ゴールディ・ポンドの扉の奥・電話・エレベーターについて検討・考察

週刊少年ジャンプ 2018年8号
約束のネバーランド 71話 真理 より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか




今回は、ミネルヴァの扉の奥にあった、

金色の池に浮かぶ小屋、そしてその中のエレベーター電話について考えてみる。



Sponsored Link





現在分かっている情報


まずは現在分かっている情報をまとめていく。

重要そうな要素としては以下の通り。


1.抜け穴から更に地下に存在する

2.扉の中は管理室

3.金色の池に浮いた小屋の中にエレベーターがある

4.近くの機器にペンを挿すと起動する

5.途中でFAILUREと表示され動きが止まり、電話が鳴る



それぞれ軽く見ていく。


1.抜け穴から更に地下に存在する




週刊少年ジャンプ 2018年8号
約束のネバーランド 71話 真理 より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか



風車に隠された抜け穴から、

更に階段を下った場所にミネルヴァの扉がある。


ルーカスが見つからなかったことから、

少なくとも貴族鬼はこの扉や、その奥については知らないと考えられる。


2.扉の中は監督室





そして、扉の中にはGP内の映像を映したモニターや、

気温、時刻、水道、空の状況などを把握する設備が用意された部屋
があった。


3.金色の池に浮いた小屋の中にエレベーターがある




週刊少年ジャンプ 2018年8号
約束のネバーランド 71話 真理 より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか



更に部屋の奥には、金色の池が広がっている。

池の水に触ることはできない。

触ると弾けて消えるようだ。





週刊少年ジャンプ 2018年8号
約束のネバーランド 71話 真理 より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか



池の中央付近に小屋が浮いていて、その中にはエレベーターがある。

エマたちが渡っていけるため、底は深くない。


4.近くの機器にペンを挿すと起動する




週刊少年ジャンプ 2018年8号
約束のネバーランド 71話 真理 より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか



エレベーターの横にある機器に、

PENのモールスと、ペンを挿す穴、5つのボタンがある。

ペンを挿すとOKの表示とともに、エレベーターが動き始めた。


5.途中でFAILUREと表示され動きが止まり、電話が鳴る




週刊少年ジャンプ 2018年8号
約束のネバーランド 71話 真理 より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか



しかし、途中でFAILURE(機能停止、故障)

と表示され、動きが止まった。


その後すぐに電話が鳴る。




Sponsored Link




エレベーターの仕組みは?


