106話伏線・考察まとめ配信ログ(2018年10月6日放送)

前回(105話)の考察放送
105話伏線・考察まとめ配信ログ(2018年10月1日放送)





本日も配信をしたのでそのログを。

””内は頂いたコメント。



Sponsored Link




◆◆シェルターでの戦闘◆◆


ユウゴとルーカスが6人の敵と戦う

◇◇ユウゴとルーカス◇◇

→防弾服とガスマスク、武器を奪う
→装備面においては互角

目的
→エマたちを逃がすこと
アンドリューたち6人を追えないようにする
→理想は殺す、そうでなくても時間を稼ぐ必要がある


◇◇アンドリューたち◇◇


目的→子供たちを殺す

子供たちが逃げていることは知らない
ユウゴとルーカスの相手をする必要がある

非常口付近から離れていて、エマたちを追い詰めるように動いている段階、のはず
→密集してきている状態

なので、2VS1の構図は作りづらいかも


実際どうか?
→武器庫や隠し部屋の存在が知られていないのが大きなアドバンテージ
→特に武器庫はでかい武器や爆弾なんかもあって、攻撃面において有利

更に、死を覚悟している状態
→シェルターにおびき寄せて、緊急破壊装置を使うだけで目的は達成できる
資料室に襲撃者が入っている様子がないので、
破壊装置の配線が壊されている、ということはなさそう

ただ、アンドリューが外の味方が撃たれた時になにか反応している
→フェイクの指示を出したり、外に出てエマたちを追うみたいなことがありうる
が、それ以外は基本的に有利


◆◆エマたちは今後どうするのか?◆◆


逃げる場所はソンジュたちがいた洞窟が無難

金の水次第
あとは金の水で七つの壁を探す、昼と夜へ入る
→これがどういう条件で可能になるのかということは不明
なので、これからどうするのか、何が必要になるのかは不明

”シナモン​もしユウゴとルーカスが待っても来なかったら、
シェルターの様子を見に行こうとする子も出てくるんじゃないでしょうか。オリバーとか。”
→さすがに追われている身で危険なので、自制するし周りが止めそう

”シナモン​レイも察していそうですね。でもエマはどうなんでしょうか。”
→さすがにさっしてはいそう


Sponsored Link




◆◆ジェイムズの目的◆◆


アンドリューの「我々は今この秩序で生きなければならない」
ピーターの「兄さんのしていることは人間世界への裏切り」
「すべては人間世界の秩序のために」
などの発言を見るに、
ジェイムズのやっていることは人間を敵に回すことかもしれない
→なのに、ジェイムズは「自分の職務を放棄することは出来ない」
ちょっと矛盾しているようなことを言っている

子供たちへのヒントが非常に遠回し
最初に全部教えてくれればいいのに、何故そうしないのか?
→武器庫、安住の先ってどういうことか、
支援者への連絡手段を最初に教えてくれないのはなぜか
……など、謎が多いので、彼の目的について改めて考える


本→モールスでメッセージ伝えて気付かせる
ペンを農園内部に紛れ込ませることによって逃げ道を示す
これは、気付くの待ちなのはしょうがない
→飼育監とか、鬼とかに見つかる訳にはいかない

シェルター
→武器庫が隠されていた
オジサンの仲間がたまたま見つけた

安住の先を目指すならペンを持ってA08-63へ
安住の先って何?武器庫がわからないと、鬼どうするの?となる
→目指すにも目指しようがない、ということになりかねない

GP
居住区、村があるというところまでが素直に分かること

人間世界への道とペンのチップ、電話が扉の奥にある
ただし、この扉を見つけるには風車の中の階段か、
森の中の入り口を見つける必要がある
→ルーカスの命の恩人の女の子が見つけていたからいいものの、
そうじゃなかったら見つかるかどうか分からない

ペンのチップ
→扉の奥にいってやっと手に入るもの
もう1つの約束、七つの壁、
シェルターの隠し部屋と支援者への連絡手段
などの情報
→これらは最初に伝えるべきではないだろうか


彼が伝える情報は、それだけだと不足している
→子供たちを動かして、利用しようとしている可能性がある

ピーターたちとも反目している
そのリスクを負っているわりに、指示が曖昧で本当に助けようとしているかも曖昧


→その真意、目的はなにか?

