31話をいろいろ考察してみる!エマとレイは本当に脱獄を諦めたのか?

31話、なかなか絶望感があって良い回だったな~と思います。

どうしようもない逆境から、頭脳で巻き返していくのが大好物なので、

ここからの展開がすごく楽しみです。

……とはいえ、一瞬で2ヶ月が過ぎたので、その間何をしていたのかが全く不明。

マジで諦めてた可能性もありそうです。

というわけで、今日はその辺を検証してみようと思います。




Sponsored Link





脱獄を諦めてる?



大前提、ノーマンの用意した計画があるはずなので、

諦めてはいない……とは思います。

その上で、2人があんな様子だったのは、

・ノーマンを失ったのが本当にショックだった

・イザベラの目を欺いて、何か仕込むため


基本的にこのどちらかかなと思います。

エマとレイ、それぞれのパターンで考えてみようと思います。


1.レイ



彼に関しては、けっこう本当に諦めてるんじゃないかと思います。

なんといっても、6年かけた計画(しかもまあまあ順調に見えた)が水の泡ですからね。

気持ちはよくわかります。ノーマンが想定通りに動けば一応上手く行ってましたし。

僕だったらマジでショックです。



ただ、まだ何かをしようとしている気配はあります。

後で考えますが、最後のシーンで、レイの背中のテーブルに、

何か箱が置いてあります。
それが次回以降の鍵になるんじゃないかと。



もう1つ、例外パターンとして考えられるのは、

レイとイザベラがまだつながっているというパターン。

めちゃくちゃ落ち込んで、エマのやる気を削ぐことを目的としているんじゃないかという説ですね。

最後の「本当は諦めてなんかないんだろ?エマ」って言うとき、

彼の目が怖いのも、狙い通りいってないからなんじゃないか、なんて。



2.エマ



逆にエマはいろいろできそうかなと。

落ち込んでいるフリをしてイザベラの警戒を緩め、

その隙に足を治したり、

子供たちの発信機を無力化したり
と、やれることは多そうです。



「何もできない」とは言っていましたが、

「諦めた」とは一言も言ってないんですよね。

(待つのが作戦だから)「何もできない」なのかもしれませんし。

深夜に食堂に現れたのも、何かしようとしてのことかも。




Sponsored Link




テーブルにあった箱は?



最後のシーンで、テーブルに置いてあった箱は何なのか?

おそらくレイが用意したもので、脱獄の鍵になるでしょうから、

これについても考えてみようと思います!


1.荷物


フツーにハウスを出るためにまとめた荷物という説。

でもわざわざ部屋の外まで持ってくるかと言われると微妙。

外に出られないことも分かっているわけですし、薄い線ですね。



2.イザベラの弱み


クローネに食いつかせた弱みを、ここでリリースするんじゃないかという説。

テーブルの上に置いておけば、子供たちが気づいて大変なことになる……。

ありえなくもないですが、子供たちがその弱みを理解できるのかが微妙なところです。


ちなみにその弱みについてはこちらで詳しく考察しています。

約束のネバーランド】22話のママの弱みとは何か考察してみた!


3.床下に隠してた物


発信機などを隠していた、

アリシアのベッドスペースの下にあった箱
に見えなくもありません。

「”ご褒美”全般昔はココに隠してた」ってことですから、

今はご褒美以外にも、脱出に必要なものをここに隠している可能性はあるんじゃないでしょうか。

エマが食堂に来ることを想定して、渡すつもりだった、みたいな。

……何なのかは、ヒントが少なくて不明です。




Sponsored Link




まとめ



ヒントが少なすぎてわかんない!!

ってのが正直な結論です。

いきなり時間は飛ぶし、レイは考えることを放棄するし、

エマも何もできないって言い出すし、

今の段階ではぶっちゃけ考えようがなかったです。



次回でそろそろ、頭を使ったところを見せてほしいですね。

最近はそういうのが少なくて食傷気味です。



Sponsored Link