114話伏線・考察まとめ配信ログ(2018年12月3日放送)

前回(113話)の考察放送
113話伏線・考察まとめ配信ログ(2018年11月26日放送)


本日も配信をしたのでそのログを。



””内はいただいたコメント。


Sponsored Link




◆◆襲われていた人間は何者?◆◆


襲われてた男二人
1.森のなかで、野良鬼に囲まれていた
→エマたちほど、森の歩き方に長けているわけではない

2.出発から八日目で遭遇
→ライオンのあごに近い地点

3.リュックと槍を持っている
→知性はありそうで、量産型農園出身ではなさそう
槍は野良鬼に対して危険なチョイス

4.高級農園の服ではなさそう
→GF、GB、GVの服ではない
どこかで服などを調達した可能性あり


彼らは一体何者なのか?
知性があるのはほぼ間違いない

高級農園の出身
高級農園が抜け出して、拠点を作り残した子孫

人間の世界の出身
ピーターによる罠
→この2つは考えづらい
道を行き来する必要がある→ラートリーが関わっている
→なら森の真ん中につれてくるのはさすがに考えづらい


ほぼ高級農園出身なのは間違いない

1.ジェイムズの味方

エマたちを助ける目的で味方を送った
→ちょっと考えづらい

野良鬼に囲まれている→あるきなれていない
そんな人間に、槍という野良鬼に対して有効ではない、リスクのある武器を渡して、
森に行かせるか?
→さすがに無理がある

単純に戦力を失うし、助けた食用児からの信頼も失いかねない


2.集落など、拠点を持つ人間
→槍で動物を狩ろうとしたところを、野良鬼に襲われた

ただ、野良鬼に囲まれてしまうような人間が外で生きていけるのか?
槍という武器も最適ではないので、外に住んでいるのは考えづらい


ジェイムズの勢力でもなく、外に住む人間でもなさそう
→農園から逃げてきたのでは

逃げてきた→武器や服は?

3.逃げてきた→ソンジュに助けられたパターン
助ける可能性はまあある

槍しか持ってない
→ソンジュはエマたちに弓矢を渡してた
彼らは槍しかない→考えづらそう

4.農園から脱走して、自らの知識だけで装備を整えた

知識を持っている(上3パターン)のであれば、
槍というチョイスは基本しないし、囲まれることも考えづらい

→一方で、出たばかりで何知らないのであれば、
槍を使う・作るというのも分かるし、囲まれるというのも自然

ジェイムズの放送を聞いて、
ライオンのあごへ向かっていた子供が野良鬼に囲まれてしまった
→八日目時点ならけっこうライオンのあごに近いし、現状十分ありそうな話


”シナモン​この二人、服装を見ると普段から動いて戦い慣れている者たちに見えます。
何年以上もこの世界で生き延びているような。
槍しか持たないでここにいるのはこの二人が囮になって、周囲に飛び道具を持った大勢の仲間たちが控えている可能性もあるのでは?
秋なので狩りの季節ですし、これだけの野良鬼肉を入手できたら燻製にして一つの集落が一冬越せそう”
→リスク高く見える
あと周囲にいるならエマたちが気づきそう


野良鬼に襲われていた人間は何者なのかを考察



Sponsored Link




◆◆その他コメント・伏線など◆◆


”シナモン​エマたちのシェルターが襲われた日=放送があった日は確か9月でしたよね。
ジェイムズが演説しているのは10月、ちょっと時系列が分からなくつつあります。”

2047年10月にシェルター襲撃→一晩明けてから出発
→8日後に人間と遭遇

ジェイムズが農園を襲撃したのも2047年10月



次回(115話)の考察放送
115話伏線・考察まとめ配信ログ(2018年12月10日放送)







Sponsored Link