ノーマンの潜伏に、ママはどう対応するのか考察してみた!

イザベラ、やばくね?

ノーマンが逃げ、更にはレイまで出荷できなくなりそうな展開。

こうなると、イザベラはけっこう苦しくなってくるんじゃないでしょうか。

なんといっても、最高級品。

1人逃すだけでも首が飛びそうなもんですが、それが2人。

脱走が成功しちゃうと、もうどんなひどい目にあうやら。



……しかし、ママの余裕がないところなんて、全然想像できません。

そんぐらいの強キャラとして描かれてきましたよね。

涼しい顔が崩れるのはまだまだ先、そんな感じがします。


じゃあ、ノーマンの潜伏にはどう対応するのか?

これがすごく楽しみなので、考えてみたいと思います!




Sponsored Link





目的・条件


まずは、この攻防について、

イザベラ側、ノーマン側の目的や条件を確認していきます。


イザベラ側の目的・条件



目的:生き延びる。

そのために子供、特にフルスコアを逃さず出荷する。




条件


1.ノーマンを夜までに出荷する。

(できない場合、レイorエマを出荷する?)

2.鬼の存在がバレたことを本部(グランマ以外)に隠す。

3.脱走されたことも知られてはいけない。

4.普段どおり子供たちの世話をする。

(=子供たちに違和感を覚えさせない)




こんな感じですね。




目的は生き延びること。そのために農園に従っているんでしょう。

3話ラスト、

「誰一人逃がさない、生き残るのは私よ……!」

というセリフから、

基本的には、子供を逃した瞬間アウトと見て良さそうです。

つまり、ノーマンが姿を消した今、大ピンチ、のはず。




条件1は、ノーマンを夜までに出荷。

言ってることが本当ならば、本部からの通達らしいので、

これで出荷できない、とはいきづらいでしょう。

お偉いさんの発注でしょうからね。

しかもフルスコアは最高級品、いわば目玉商品です。

これが出せないと、信用に関わります。


代わりにレイやエマを出荷することも考えられますが、

エマの言うとおり、「傷つけちゃいけない高級品」のようですから、

彼女はまず不可能。

レイも怪我をする前に出荷する必要があります。




2、3については、本部や鬼側に、

制御できていないことが伝わってはいけない
という条件。

こんなもんバレたら一発でアウトです。




グランマは一応鬼バレしていることは知っていますが、

制御できていることが前提。

ーマンを取り逃がし、それがバレてしまえばアウトです。

外で監視役にノーマンが見つかってもアウト。

「監視役がいっぱいいるから外へ出られない、潜伏一択」

という読みはできるものの、できれば姿をくらます前に確保したいはず。






そして条件4。

子供たちに不信感を抱かせない対応が必要です。

違和感を抱いてしまうと、ハウスの目的である、

「のびのびと育てる」ことができなくなります。



その上、全員で脱走する際、

エマたちの話がスムーズに伝わってしまうので、

決断が早くなったり、結束力が上がったりなどが予想され、

結果、脱走の成功率が上がることにつながります。




こうして見ると、なかなか制約が多いです。

基本的にイザベラ1人で対応する必要がありながら、

それでいて子供たちに違和感を抱かせないよう、

極力普段どおり振る舞う必要があるわけですね。





Sponsored Link





ノーマン(子供たち)側の目的・条件



一方、ノーマン側はこんな感じ。


目的:みんなで生き延びる



条件

1.ノーマンはエマの怪我が治るまで

(ママ曰く、全治1~2ヶ月)、

ママに見つからないように、ハウス内に潜伏する

2.レイ、エマは怪我や病気などで、出荷されないようにする

3.下見をする

4.脱出の準備を整える




今回の潜伏に関してはこんなところです。



条件1は、潜伏の期間。

最短でも1ヶ月と、まあまあ長いです。

食料などを考えると、けっこうしんどそう。

そのあたり、レイたちのサポートが必要そうですが、

そこから足がつく可能性が高そうです。





条件2は、ノーマンの条件というより、エマとレイの条件。

怪我や病気で保留する、ということですが、

とりあえず出荷→逃げられない別の場所で保管なんてのがありそうです。

なので、時間を稼ぐ方法を考える必要がありそう。

ノーマンの手がかりを少し残して、まだ出荷できる可能性がある、

と思わせるみたいな感じで。




条件3は、脱出後のことを考えた下見。

塀の上に登って外を見る都合上、やっている間は無防備。

下で待ち伏せされれば、逃げようがありません。

警備が甘いうちに、ということでしたが、

それを読まれて待ち伏せされると捕獲されかねません。




最後に、本命の脱出の準備です。

作戦のすり合わせなどをする必要がありますから、

レイたちとコンタクトをとらなければいけないでしょう。



外はあまりにも情報が少ないので、イレギュラーへの対応や、

他の子供たちをどう連れて行くか、

逃げる間の食料や生活用品の確保など、決めることは多そうです。

しかし、直接会うとママに感づかれる可能性があるため、

最低限の接触にする、あるいは置き手紙などの連絡手段の用意など、

いろいろ考える必要がありますね。



こっちはこっちでしんどそう。

イザベラに気づかれないように、

外への脱出も並行して準備しなきゃいけません。




Sponsored Link






イザベラはどう対応するか?



子供たちは1~2ヶ月を前提に動きますが、

イザベラはさっさとノーマンを出荷しないといけません。

となると、キツイのはイザベラ側だと思います。

というわけで、キツイ側の策を考えてみます。



子供たちに探させる



「ノーマンがいないの! みんなで探しましょう!」

と子供たちに声をかけて、探させる方法。

広い敷地内を、大人数で探すことができます。




欠点は、見つけた子供が懐柔される可能性があること。

鬼から逃げようとしていることを、

小さい子には説明できない(しても理解されない)でしょうが、

ノーマンへの信頼や、別れるのが辛い子供もいるでしょうから、

見つけても捕獲することはできないかも。

その場合、小さい子供なので、様子を観察すれば、

ボロを出しそうなので大丈夫そうでもあります。





レイを拘束する



みんなに探させているのに並行して、

レイが怪我しないよう、拘束する必要もありそうです。



子供たちが不信感を抱かないようにする必要があるため、

ノーマンを探させている途中に拘束する、って感じかな。

ただこの場合、拘束した後どうするのかが難しいですね。

「レイが風邪をひいた」、と子供たちに伝えて、

レイを別の場所に隔離する
のが無難かな。

風邪が移るといけないから、と近づけさせないことができます。



まとめ



というわけで、ノーマンの潜伏に対して、

イザベラがどう対応するのか考えてみました。



子供たちに探させて、その隙にレイを拘束するというのが、

個人的には綺麗かな、と思います。



実際はどうくるのか……。月曜日が楽しみです。




Sponsored Link