「彼ら」「例の会談」とは何か?協力者か敵か?接触する目的を考察

週刊少年ジャンプ 2019年11号
約束のネバーランド 第122話 本心 より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか




今回は、ノーマンが「全農園を破壊する」ための策・計画として、

「例の会談」で接触しようとしている、「彼ら」について考えていく。


現状、ノーマンの具体的な策は分かっていない。

しかし、「彼ら」に接触しようとしているということで、

計画を支える協力者になりうる存在へ協力を仰ぐつもりか、

あるいは敵対する勢力として牽制する、という目的があるか、ということになるだろう。


食用児を囲む敵対関係や、ノーマンたちの計画に大きく関わっているのは間違いないため、

「彼ら」について敵なのか味方なのか、どんな目的で接触するのか

ということについて考えていく。



Sponsored Link




ヒントになりそうな情報


まずは現在明らかな情報から、ヒントになりそうな情報をまとめていく。

重要そうな点は以下の通り。


1.ノーマンの目的は全農園を破壊し、鬼を絶滅させること

2.計画を早め、「彼ら」に「例の会談」を持ちかけた



それぞれ簡単に説明していく。


1.ノーマンの目的は全農園を破壊し、鬼を絶滅させること




週刊少年ジャンプ 2019年9号
約束のネバーランド 第120話 形のない怪物 より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか



まず、ノーマンの目的は鬼を絶滅させること。

ノーマンは人の世界へ渡らず、「鬼の世界に楽園を作る」と宣言している。

そのための手段として選んだのが、全ての農園を破壊すること。

農園を破壊することで、鬼は人間を食べることができなくなる。

その結果知能や人の形質を維持することができず、退化して死んでいくことになる。


条件としては、「食用児から犠牲を出さないこと」と「1年以内に行うこと」。

そのための武器や戦力、手配などは既にできているとエマたちに語っている。


2.計画を早め、「彼ら」に「例の会談」を持ちかけた




週刊少年ジャンプ 2019年11号
約束のネバーランド 第122話 本心 より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか



