112話伏線・考察まとめ配信ログ(2018年11月19日放送)

前回(111話)の考察放送
111話伏線・考察まとめ配信ログ(2018年11月12日放送)


本日も配信をしたので、そのログを。



””内はいただいたコメント。


Sponsored Link



◆◆フクロウ◆◆


支援者側の偵察機だと思ってたが、
ピーター側の偵察機だった

なぜ支援者側だと思ってたか?
→アンドリューが全然外の様子を把握していなかった

襲撃前の電話
→支援者側が襲撃を把握できていた
→これは偵察機によるものでは?
偵察機による把握ではなかったが、襲撃を支援者・ミネルヴァが把握していたのは事実
これはなぜか?
→シェルターの監視カメラの映像を見ることができる?
→GPから戻ってきて、長期間シェルターを離れていたことも把握できうる
→クヴィティダラを探っていたことや、金の水を手に入れたことなどを把握できる
→彼らの動きをもとに、ジェイムズたちは計画を立てることができたかもしれない


◆◆ジェイムズは食用児を集めて何するつもりなのか?◆◆


目的→鬼の殲滅やもう1つの約束の締結による、食用児の解放
この目的のためになにをしようとしているのか

1.GPで食用児に3つの選択肢を提示している
a.戦争 b.人間の世界へ逃げる c.七つの壁を探す
→食用児が自由になる、満足する選択肢→目的に近いと考えている
→なので、このどれかを主導しようとしているのではないか?

2.七つの壁の先で、もう1つの約束を結び直すことができる
七つの壁の先には、鬼のボスがいる
鬼のボスと約束を結び直せば、鬼のいない世界へ逃げられる

ペンの暗号など謎が多い
→エマたちは昼と夜への行き方を把握していて、
金の水という関係のあるものも得ている
→ただし、条件やリスクがあるとも言っている

3.シェルターへの電話
→食用児を救うメッセージ
食用児の解放が目的であることを伝えている

暗号で示した場所へ食用児が集まるように導く
何をするのか、という具体的な説明は一切なし



では実際に、食用児を集めて何をするのか?

1.鬼やラートリー家に戦争を仕掛ける
→反旗を翻す、ということで武力に戦闘
子供たちを集めた理由としては、
戦力の確保、人質にとられないように、貴族の士気を下げる

考えづらい
・勝算が低い
→人間VS鬼、ラートリー家VS食用児&ジェイムズ、
ラートリー家&鬼VS食用児&ジェイムズみたいなパターンがあるが、基本勝てない
ジェイムズは死んだ、追われている身
支援者はアンドリューに殺されて数を減らしているし、監視されてて動けない
→戦力・武器の確保ができない
農園から出てきた子供は数が多くない(暗号に気づいて、農園の警備をかいくぐる)し、
人間VS鬼の場合、勝敗はわからないが、次の理由で考えづらい

・食用児が人間の世界に受け入れられない可能性が高い
→戦争の原因になったのは彼ら
鬼が勝手に襲ってきたということにはできない(ラートリー家)


2.ラートリー家を失墜させ、調停役の立場を奪う
子供たちを逃がす→本やペンという証拠を露呈させる
これによって、ラートリー家の立場が崩れる

これをしたからといって、ジェイムズが実権を握ることはできない
むしろ、鬼からすると約束を破られたのと同じ
→人間の世界が狙われるため、解放されていない

3.人間の世界へ逃がす
子供を集めて逃がす→目的を達成するなら手っ取り早い

ただ、非現実的
→ジェイムズは追われる身、支援者もアンドリューに狙われていて、実際殺されている
→そんな中で人間の世界への道は作れない

既存の道も、ピーターや鬼が管理しているはずで、使える可能性は低い

4.もう1つの約束を結ぶ
→目的を根本から解決できるので、動機は十分

今のところこれが最も妥当
→他は非現実的+これなら、食用児を集めることに説明がつく

・食用児を集めて、七つの壁などの謎を解く
→高級農園の、暗号が解けて、かつ農園の警備をかいくぐってきた子供が集まる
→頭のいい子供が集まるため、謎が解きやすくなる

・鬼の世界で動ける人間を確保するため
鬼と人間は世界を行き来できないが、
七つの壁を探すには、実際に探索する必要がある
ただ、ジェイムズ自身は動けず、支援者も数を減らしているので、
探索する人員は必要
そのために、ミネルヴァ側の勢力として食用児を集めているのではないか

エマ→七つの壁は今じゃない 条件とリスクがある
ジェイムズはこれを解消するために動いている可能性
→判断要素はないが、ないとはいえない

この連絡がラートリー家による罠である可能性
→オリバーの言っていたように、さすがに考えづらい
襲撃と絡めてその場に仕留められる罠にすべきだし、
連絡室を知らなかった→シェルターに連絡手段があることも把握していなかった
なので基本ない


ジェイムズやウィリアム・ミネルヴァは食用児を集めて何をしようとしているのか考察


Sponsored Link




◆◆ジェイムズともう1人の会話◆◆


ジェイムズともう1人の会話を見て
→もう何かしら計画は進めることができる
食用児はもう来ているのか?という疑問
→鬼の町でバイヨンのところで盗難が出た
→これも彼らの計画の一部である可能性はあるかも


”シナモン​最後のページ、主導権を握っているのがジェイムズじゃなくなっているようで、気になりました。
このメガネのおじさん、ジェイムズと完全に考えが一致しているのかなあ…と。
最後のジェイムズの横顔が覇気がないように見えて、本意ではないことをしようとしているような。気のせいでしょうか?”
お互いに敬語ではないため、対等な関係である可能性は高い



Sponsored Link




◆◆その他伏線・コメントなど◆◆



”シナモン​今回、シェルターが襲われてもエマたちが生き延びられたのって、奇跡的だとも思えます。犠牲も出ているし。
襲撃を知っていて何も助けを送ってくれなかったのなら、エマたちのためを考えてくれてないような気もします。”
→たしかにそう
ただ、もう1つの約束を結ぼうとしているっぽいということをふまえると、
大多数を優先して、連絡だけに留まったというのはありうる


次回(113話)の考察放送
113話伏線・考察まとめ配信ログ(2018年11月26日放送)






Sponsored Link