アンドリューたちの突入に対し、エマたちがシェルターを脱出する方法を考察

週刊少年ジャンプ 2018年44号
約束のネバーランド 第105話 まやかし より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか



今回はアンドリューたちがかなり周到に準備を行ったうえで、

シェルターへの突入を行ったことがわかった。


隠し通路をすべて知られていて包囲されている上、

出口も抑えられ、死亡者や怪我人も出てしまっている
という、

かなり絶望的な状況。

この状況で、エマたちがシェルターを脱出するにはどうすればいいのか、

ということを考えてみた。



Sponsored Link




ヒントになりそうな情報


まずは、現在分かっている情報からヒントになりそうなものをまとめていく。

重要そうなのは以下の通り。


1.エマたちは60人以上で隠し通路を移動していた

2.ルーカスがモニタールームにいる

3.ロッシーが敵の連絡手段を持って、エマたちのもとへ移動している

4.アンドリューたちは食用児を皆殺しにしようとしている

5.アンドリューたちの配置



それぞれ簡単に見ていく。


1.エマたちは60人以上で隠し通路を移動していた




週刊少年ジャンプ 2018年44号
約束のネバーランド 第105話 まやかし より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか



まず、子どもたちの大部分は武器庫から続く隠し通路で、出口へと向かっていた。

ルーカスとロッシーが別行動で、

アンドリューによって2人の少年が死亡、クリスティが頭に怪我を負っている。

武装は銃や弓。その他持ち出す荷物を持った上で移動していた。


2.ルーカスがモニタールームにいる




週刊少年ジャンプ 2018年43号
約束のネバーランド 第104話 捨てる より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか



ルーカスはモニタールームにいる。

敵の一人を不意打ちで首を絞め、無力化に成功した。

しかし、敵は出口を知っていることが分かり、

ロッシーにそれを伝えさせるため、先に行かせている。


3.ロッシーが敵の連絡手段を持って、エマたちのもとへ移動している




週刊少年ジャンプ 2018年43号
約束のネバーランド 第104話 捨てる より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか



ロッシーは敵の連絡手段を持った上で隠し通路を走り、

エマたちと合流を図っている。



4.アンドリューたちは食用児を皆殺しにしようとしている




週刊少年ジャンプ 2018年44号
約束のネバーランド 第105話 まやかし より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか



アンドリューたちの目的は、食用児の殺処分。

エマたちが約束を結び直そうとしていることを知ると、

「尚更殺す必要がある」と答えている。


5.アンドリューたちの配置




週刊少年ジャンプ 2018年44号
約束のネバーランド 第105話 まやかし より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか



アンドリューたちは支援者を皆殺しにしたことにより、

シェルター内の配置を把握している。

エマたちが向かっていた出口に先回りできていることや、

隠し通路を速やかに発見できていることから事実である可能性が高い。


その上で、アンドリューたちの勢力は8人。

アンドリューともう1人が、エマたちの向かった出口付近(2人)

もう2つの出口に最低でも1人(2人)

モニタールームに1人(1人、ただし無力化済み)

そして、少なくとも2人が隠し通路で包囲を始めている(2人)

残りの1人は地上か、あるいは包囲のどちらか、という配置になっている可能性が高い。

要所は抑えられているが、各位置について人数自体は多くないという状態。


その上で、エマたちはどういう目的をもって動くのか?

そしてそのためにどうすればいいのか
、ということを考えていく。



Sponsored Link




エマたちの目的――何を達成すればいいのか?


まずは、エマたちの目的を改めてはっきりさせる。

そして、そのために何を達成する必要があるのかということをまとめていく。


まず大前提の目的は、「生きている全員で人間の世界へ逃げる」こと。

そのために必要な要素は3つ。


1.生き残る


全員で逃げるというのが目標である以上、犠牲を出さないように動く必要がある。

そのため、捨て身の作戦などは極力取らない、という方針となるだろう。


2.シェルターを脱出する


アンドリューたちの包囲を抜け、シェルターを脱出する必要がある。


3.安全地帯まで逃げ切る


そして、脱出するだけでは不十分。

外へ出ることが出来ても追いつかれてしまっては意味がないため、

アンドリューたちの手が届かない、

ソンジュたちの洞窟のような場所まで逃げ切る必要がある。




どうやって逃げるのか?