以上を踏まえて、エレベーターについて考えていく。

しかし、早速引っかかることがある。


基本的に、小屋やエレベーターの構造を見るに、これは下へ向かうもの。

上にはつながっていないからだ。しかし、小屋の下は池。



どこへ向かうのか、という以前に、そもそもエレベーターなのか、

エレベーターだとしたら、どう移動するのか
を考えてみる。

考えられる可能性としては以下の通り。


1.エレベーターではなく、テレポート

2.池の下へと降りていく



それぞれ考えていく。


1.エレベーターではなく、テレポート


エレベーターのように上下に行くわけではなく、

どこか別の場所へとテレポートする技術という可能性。

どこまでいっても否定はできないが、

エレベーターを利用する理由が不明。

もっと効率の良い装置があるように思う。


2.池の下へと降りていく


普通に行くならこれかなと。

パターンとしては2つ。


a.実は浮いていない

池に浮いているわけではなく、錯視でそう見えているだけという説。

しかしこの場合、エマたちが池から小屋に入る際、気付く可能性が高い。

なのでちょっと可能性としては低くなるかなと。



b.池の下へ降りていき、エレベーターを接続する

逆に、本当に水に浮いていて、エレベーターが利用できない状態であるという説。



これは、一度起動はしたものの、すぐに停止したことへの説明がつきやすい。

つまり、電源こそついたものの、エレベーターが移動するルートが確保されていない、

そのために停止した、
ととれる。



エレベーターを接続するために何らかの作業をする必要がある、

ということが考えられそうかなと。

ペンを挿す機械にはボタンが5つあるため、それを利用するとか、

電話での指示に従う、あるいは交渉する必要があるとか。



ボタンや電話、起動→停止の流れなど、

説明のつくことが多いため、これが今のところ有力そうに見えている。



Sponsored Link




電話の相手や内容



そして、電話の相手や内容も重要。

エレベーターが使えない状態でかかってくるということは、

電話での会話をしなければ使えないように、という意図である可能性が高いからだ。



相手


これはかなりの確率でミネルヴァ側。

少なくともバイヨン側の鬼である可能性はほぼありえない。

というのも、風車を中心に隠れていたルーカスが見つかっていないからだ。

把握していたけど放置していたというのも考えづらい。

自分の領地で、しかもバレると危険な場所。

あからさまに隠され、鍵のかかった部屋なんて放置するというのは不自然かなと。



内容


続いて、電話の内容について。

エレベーターが動かない状態でかかってきたということは、

やはり電話での承認、意思確認などが必要であると考えられる。

ミネルヴァ側の勢力であると想定するなら、パターンは以下の通り。


1.行き来についての確認

2.ミネルヴァに賛同できるかの確認

3.知能テスト



それぞれ見ていく。


1.行き来についての確認


行き来にリスクがある場合。

例えば一度行くと戻れないだとか、

行く途中に死んでしまう可能性があるとか。

ただし、これに関しては正直なところ、これまでがリスクだらけ。

シェルターでの生活を蹴ってまで来てるわけなので今更である。

また、その程度なら最悪紙でも貼っておけばいいし、電話でやる必要がない。

と、ちょっと考えづらそう。



2.ミネルヴァに賛同できるかの確認


そして、ミネルヴァの計画に協力するかどうかを示す必要がある、

というパターン。

ゴールディ・ポンドという狩りの場を作ってまで何かを成そうとしていることから、

子供たちから見ると、反発される可能性があるためだ。

ただ、電話口での確認では、後から反故にできてしまうため、

ちょっと微妙な気はしている。




3.知能テスト


続いて、ミネルヴァ側の求める知能レベルを満たしているか、という確認。

この期に及んで、という感じではあるが、直接話すというのは初。

面接のような形で、小屋まで来た人間の適性・能力を測るというのは十分考えられそうだ。



というわけで、基本的には電話で知能を試そうとしているのかなと。

リスク説明はさすがに今更なため、

いずれにせよ、ミネルヴァにとって使える存在か、

確かめる目的での電話での可能性が高い
と考えている。



Sponsored Link





エレベーターはどこへ行くのか?


ここで、いよいよエレベーターはどこへ行くのか考えてみる。

上の電話についての考察を踏まえると、考えられるのは、以下の通り。


1.人間の世界

2.ミネルヴァのいる場所



それぞれ詳しく考えていく。


1.人間の世界


ゴールディ・ポンドから更に地下へ行くと、

人間の世界があるという説。


行き来が約束により難しい(人間側に反感をもたれる可能性がある)ために、

能力のある人間だけを連れてこようとしているのでは、と。


ないとは言えないが、

なぜこんな場所に行き来する場所を作ったのか、イマイチ説明がつかない。



人の世界も鬼と同等の規模だったとするなら、それなりに大きい。

だったら、シェルターからでも行けるようにできるはずだし、

わざわざ狩り庭なんてものを作らず、

バイヨンがこの場所に目をつけられる前に、

シェルターのようなものを作ればいいはずだ。


なので、ちょっと考えづらい。



2.ミネルヴァのいる研究施設


更に地下などで、ミネルヴァが研究を行っているという説。

根拠となるのは、GPの様子がモニターできる管理室。

そこでGPの狩りの様子を戦闘シミュレーションとして、

観察している
というのは、けっこうありえると考えている。


この場合、その研究などの様子を見られてしまうと反感を持たれる可能性がある、

能力の足りない人間に成果を見られると、拷問などで鬼に知られる可能性が出る
などの理由から、

一度能力を試しているのではないかと。


食料などの供給ルートという問題こそあるが、

こんな扉・管理室がある時点で、設計にミネルヴァが絡んでいる。

そのため、別の外に出るルートなどを用意している、という可能性は十分ある。




Sponsored Link





結論


エレベーターについていろいろ考えてみた。

結論としては、こんな感じ。


エレベーターは、池の下に降りていく可能性が高そう。

というのも、一度起動して、その後停止したのは浮いているため、

そのままでは作動しないからではないかと。

ペンを挿す機械の5つのボタンや、かかってきた電話など、

様々なことに説明がつく。


そして、電話の相手はおそらくミネルヴァ側の勢力。

というのも、バイヨン側の鬼は、ルーカスを見つけられていない。

ということは、風車の抜け穴について知らない可能性が高いからだ。


内容としては、おそらくここへ来た人間の実力を試すため。

リスク確認などは最早今更。

ミネルヴァに賛同するかどうかなどは、

電話口で約束しても、確実とは言えない。

なので、直接話を聞くなど、知能レベルを測る目的があると考えられる。


と、ここまでをふまえて考えると、

エレベーターの行先は、

ミネルヴァが利用価値を認めたものだけが行ける場所。


というわけで、GPを鬼との戦闘シミュレーションとして観察し、

研究している施設である
、という可能性が高いと考えた。

これなら、GPの様子を観察する設備があったこと、

そして池の下にわざわざ隠したことなどに、それなりに説明がつくんじゃないかなと。



おわりに


今回のはいろんな要素が絡み合って難しかった。

ただ、どんどんつながっていく感じは考えてて楽しかったかな。


今回も配信をした。

かなり盛り上がったので、ぜひ見て欲しい。

71話伏線・考察まとめ配信ログ(2018年1月22日放送)






Sponsored Link