エマの「気になったこと」、レウウィス・パルウゥスへの違和感は何か考察

週刊少年ジャンプ 2018年28号
約束のネバーランド 第90話 勝とう より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか



今回はレウウィスに勝つための作戦を考える回。

ただ、読み手側にはあまり情報を与えられなかったので、一体どうするのかはまだ分かっていない。

作戦に気づくきっかけとなったのは、エマの「気になったこと」。

レウウィス、あるいはパルウゥスの行動に違和感を覚え、そこから作戦を立てたと考えられる。



今回は、その「気になったこと」が何か考えてみる。

いくつか候補を挙げて、どれが妥当か絞り込み、

エマたちの見つけた突破口がどんなものかを考えていく。



Sponsored Link




ヒントとなりそうな情報


まずは、作戦やエマの気づいたことについて、

今明らかな情報から、ヒントとなりそうなものをまとめていく。


1.「作戦」は、レウウィスを殺し、全員でGPを脱出できるもの

2.エマの気になったことをきっかけに作戦が考案された



それぞれ簡単に見ていく。


1.「作戦」は、レウウィスを殺し、全員でGPを脱出できるもの




週刊少年ジャンプ 2018年28号
約束のネバーランド 第90話 勝とう より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか




まず、エマたちの目的は「レウウィスを倒し、全員でGPを脱出すること」に統一された。

作戦はそれを実現させるものであり、

「一部でGPを抜け出す」「レウウィスを殺さない」といったものではない。

つまり、「レウウィスを殺す」ということが理論上可能な作戦だと考えられる。


2.エマの気になったことをきっかけに作戦が考案された




週刊少年ジャンプ 2018年28号
約束のネバーランド 第90話 勝とう より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか




そして、レウウィスを殺す計画を考えるきっかけとなったのは、エマの「気になったこと」。

「どうしてあの鬼 あの時に――」という発言より、

エマが見た、「レウウィス、あるいはパルウゥスの行動」が、状況にそぐわないなど、

違和感のある行動があった
のだと考えられる。

その違和感を紐解くことで、レウウィスを殺すことができる、と判断したのだろう。




つまり現状分かっているのは、

エマの見たレウウィスやパルウゥスの行動への違和感から、

レウウィスを殺す方法を考えることができた
、ということのみ。

エマはルーカスの計画の初期段階からレウウィスたちと対峙しているため、まあまあ多くの行動を見ている。

特定は難しそうだが、疑問に思える行動をまとめて、

何が「気になったこと」なのか検討してみる。



Sponsored Link




エマの「気になったこと」とは何か?


まずは作戦を考えるきっかけとなった、

エマの「気になったこと」、つまりレウウィスやパルウゥスの行動について考えてみる。

違和感のある行動、疑問の残る行動、

弱点となりそうな行動
についてそれぞれ検討してみた。



パルウゥス


まずはパルウゥスから。

基本的に、この鬼に関しては情報も少なく、

レウウィスを倒す鍵にもならなそうなので、こちらから考えてみた。

気になる点は以下の通り。


1.電気によるダメージを受けていない



週刊少年ジャンプ 2018年26号
約束のネバーランド 第88話 リターンマッチ より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか




まず1つはレウウィスが電気による攻撃を受けた際に、パルウゥスも近くにいた。

しかし、パルウゥスに電気が通っているような描写がない。

一応水を払ってこそいるが、床も濡れているため回避できたかと言われると微妙。

慌てている描写があるため、もしかしたらダメージを受けているのかもしれないが、

レウウィスが動きづらくなるような攻撃を受けてなお動けているということになる。


これに関しては、現状3つの可能性がある。

水を払ったことによって回避したか、

ダメージを受けても動けるほどタフであるか、

自ら水や電気を避けたか
のいずれか。

判断のしようもないし、レウウィスを殺すためのつけ入る隙にもなりづらい。

そのため、とりあえずエマの「気になったこと」ではない


2.閃光によって視力を失っていない



週刊少年ジャンプ 2018年27号
約束のネバーランド 第89話 合流 より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか




そしてもう1つは、レウウィスの近くにいて閃光を受けた、あるいは見たはずが、

現状視力を失っていない
こと。

これは、レウウィスの帽子を被っているため、それを利用したのだと考えられる。

帽子が落ちた時点では被っていないため、

閃光を見るなりした後に被った可能性が高い。


パルウゥスが自己防衛に長けていることはわかったが、

つけ入るを隙になるとは考えづらい
ため、今のところ関係ないかなと。



レウウィス


続いて本命のレウウィスについても考えてみる。

彼の行動について、気になるのは以下の通り。


1.視覚がないのにオジサンの狙撃を防いだ




週刊少年ジャンプ 2018年27号
約束のネバーランド 第89話 合流 より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか




まずは、視覚がない状態で、位置を変えたオジサンからの狙撃を防いだ。

オジサンの狙撃は、反射速度が異様に速いと言われているノウスですら気づいていない。

そのため、ここで避けることができた理由を考えれば、何か見えてくるかもしれない。


しかし、これは単なる条件の差と考えられる。

つまり、ノウスはオジサンからの狙撃が完全に不意打ちだったが、

レウウィスはオジサンからの狙撃を想定できた。

なぜなら、一度見てオジサンの存在とその狙撃を認知しているし、

閃光を受けた後に狙撃される可能性はかなり高い。

そのため、レウウィスが特別なことをしているわけではなく、つけ入る隙にもなりづらい。



2.ナイジェルがいる建物をピンポイントで破壊した



週刊少年ジャンプ 2018年27号
約束のネバーランド 第89話 合流 より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか




