鬼は何故、人間を食べなければならないのか?理由を考察

週刊少年ジャンプ 2019年8号
約束のネバーランド 第119話 邂逅 より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか



119話では、新ミネルヴァの正体がノーマンであると判明。

概ね前回考えたとおり、彼は本物のノーマンで、支援者による手引きがあった。


そして今回は、ノーマンが農園を破壊し、楽園を作ろうとする根源、

「鬼とは何か。何故人間を食べなければならないのか」

ということを語とうとするところで終わった。

人間を食べなければいけない理由、というのは、

鬼という生き物の根幹で、非常に重要。

なので今回は、「鬼が人間を食べなければいけない理由」について考えていく。



Sponsored Link




ヒントになりそうな情報


まずは現在分かっている情報から、

鬼が人を食べる理由についてヒントになりそうな要素をまとめていく。

重要そうなのは以下の点。


1.鬼にとって人肉や脳は特別で、人間を食べなければいけない理由がある

2.人間を食べない鬼も存在する

3.約束によって鬼の姿は変化した

4.鬼は鬼を食べることで、食べた鬼の意思を取り込んでいる

5.ノーマンが農園を破壊する理由を語る前に説明した



それぞれ簡単に見ていく。


1.鬼にとって人肉や脳は特別で、人間を食べなければいけない理由がある


まずは、鬼にとって人肉や脳が特別であるということ。

鬼であるソンジュ自身が、

「鬼にとって人肉は特別 殊に脳は」と発言している。

また、鬼の詳細を知っているらしいノーマンも、

「人間を食べなければいけない理由」が存在すると語っている。


すなわち、人肉を食べるということには、

大きなメリットが存在するか、

あるいは食べられないと大きなデメリットが生じる、

またはその両方が当てはまると考えられる。


2.人間を食べない鬼も存在する


人間を食べなければいけない理由がある、とはいったものの、

人間を食べない鬼というのも例外として存在している。


a.野良鬼

農園ができたことにより、鬼の世界では農園外に人間が存在しない。

そのため、野良鬼は約束以後、人間を食べられていないはずである。

知性を持たない、虫のように足が8本ある、といった特徴が見られる。


b.ソンジュ

そして、原初信仰であるソンジュも、約束以後は人間を食べていないはずである。

教義上、農園で産まれた人間を食べることができないからだ。

しかし、野良鬼のように知性がない、人型以外の姿になる、といった特徴は見られない。

そのため、「人間を食べないことによるデメリット」は、野良鬼のようになる、ということではないと推察できる。


一般的な知性鬼との違いとしては、包帯を腕などに巻いていることや、

胴体に黒い模様があること
だが、

その下がどうなっているのかも明かされていないため、検討が難しい。


c.ムジカ

最後に、ムジカもイレギュラーである。

彼女はソンジュとも全く違ったパターンで、

ソンジュいわく、ムジカは「人間を食べたことも、食べる必要もない」。

ソンジュは現在食べていないだけなのに対し、

ムジカだけは何らかの要因により、そもそも食べる必要がないと、

明確に生態の違いが明らかになっている。


これが「食べたことがない」からなのか、

それとも他の要因からなのかは不明で、現状判断は不可能。


3.1000年前から鬼の姿は変化した


ムジカいわく、「鬼の姿が無秩序になったのは1000年前から」。

すなわち、約束が結ばれ農園ができたことによって、鬼の姿が変化した、と考えられる。


また、ソンジュも

「約束によって、信仰・社会・種族の姿が歪んだ」

と語っている。

そのため、農園ができる、すなわち鬼の食が変化することによって、

鬼の姿が変化した、という可能性は考えられそう
だ。


4.鬼は鬼を食べることで、食べた鬼の意思を取り込んでいる


また、鬼の食事に関わる要素として、

食べた鬼の意思を取り込んでいることも挙げられる。

GPでノウスが、死んだノウマを食べることによって、彼の中にノウマを取り込んでいた。


もし、鬼が人間を食べても同じことが起こるのであれば、

それが「人間を食べなければいけない理由」であることも、一考の余地がある。



5.ノーマンが農園を破壊する理由を語る前に説明した


また、ノーマンは自らの目的と、農園を破壊するという目的を語る前に、

鬼が「人間を食べなければいけない理由」を説明する必要があると語っていた。

つまり、農園の破壊、楽園を作ることと、鬼の生態には密接な関係があると考えられる。


このあたりをふまえて、

「鬼が人間を食べなければいけない理由」とは何か、考えていく。




Sponsored Link




鬼が人間を食べなければいけない理由とはなにか?


それでは、鬼が人間を食べなければいけない理由について考えていく。

とは言っても、上に書いたように関連する要素が多く、

どれが関係していて、どれが関係ないのか、という判断が難しい。

なので、1つずつ気になる要素について、妥当性を考えていくことにする。


1.鬼が人間を食べなければいけないのは、メリットを失うからか、デメリットがあるからか?