1.能力を試して、優れた子供を迎え入れようとしているパターン
→脱走やGPへの道のりはともかく、
蔵書票に気付くかどうか、ピアノズレていることに気づくかどうか、
ミネルヴァの扉への入り口に気付くかどうか
→これは能力というよりかは気付くかどうか、半分運が入っててそこを試してもしょうがない
なので違いそう

2.子供たちを誘導して、約束を破ったり、七つの壁を探させる目的
→GPを用意せず偽の情報を掴ませて、鬼の集落に誘導したり、
最初に七つの壁の情報を渡すべき

自分の手を汚さないのは基本的に無理
→武器とかを使うんだったら、出どころは限られている

3.本当に子供たちを助けようとしている

まず事実として、シェルターは生活拠点として成立しているし、
GPもピーターが裏切らなければあのようにはならなかった
人間世界への道が機能していたのもおそらく事実
→助けようとしている意志がある

じゃあ何故遠回しなヒントなのか?
武器庫、連絡手段、風車、道について教えてくれなかったのか、用意していなかったのか
→ラートリー家は約束を守ろうとする→妨害、襲撃が予想される
→なので、情報を分散させるような形態になっているのではないか

シェルター
→腹心であるピーターですら、存在は知っているけれど、位置は知らない

武器庫について教えてくれなかった
→襲う側に知られるわけにはいかなかった
子供たちの生存確率

シェルターに来てすぐ、支援者へ連絡できるようにしなかったのは何故か?
→襲撃されてこれがバレると、支援者がどんどんバレてしまう

GPに関しても、人間世界への道への通路が、
見てすぐわからないようにしている

”藤白ゆき​人間相手ならばラートリー家以外に警戒する必要がなかったとも言えそう。
武器庫と連絡手段は(特に後者は)支援者を守る為にも情報を与えるわけにはいかなかったんだろうと思う。
ただ、GPに関しては武器って鬼からの支給品だったので、別口で武器庫があった可能性はある”
→基本的に行き来できるのはラートリー家だけのはずなので、そこ以外警戒していなかったのはほぼ確実
シェルターを例を見るに、ここにも隠された武器庫がある可能性はかなり高そう

”シナモン​エマたちが今無事で存在しているのは滅茶苦茶奇跡ですよね。
普通なら確率的にありえないほどだと思います。もしジェイムズが本当に食用児たちの味方で助けるつもりでいて、
その結果今があるとすれば、もしかしたらジェイムズは”全てを見通す竜の目”を既に入手しているのではないでしょうか。
この一見遠回りな方法でも、子供たちが選んだ目的地に着くことができると見通しているとか。”
→たしかに、ルーカスが扉を見つけたのとかはかなり細い筋
ただ、腹心の裏切りを見抜けなかった、とも言ってたから違いそう?”

”シナモン​奇跡が起こり始めたのは、ユウゴやルーカスが脱獄した以降この13年間だと思います。
シナモン​13年前に龍の目を手に入れて、今まで作ってきたものを利用して新たに助けようとした可能性もあるのでは?
シナモン​15年前は失敗したけど、ってことです
​ええ、鬼の世界に身を隠している間に”
→ラートリー家当主のときのほうが探しやすそうだけど、そのときに見つけられなかったものが見つけられるか?
ジェイムズ単独で、鬼の世界で動いているだけで見つけられるか?(資料など手元にない中で)


ジェイムズの目的と行動の謎について考察



◆◆今この秩序でなければいけない◆◆


もう1つの約束を結ぶことは、
アンドリューたちあるいは、人間世界にとってマイナスである可能性がある
どういうことか?

1.人間・ピーターにとってのメリットが失われる
・Λでの実験
・農園での教育ノウハウ→もう蓄積があるし、別に大きな話ではない
・鬼との取り引き→鬼の世界の資源や竜の目の力

2.人間・ピーターにとってのデメリットが発生する
・鬼との戦争→鬼にいない世界へ行ける→つまり、襲っても来ないはず なのでなさそう
・ラートリー家が凋落する


次回(107話)の考察放送
107話伏線・考察まとめ配信ログ(2018年10月15日放送)





Sponsored Link