続いて、目が見えていない状態でもナイジェルがいた建物を壊せたということ。

これもレウウィスの索敵方法に関わるため、彼を殺す足がかりとなりうる。

しかし、これも特別なことはない。


というのも、最初に「わずかだが仲間も来ている」と気配を察知しているし、

一度ナイジェルによる狙撃を受けている。

そのため、攻撃を受けた箇所、あるいは気配のあった場所を攻撃したにすぎないだろう。


3.閃光を受けた際、ぺぺを攻撃し、完全に殺さなかった



週刊少年ジャンプ 2018年27号
約束のネバーランド 第89話 合流 より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか




そして、閃光を受けた直後のレウウィスの対応。

仮面の破片を投げて、ぺぺの悲鳴を聞いて彼の位置を特定し攻撃した。

しかしこれには違和感がある。


1つは、ぺぺを狙ったということ。

レウウィスが閃光を受ける直前、エマがすぐ目の前にいた。



週刊少年ジャンプ 2018年27号
約束のネバーランド 第89話 合流 より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか



ほんの少し移動して攻撃すれば手が届く距離で、彼の速度なら問題なくエマに攻撃ができたはず。

しかしこれは、足元にしか仮面の破片がなく、動くと場所がわからなくなってしまう。

なので確実に反撃をするために、仮面を投げるという策をとった、ということで説明がつく。

また、閃光を受けた衝撃によって、即座の対応も難しいだろう。



そしてもう1つが、ぺぺを完全には殺さなかったこと。

肩に深い傷を負ったが、致命傷となったか、レウウィスの立場から見て怪しいはず。

仮面を壊されているわけなので、捨て身で近距離からの反撃を受けるとまずいのにもかかわらず、

一撃で攻撃を済ませてしまっている。

リスクを考えると追撃して、確実に殺してしまう方が良い。

ここから、すぐには反撃できない理由があった可能性がある



4.戦闘前にエマに高速移動を見せている



週刊少年ジャンプ 2018年24号
約束のネバーランド 第86話 戦力 より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか




もっとさかのぼり、エマと会話をしていた際の行動も見てみる。

このときレウウィスは、

「実に天晴れだ!」

とエマの気付けない速度で、彼女の後ろに回り込んでいる。


特に戦闘でもないのに、自身の速度を見せつける必要はないため、違和感のある行動ではある。


この行動の理由として考えられるのは3パターン。

a.エマや村に細工をした

まずは後ろに回り込んだのは結果であって、目的ではないというパターン。

エマの服に何かをする、あるいは彼女から何かを盗む、

フィールドの下調べをする、罠を張る、などが考えられる。


しかし、今の段階ではこれは考えづらい。

というのも、電気や閃光などの攻撃を受けてしまっているし、

エマに異変が起きたり、彼女を集中して狙うようなこともないからだ。


b.ハンデとして一度見せた

レウウィスの欲求は、「血湧き肉躍る」こと。

あまりにも実力差が開きすぎているとハンデを与える可能性はどこまでいってもある。

ただし、一度ルーカスに見せているし、

基本的には動かさないように策を弄してくることは分かっているため、そこまでする必要もあまりない
ともいえる。

ありえるが、他の意味がある可能性も十分ある。


c.高速移動を印象づけたかった

なんでもない状況で高速移動を見せることで、

常に高速移動を警戒してもらうという狙いがあった
という説。

この場合、「常には高速移動をすることができない」ということが考えられる。

実際、銃などで狙われた際も、避けるよりも掴むといった最小限の動きで済ませている場合が多い。


そのため、速く移動するためには溜めなどの準備が必要で、

急に出すことはできない可能性がある。




Sponsored Link





結論


レウウィスやパルウゥスの行動について、違和感がある行動をまとめてみた。


結論として、エマが「気になったこと」、計画の足がかりとなりそうなのは、

1.閃光を受けた後に、ぺぺを完全に殺さなかったこと

2.実に天晴れだ、と後ろに回り込んだのが、高速移動を印象づけるためのものだった


という2つが考えられる。


1はぺぺへの追撃がなかったことから、何か追撃できなかった理由がある、

というのが弱点である
可能性。


そして2は、常に高速移動ができる、と誤認させるのが狙いで、

本当は溜めなどが必要である可能性
だ。

銃などで狙われた際に、回避よりも受ける行動をとっているため、

2の方が可能性としては高いと考えている。


おわりに


いろいろ考えたが、すごく大きな違和感は今のところ見当たらず。

そのため、具体的な対策もちょっと見えてこなかった。

先週の段階で考えたレウウィスも、一応まだ有力だと考えているので、良ければ見て欲しい。


レウウィスをどうやって倒すのかを再考察(89話時点)



本日も配信をした。

90話伏線・考察まとめ配信ログ(2018年6月11日放送)

90話についていろいろ話したので、ぜひ見て欲しい。






Sponsored Link