まずは抽象的に、鬼が人間を食べなければいけない理由がどんなものかを考えてみる。

すなわち、「人間を食べないと良いことがなくなってしまう」(=プラスがゼロになる)のか、

あるいは「人間を食べないとまずいことが起こる」(=大きなマイナスが発生する)のか、ということについて。


これに関しては、

「両方存在するが、大きな理由は不利益が発生するから」と考えている。


その理由は、ソンジュの「食べる必要がある」、

ノーマンの「食べなければいけない」という表現。


食用として優れているから、という理由だけでは「食べなければいけない」という言い方にはならない。

特にノーマンは「何故人間を食べるのか」という表現に付け加えているため、

「食べなければいけない」ということを伝えなければ不十分だと判断している可能性が高いからだ。


すなわち、少なくとも人間を食べないことによって、

その鬼にとって大きな不利益が生まれてしまうということは、ほぼ間違いない
だろう。



2.人間を食べないことによる不利益とは何か?


人間を食べないとまずいことが起きる、という可能性が高いことがわかったので、

人間を食べていないと何が起こるのか、ということについて考えていく。


これは、人間を食べていないであろう、

野良鬼やソンジュ、ムジカたちの特徴を見ていく。


無秩序な姿が増えたのは約束のせいだとは言うが、

人間を食べないことによって、野良鬼のような姿になるということはないだろう。

ソンジュは狩りができた頃(約束以前)に人間を食べたことがあると考えられ、

それ以降、つまり1000年ほど食べていないにも関わらず、知性を保ち人型だからだ。

普通に言語を話し、生活をし、戦闘もこなしている。


一方で、「ムジカは食べたことも、食べる必要もない」とソンジュは発言している。

ここから、「人間を食べたことのある鬼は、人肉に依存してしまう」という仮説が考えられる。

すなわち、人間を食べてしまった鬼は、人間を定期的に食べないと落ち着かない身体になる、というような。

これならば少なくとも、ムジカが「人間を食べなくていい」ということの説明になる。


そして、ノーマンが農園を破壊し続けていること、

そしてその説明の前に話そうとしていることについても、納得がいく。


何故なら、依存性があるなら、その供給を断つだけで鬼を中毒症状に陥らせることができる。

食料供給を絶つだけなら、最悪別の食材でもなんとかなるが、

代えの効かない、依存性のある食材であれば、効率よく鬼を追い詰めることができるからだ。


しかし、この場合ソンジュがどのような不利益を被っているのかは不明。

手の包帯や、胴体の黒い模様など、他の鬼にはない要素があるが、

現状判断できるレベルではないだろう。



3.食べた鬼を取り込むことは関係があるか?


また、ノウスがノウマを取り込んだように、

人間を取り込むことが、「人間を食べる理由」である可能性を考えてみる。


これに関しては、あまり関係がないように考えられる。

頭がいい子供が高級品→上等な意思を取り込むことができる、

という見方はできるものの、バイヨンや1話の鬼は「味」を重要視している。

また、量産型農園の子供は言語や意思が存在しないため、他の動物の肉と大きな差はない。


そのため、食べたものの意思を取り込む、ということが人間にも適用される、

また、それが人肉に固執する理由である、という可能性は低そう
だ。



以上を踏まえて、結論を以下にまとめた。




Sponsored Link




結論


ノーマンの言う、「人間が鬼を食べなければいけない理由」について考えてみた。

結論としては、

何かしらの大きなデメリットがあるのは間違いない。

そのデメリットは姿の変化や、食べたものの意思を取り込むという性質によるものではなく、

「人間を食べてしまった鬼は、人肉に依存してしまう」


というものである可能性が高そうだ。


約束以後は人間を食べていないソンジュは、

野良鬼のようになっているわけでも、知性を失っているわけでもない。

なので、野良鬼は人間を食べられなくなった鬼の末路、というわけではない。

つまり、野良鬼はもともと、ああいった鬼として存在していることになる。


そして、その野良鬼は数多く存在していることから、

人間を食べていないことによるデメリットを受けていない可能性が高い。


そこに、ソンジュの「ムジカは人間を食べたことも、食べる必要もない」という発言を加えて考えると、

「人間を食べてしまった鬼が、人肉に依存する」

というのが、現状自然かなと考えている。


そしてこれは、ノーマンが農園を破壊していることにも説明がつく。

農園を破壊しようと、食料があるなら問題ないように思えていたが、

依存性があるなら、その供給を断つことで、効率よく鬼を滅ぼすことができるからだ。



おわりに


今回も配信をした。

ツイッターやここには書ききれなかったことを喋ったので、ぜひ見てほしい。

119話伏線・考察まとめ配信ログ(2019年1月21日放送)






Sponsored Link