105話伏線・考察まとめ配信ログ(2018年10月1日放送)

前回(104話)の考察放送
104話伏線・考察まとめ配信ログ(2018年9月22日放送)






今回も配信したのでそのログを。

””内は頂いたコメント。



Sponsored Link





◆◆どう逃げる?◆◆


◇◇現状◇◇

・エマたち
→60人以上、ルーカスとロッシー以外は隠し通路から出口を目指していた
しかし、その出口でアンドリューに待ち伏せされ、
2人が死亡、クリスティが頭を撃たれる
ルーカスはモニタールーム、ロッシーは敵の連絡機器を持って合流しようとしている

・アンドリューたち
→8人
目的は子どもたちの皆殺し
シェルターの構造について網羅している
→3つの出口に1人ずつ、地上1人、アンドリューとその近くの1人、
モニタールームの気絶している1人、包囲しようとしているのが2人

◇◇エマたちの目的◇◇

七つの壁を探して、食用児全員を救う
→現状を犠牲を出さずに突破する必要がある

そのために

1.全員で生きることを目指す
2.シェルターを脱出する
3.安全地帯まで逃げ切る

この3つを満たす必要がある
→ただでさえキツイのに、この縛りでもっと苦しくなっている、
という現状

◇◇どうやって逃げるのか?◇◇


1.アンドリューたちを無力化
→つまり、倒す これができると後続のピーターの部下がくるまでは安全
一部だけでも戦力を削ぐことができているので悪くない
ルーカスも1人気絶させているし、不可能ではない

a.背後を取って首を絞める
→厳しい
包囲され始めているので、背後を取ることは無理

b.数でごり押す
→接敵するのは多くて2人 基本1人
なので武器をもっている子供4~5人でごり押す

防弾服があるのがネック
→有効打が通りづらくなっている
かつ、子供が多いということは、的も多いということ
→致命傷の受けやすさに差がありすぎるし、
包囲の2人→出口の1人→地上の1人
みたいに、4回くらいの戦闘が想定されるので、犠牲者は出やすい

c.4銃口の銃の閃光などで不意打ちの上で、急所を狙う
→閃光などで妨害をした上で襲いかかる
その上で、目を閉じて接近→急所を狙う

ただ、4銃口の銃を持っているのか?
→意表をつけることは証明済みなので、もっていてもおかしくない
目が潰れた上でも撃ってくる可能性はあるけど、それでもマシ


2.出口や地上の敵を誘導し、そこから逃げる
→どうにかして出口や地上の敵を動かし、手薄にする

a.一部の出口で騒ぎを起こし、他の敵を移動させる
→その場で倒した方が早い
+動いてくれるとも限らない

b.連絡機器を使っておびき寄せる
ロッシーが持っている連絡機器を使い、おびき寄せる
声での連絡であることが厳しい→子どもたちでは騙せない
ロッシーが合流することも難しい

それに、必ずしも狙ったところが動いてくれるわけではない

3.自爆装置を使う
a.子どもたちは安全な場所へ行った上で、この自爆にアンドリューたちを巻き込む
→エマたちとアンドリューたちの距離が近い
アンドリューたちが爆発に巻き込まれるということは、エマたちも同じように巻き込まれる

あるいは、b.この自爆によって、エマたちが死んだと思わせる
→死体を見つけるまで捜査を打ち切ることはないだろう


現状、最も有力なのが不意打ちの上で無力化していく
ただ、やっぱりキツイというのが結論


”シナモン​アンドリューたち、多分もうモニタールームを警戒しないで動いていますよね。
一方ルーカスはまだモニターを壊さず見ているかも。さっきぺぺが気付かなかった何か
(彼らがここに来た経路や方法)がうっかりモニターに映って、それにルーカスが気がついたら、
何か別な逃げ道とか逃げる方法がでてくるかも、あるいは脅しに使えるかも、とも思います。”
→まず、カメラを縫ってきたかもちょっと怪しいところある
→カメラの位置分かってても、けっこう難しいことだから
なので、別な逃げ道、方法はありそう

ただ、乗り物とかだとすると、モニターに映る可能性は低そう
→映ったときにはアンドリューたちは歩いていたから、
降りたところはカメラに映らない場所のはず

脅しは難しそう→結局殺せばいい

”シナモン​彼らも金の水を使ってやってきたとか”
→今のところ可能性は低そう
金の水を使う移動方法→基本カメラには映らない、映っていないので知りようがない
金の水を使って、それだけで移動ができるのなら、レイはそれを試そうとする


詳しくは

アンドリューたちの突入に対し、エマたちがシェルターを脱出する方法を考察


Sponsored Link




◆◆ピーターの目的◆◆


エマ「もう1つの約束を結べる」
→アンドリュー「尚更殺さなきゃいけない」
「たとえ世界が許可しても 我々は今この秩序でなければならないのだ」
→もう1つの約束結ばれると困るんだけど
そういう制度があったとしても、俺達は現行の約束じゃなきゃいけない

ピーター「兄さんこそ人間の世界を裏切っている」
→現行の約束が崩れることも、裏切りに繋がる可能性

現状・現行の約束
→人の世界と鬼の世界を棲み分ける
お互いに狩らない

鬼の世界には農園を設置している
→農園に関しては、人間も運営に関わっている

人間の世界がどうなっているのか?はブラックボックス
→技術が進歩している ペンやシェルターの技術、Λなどを見るに


もう1つの約束を結ぶと何が起こるのか?何か不都合があるのか?
→鬼のいない人間の世界に食用児が逃げることができる
食われることのない世界になる可能性が高い
→農園が存在しなくなるとか、完全に棲み分けがされる、とかが起こりうる

・完全に棲み分けされると困る
→人間側から困ることがあるのか?鬼は農園なくなって人も食べられないけど
人間側はブラックボックスなのでなんでもありえる
農園運営のリターンとして、何か資源や竜の目の見通す力などを得ているとか、
何らかの目的のため、Λで非人道的な実験をしているとか?
→「人間の世界への裏切り」みたいな使命感のあることも考えていたりするので、この可能性もありうる

”シナモン​ラートリーが特別な存在ではなくなってしまうとか?”
→調停役から落ちぶれる可能性はどこまでもある

・もう1つの約束に他の条件があって、デメリットが有る
→これはちょっとまだ判断不可能


”シナモン​ジェイムズは何のために7つの壁を探していたのでしょうか。食用時のためとは思えないのですが。”
→リスクが大きいことをしているから、何かしらもっと大きなリターンを狙っていた可能性はある
ただ、現状食用児を助ける、あるいはそれによってジェイムズに地位が上がる、くらいしか見えない
→竜の目とか、過去を見通すとか、そういった能力のため探していた可能性?


次回(106話)の考察放送
106話伏線・考察まとめ配信ログ(2018年10月6日放送)






Sponsored Link