安全に脱出、そして逃げ切るための方法を考えていく。

大きく分けて3パターンあり、そのための具体的な方策もまとめていく。


1.敵の無力化


まずは単純に、アンドリューたちを倒すことによって、

力ずくでシェルターを脱出、追いかけてこれないようにする
というパターン。

実際、ルーカスによる不意打ちで一人は無力化に成功しているため、

少なくとも不可能とは言い切れない。


具体的な方法として考えられるのは、以下の方法。

a.背後をとって不意打ちをする

ルーカスがやったように、背後を取って首を絞める。

しかしこれは、隠し通路が包囲されている今、背後を取るのは困難だろう。

出口に向かっていたということは、エマたちは端に追い詰められているということだから。

それに、ルーカスとロッシーは2人だったが、60人近くの気配ともなると隠すのは難しいだろう。


b.数でごり押す

敵の数自体は少ないことから、

1人に対し多人数で攻め入ることで、各個撃破を狙う作戦。

しかし、数が多いということは的も多いということ。

かつ、相手は防弾服によってダメージを受けづらい。

そのため、子どもたちが有効打を与える前に、何人か撃たれてしまうということが考えられる。

包囲している2人、出口の1人、地上の1人の4人に行うと、犠牲はほぼ必至。

犠牲を出さないという方針からすると、かなり取りづらい行動だろう。


c.4銃口の銃などで不意打ちの上押し切る

エマが4銃口の銃をもっていれば、

閃光で目眩ましや、音による妨害をしたうえで襲いかかることができる。

しかし持っているかどうか分からないということがネック。

とはいえ閃光、催涙やネット、音などは人間に対しても十分有効で、

意表を突けるため持っていくという判断をしている可能性は考えられる
かなと。


リスクとしては、閃光で目を潰された際でも

銃を連射された場合後ろの子供や接敵中に当たってしまうということは捨てきれない。

しかし、真正面から策もなしにつっこむよりはマシだろう。



2.出口と地上にいる敵を別の場所へと移動させる

何らかの方法で出口や地上の敵を誘導し、目を離した隙に逃げるという方法。

この場合、考えられるのは3パターン。


a.一部の出口で騒ぎを起こす

1つの出口などで爆弾などを使い騒ぎを起こすことによって、他の敵を誘導し、

別の出口へと向かう
というパターン。

しかしこれは、素直に爆弾を使ってそこの敵を倒す方が早い。

また、アンドリューとその近くにいるもう1人はどちらかが動けるため、その1人が動いて終わってしまうだろう。


b.連絡機器による誘導

ロッシーがもっている連絡機器を使い、SOSを出すなどして敵を誘導する。

しかし現状、敵の連絡機器は声による連絡であるため騙しづらい。

また、ロッシーが合流前に敵と出くわす可能性が高いことから、そもそも手にすることも難しいだろう。


この敵を誘導するというのは、

現状実現も難しく、大きな効果も得られないだろう。


3.自分たちは安全地帯へ移動し、シェルターを爆破する

シェルターの自爆装置を使うことによって、アンドリューたちを巻き込む。

あるいは、自分たちが「死んだ」と思わせることによって、捜査を打ち切らせるという作戦。


しかし、やはりこれも現実的ではない。

アンドリューたちとエマたちの距離が近く、敵を巻き込もうとすると自らも危ない。


それに、エマたちを死んだと思わせることも困難だろう。

彼らが生き残るということは、基本的には敵も生き残るということ。

目的が全員の殺処分である以上、死体を確認するまで捜査を打ち切ることはないと考えられる。



というわけで、全部を通して現実的なのは、

4銃口の銃などによる目眩まし、不意打ちの上で各個撃破していく
というもの。

数でごり押すことは可能だろうが、犠牲は免れないため不意を突ける要素が必要となるだろう。



Sponsored Link




結論


アンドリューたちからエマたちが無事逃れる方法について考えてみた。


エマたちが目的を達成するには、

1.全員無事に
2.シェルターを脱出し
3.安全地帯へと逃れる


という3つの要素が必要となる。


これらを実現するためには、現在見えている要素だけで考えるならば、

目眩ましなどで不意を突いた上で各個撃破が最も現実的。

数でごり押すだけでも倒すことは可能だが、安全性を考えると不意打ちの要素は必須だろう。

誘導や自爆などは実現が難しい上、効果も望みづらいため、

現状では不意打ちで突破していくというのが最も有効と考えている。




おわりに


本日も配信した。

105話伏線・考察まとめ配信ログ(2018年10月1日放送)

ピーターの発言や、ジェイムズの目的についてなどを話したのでぜひ見て欲しい。







Sponsored Link