そして、ノーマンが計画を早めることを宣言し、

ヴィンセントに「彼ら」へ手紙を出させ、「例の会談」の手配をさせた。


ここから、この「例の会談」が計画の足がかりとなるものである可能性が高い。

「彼ら」が味方で、「会談」によって協力を仰ぐパターンや、

逆に彼らが敵で、宣戦布告をしかけるパターン、どちらも考えられそうだ。


これをふまえて、「彼ら」「例の会談」について考えていく。

「彼ら」が敵か味方か、一体誰のことか、

などであらゆるパターンが考えられるため、1つずつ検討していく。



Sponsored Link




「彼ら」が敵である可能性


まずは、「彼ら」が敵である可能性について。

宣戦布告をすることによって、農園の警備などを誘導する、

おびき寄せることによってその命を奪う
、という狙いが考えられる。

この場合、手紙という手段で連絡していることに説明が付きやすい。

電話などの連絡手段では、逆探知されてアジトが危険にさらされることになるからだ。


このパターンとしては、

それなりに影響力の大きいところを狙うことになるだろうから、

貴族鬼、鬼のボス、ラートリー家などが考えられるだろう。


1.貴族鬼


まずは貴族鬼をおびき寄せるというパターン。

これは少し考えづらい。

というのも、結局の所農園を潰せば鬼は殺せる上、

貴族鬼を殺したところで、せいぜい10程度の農園に影響が出る程度で、あまり大きな進展とは言えない。

手紙も一通しかないため、やはりあまり大きな影響はない。



2.鬼のボス


続いて、鬼のボスと会談するという可能性。

この場合、七つの壁などを発見していることになる。

完全にないとはいえないが、農園の破壊をしながら金の水などを入手することは困難だろうし、

手紙で接触を図っていることや、「彼ら」と複数人であることなど合致しないことも多い。


接触を図っても、「もう1つの約束」を結ぶわけではないだろうし、

農園の破壊にもあまり影響しないため、考えづらいだろう。



3.ラートリー家


最後に、ピーターなどラートリー家と接触するパターン。

彼らを排除することができれば農園の運営は困難になるため、

計画の実行がしやすくなる
ということは考えられる。

ジェイムズを名乗れば無視もしづらいだろう。

とはいえ、簡単に誘いに乗るかというと難しいところだし、

失敗すると、敵対勢力がいるということを知らせてしまうだけで終わってしまう
可能性がある。



全体的に、現段階で接触する理由があまりなく、

誘いに乗るかというところも、ほとんどのパターンで微妙。


ラートリー家との接触はありうるが、狙いどおりに行くかも難しいため、

現状可能性は低そうだ。



Sponsored Link




「彼ら」が味方である可能性


逆に、「彼ら」が食用児の味方であるパターン。

「会談」ということは直接会って話すということになるわけなので、

安全性などを考えると、味方である可能性は充分あるだろう。

味方である場合、「彼ら」を指すのは誰かを検討していく。


1.食用児


まずは、まだ見ぬ食用児との接触を図っているというパターン。

ただ、まだ脱獄していない食用児と「会談」を行うことは難しいだろうし、

すでに助け出しているのなら、別の場所にいるというのが不自然。


会談を行う理由もあまりないため、現状考えづらい。


2.各農園の飼育監・グランマ


続いて、高級農園の飼育監やグランマなど。

彼女たちと接触することができれば、内部からの手引きによって、

侵入や食用児の脱走などがスムーズとなる。



しかし、GFでは飼育監の心臓にチップが埋め込まれていた。

彼女たちを助けることは現状できず、協力をとりつけることは難しい上、

その状態で「会談」を行うことはできないだろう。


3.ソンジュやムジカなど、原初信仰の鬼


他のパターンとしては、ソンジュやムジカのような原初信仰の鬼。

ソンジュのように、農園の人間でなければ食べたい、という鬼を味方につけるという可能性だ。


しかし、原初信仰の鬼というのは原則からいうともはや存在しないだろう。

ソンジュやムジカは何か特殊ケースのようだが、

人間を食べられないということは、知能を維持できない。

つまり、約束以後人間を食べられないはずで、もう知能を維持することはできていないだろう。


なので、考えられるのはソンジュとムジカたちに協力を仰ぐ可能性。

しかし、現状2体の鬼では大きな影響はないと考えられる。


4.支援者


そして最後に、支援者に協力を求めるという可能性。

ノーマンいわく、「ラートリー家の中に潜んでいた支援者は一掃された」。

なので考えづらそうだが、

ノーマンは支援者、スミーの関係網(ネットワーク)を受け継いでいる。

ネットワークというのが何を指すのか不明瞭だが、

「関係網」という言い方から、人間世界、あるいは鬼の世界に潜む支援者との連絡手段である可能性は考えられる。



また、「生き残っておくれよ少年少女たち」とつぶやいていた支援者は、

ラートリー家内部の支援者とは限らない。


むしろ、ラートリー家にいる場合、管理下にあるため動きを観測されやすく、

鬼の世界の外をうろつくことは難しい
ため、むしろ外部の支援者であった可能性が高いと考えられる。


なので、彼らのような「鬼の世界」にいる支援者に対して、

協力を仰ごうとしている、という可能性は十分考えられそうだ。



味方であるパターンも、確実にこうだ、というものはない。

ただ、鬼の世界にいる支援者と協力しようとしている、

というのは他のものより否定要素が少なく、それなりに有力そう
だ。


以下に結論をまとめた。


Sponsored Link




結論


ノーマンが会談しようとしている、「彼ら」について考えてみた。

まだ情報が少なく断定には至らなかったが、

敵ならばラートリー家、

味方ならば鬼の世界にいる支援者


というのは可能性としてありそうだ。


ラートリー家に対し牽制、誘いを出すというのは、

ジェイムズを名乗れば無視はしづらい。

そして、彼らを排除することができれば有利に立ち回れるだろう。

ただし、誘いにのってくるかは不明で、

敵対勢力がいるということを教えることに繋がる
というのが難点。



一方、鬼の世界にいる支援者に協力を仰ぐ可能性。

そんな支援者が存在するならばそれなりに自然。

ラートリー家に潜んでいた支援者は一掃されたようだが、

外にいた支援者などは、むしろラートリー家にいたかは疑問。

ラートリー家にいるなら、何らかの役割があって鬼の世界にいるわけなので、

アンドリューより先に、GPからの痕跡を消す、といった動きは難しいだろうから。



おわりに


本日も配信をした。

ノーマンの策やエマの望みを叶える方法について話したので、ぜひ見て欲しい。

122話伏線・考察まとめ配信ログ(2019年2月9日放送)






Sponsored Link