レウウィスとルーカスのしたゲームとは一体何かを考察

週刊少年ジャンプ 2018年17号
約束のネバーランド 第80話 何だよ お前!より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか



ルーカスが言っていた、15分間レウウィスの気を引く方法が、

かつて持ちかけられたゲームであることが分かった。




このゲームで上手く15分持たせることができるか、

というのは今回の計画において最重要。

しかし今の所どんなゲームかよくわからないので、

今回はそのゲームの詳しい内容について考えてみる。




Sponsored Link





現在明らかな情報


まずは、このゲームについて現時点で明らかな情報をまとめていく。

重要そうなのは以下の通り。


1.レウウィスは血湧き肉躍りたい

2.15分間稼ぐことができる

3.エマが銃をもってレウウィスと対峙している


それぞれ軽く見ていく。



1.レウウィスは血湧き肉躍りたい




週刊少年ジャンプ 2018年17号
約束のネバーランド 第80話 何だよ お前!より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか




13年前、オジサンを逃がすために、

レウウィスを引きつけていたルーカスが追いつめられた際に

「私は血湧き肉躍りたいが、君達では足りない。

だからちょっとしたゲームをしよう」


とレウウィスに提案された。


彼の言う「血湧き肉躍る」という感覚は、

かつてのモノローグより、「互いに命を懸けるから」こそ得られるもの。



週刊少年ジャンプ 2018年1号
約束のネバーランド 第66話 禁じられた遊び①より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか




その感覚を得られるほどの実力がルーカスにはないからこそゲームを提案したことになる。

つまり、このゲームはゲームに負けると殺される、というように、

命が懸かっていて、かつ実力差の開かないものである
、と考えられる。

そのため、レウウィスが一方的に優位になるものではない。


2.15分間稼ぐことができる




週刊少年ジャンプ 2018年13号
約束のネバーランド 第76話 開戦より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか




そして、今回このゲームを計画に利用しようと考えたのはルーカス。

かつての経験より、「15分なら気を引くことができる」と、

具体的な数字を提示したため、

15分は絶対に足止めできる、という確信があると考えられる。


そのため、ゲームに15分の時間がかかる、という可能性が高い。

少なくとも、すぐに決着がついてしまうようなゲームではないだろう。


3.エマが銃をもってレウウィスと対峙している




週刊少年ジャンプ 2018年16号
約束のネバーランド 第79話 この一矢に定むべしより引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか




そして今回、レウウィスと対峙しているのはエマ。

彼女は銃を背負っているため、この銃を使う可能性が高い。

もちろん、最終的に全員でレウウィスと戦う際に使うということも考えられるが、

このゲームで使わないなら邪魔になる。

彼女と一緒にいたオリバーに預けておくということもできるわけなので、

基本的にはこのゲームでも使用することになるだろう。

つまり、ゲームと言いながら、ある程度荒事になることも十分ありえるかなと。




Sponsored Link





レウウィスとルーカスのしたゲームとは何か?


それでは実際に、

レウウィスとルーカスのしたゲームとは何か、具体的に考えていく。

考えられるパターンは以下の通り。


1.隠れんぼ


まずは、どこかに隠れていて、それを見つけるという隠れんぼ。

風車に隠れることさえできれば、ほぼ見つかる可能性はない。


しかし、これはほぼありえない。

隠れてしまっては、他の鬼と合流されてしまう可能性が生じる。

更には、爆発の臭いや音などで被害規模などを察知できたり、

エマが近くにいることを把握していたりなど、レウウィスは索敵能力も高いと考えられる。

すなわち、隠れようがすぐに見つけることができてしまうので、一方的になる。

そのため、レウウィスから提案する可能性が低い
かなと。

そのため、このゲームには逃げる・隠れるといった要素はないだろう。


2.鬼ごっこ


続いて、単純に鬼ごっこ。

子供が好きに逃げて、15分間逃げ切れば勝ち、といったようなルールであれば、

確実に15分を稼ぐことができる。

他の鬼と合流しないようにするのも、ルートさえ考えておけば問題がない。



しかしこれも考えづらい。

というのも、ルーカスはこのゲームを提案された時点で追い詰められている。

すなわち、かなり実力差が開いていて、

鬼ごっこをしたところで「血肉湧き踊る感覚」を得ることはできない。

鬼ごっこのような、単純な身体能力が関わるものとも考えづらい。


3.頭脳ゲーム


チェスのような頭脳ゲームで戦い、

その結果に応じて生死を懸ける
という説。

これならば身体能力のように大きすぎるハンデはないため、

ある程度対等なゲームになり、彼の望む「生きるか死ぬかの騙し合い」になる
のではないかと。


しかし、問題は適当な頭脳ゲームがあるかということ。

森の中ということで、チェスのように駒を使うゲームは基本的に不可能で、

その場でできるゲームというのは難しい。


そして、確実に15分を稼げるかどうか。

すぐに負けてしまう可能性もどこまでもあるわけなので、「15分なら」と断言するのは難しいかなと。

そもそも、15分は確実にかかる、という頭脳ゲームも難しいかなと。

というわけで、「確実に15分を稼げる」という要素が欠けているのがネック。


4.戦闘


最後に、「ゲーム」と言いながら、戦闘をするのではないかという説。

結局の所、これが最も「血肉湧き踊る」という、レウウィスの欲求を満たすと考えられるからだ。



もちろんこれでは対等なゲームになるはずもないので、

レウウィス側からハンデを提示する、という形になる。

「スリルが欲しいが、相手が実力不足。だからゲームをする」

のであれば、ある程度ハンデを与えて実力差を解消する、というのは自然な流れかなと。


ハンデを含めた内容としては、

「レウウィスが15分間仮面を外し、攻撃もしない。

その間に子供側が核を潰せるか」


といったものが考えられる。


これならばレウウィスとしては、隙をつかれた瞬間に死んでしまうし、

すぐに殺してしまうということもないため、彼の欲求を満たすゲームとなる
だろう。


そしてルーカスは「15分なら引きつけられる」と断言できるし、

エマが銃を持っていることにも説明がつく。




というわけで、現時点では

「レウウィスが15分間仮面を外し、攻撃もしない。

その間に子供側が核を潰せるか」

というルールのもと戦闘を行う、というのが可能性として高い
と考えている。




Sponsored Link




結論


レウウィスとのゲームについて考えてみた。


条件としては、

命を懸けるスリルを求める彼が提案してきたゲームなため、

実力差が開かない、どちらにもチャンスがあるルールであること。

そして、ルーカスが「15分は確実に足止めできる」と断言していることから、

15分はかかるゲームであることなどがある。


これらをもとに考えてみたところ、

ハンデをつけた上で戦闘するというのが最も有力そう。

「レウウィスが15分間仮面を外し、攻撃もしない。

その間に子供側が核を潰せるか」


といったものなら、レウウィスは気を抜けず、命のやり取りができるうえ、

15分はかかる
ので、こういったルールではないかと。


おわりに


今回も配信をした。

ノウスの共食いや、ノウマとの関係、

バイヨンの行動などについて話したので、ぜひ見て欲しい。


80話伏線・考察まとめ配信ログ(2018年3月26日放送)






Sponsored Link