディ・ポンドに来い、といったことから、

彼が絡んでいることも、ほぼ間違いないだろう。



また、ここがゴールディ・ポンドだとすると、

地図の地形と一致する。




週刊少年ジャンプ 2017年51号
約束のネバーランド 64話 もしもの私 より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか




週刊少年ジャンプ 2017年47号
約束のネバーランド 60話 ゴールディ・ポンド より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか




地図では、ゴールディ・ポンドと書かれた位置の近くに、

木が2本と小屋の絵。更に、北東方向に道が広がっている。

エマから見た視点でも、

右側に木が2つ、鳥小屋があって、そこから右前方に道が広がっている。

偶然にしてはけっこう一致しているため、十分有力な根拠かなと。

更に右にある2本の木や、鬼のイラストなどがあるが、

これは開拓などで変化した、というのは十分あるんじゃないかなと。




この場合、男の発言が気になる。

「GPには入るな」という忠告。

人間の拠点と考えているのに、何かしらの危険がある。

これは、ミネルヴァが子供を危険にさらす、

ということではないかなと。



どういうことかというと、

ミネルヴァはゴールディ・ポンドで、子供を助けるつもりはないのではないかと。

あくまで「助けが要るならおいで」と言ったのは、B06-32シェルターまで。

ゴールディ・ポンドは「安住の先」とは言ったが、助けるとは言っていない。



そして、ミネルヴァの目的は、「人の世を取り戻す」こと。

鬼と戦争をして取り戻す、という意味ならば、

優秀な人材を教育したり、選別したりするのは自然そう。


「勉強とは本来楽しいもの」とも語っているから、

そんなことをしない、という可能性も十分ある。

が、最終的にそれを解消するために動いているのであって、

本にメッセージを隠すなど、かなりのリスクを背負っているわけだから、

ミネルヴァとしては中途半端なこともしづらいのではないかと。




2.人間の世界


もう1つは、ここが人間の世界であるというパターン。

どれだけ時間が経過したか不明なため、

かなり離れた場所へと連れて行かれた可能性はある。

そこそこ奥行きがあって広いことから、

森や荒野だらけの鬼の世界ではないというのは十分考えられるし。



この場合、強引にエマだけを連れてきたのは何故か。

考えられるのは、

エマの発言を聞いて、その理念が良いものだったため、彼女を連れてきた。

しかし、人間の世界への渡り方がレイや男、

そしてエマ自身に知られては不都合があるため、連れ去る形となった。


こうして見ると、特に否定する材料は、今のところない。




◆◆所感◆◆


どっちもありえる、というのが現状。

ただ、ゴールディ・ポンド説はちょっと無茶が多くて、

人間の世界説の方が筋は通ってそうに見えるかな。



結論


エマが連れ去られた場所について考えた結果、

人間の拠点である可能性が高いと判断した。

その場合、この街は、

・人間の世界

・ゴールディ・ポンド


の2択と考えられるが、ここは絞り難い。

どちらかと言うと、人間の世界説の方が有力に見える。




まとめ


というわけで、エマが連れ去られた場所は、

人間の世界である可能性が高そう。

もっと深く考えられそうだし粗もあるけど、

パソコンが壊れて心が折れたので、今回はここまで。







Sponsored Link