鬼は本当に食べた生き物の形質を得て、食べ続けなければ維持できないのか考察

週刊少年ジャンプ 2019年9号
約束のネバーランド 第120話 形のない怪物 より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか




123話では以前考えたように、

ムジカやソンジュというイレギュラーが話題にあがった。



週刊少年ジャンプ 2019年12号
約束のネバーランド 第123話 大事な選択 より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか



本来鬼は、食べた生き物の形質を得て、食べ続けることでその形質を維持する。

しかし、ソンジュはここ1000年人間を食べていないし、

ムジカにいたっては、一度も食べたことがなく、食べる必要もない
という。

そして今回明らかになった情報として、

彼ら二人は、鳥や魚を食べても形質は変化していない

ここまでをまとめると、「食べた形質を得ていない」し、「食べなくても形質を維持できている」ということになってしまう。



もちろん、彼らが「例外」である可能性もあるが、

ノーマンの言っていた情報が正確でない、という可能性も十分考えられる。

実際、他の一般的な鬼も「他の動物を食べた」にもかかわらず、

その形質が表れていないケースが見られる。



このあたりについて正確に把握できれば、エマの望む未来へと一歩近付くことになる。

なので今回は、ノーマンの言っていた鬼の性質が正しいものなのか、ということについて考えてみる。



Sponsored Link




ヒントになりそうな情報


まずは鬼の性質と、その具体的な事例について、

現在明らかな情報をまとめていく。

重要そうな点は以下の通り。


1.鬼は食べた生き物の形質を得る

2.食べ続けなければ、その形質を維持することができない

3.質の低い肉では形質を維持しづらい

4.ソンジュは約束後人間を食べておらず、ムジカは一度も食べたことがない

5.ソンジュとムジカは魚や鳥の肉を食べたが、姿は変化していない

6.鬼の街にはムカデなどの肉があったが、人型以外の鬼は見受けられない

7.コニーに儀程を施した鬼は猫を食べたことがあるが、猫の形質は見受けられない



それぞれ簡単に見ていく。


1.鬼は食べた生き物の形質を得る




週刊少年ジャンプ 2019年9号
約束のネバーランド 第120話 形のない怪物 より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか



ノーマンいわく、鬼は形のない生き物である。

食べた動物の形質を得ることで、食べたものと似た姿になり、進化を遂げてきた。

そして、人間を食べたことによって知能を得た、とエマたちに伝えている。


2.食べ続けなければ、その形質を維持することができない




週刊少年ジャンプ 2019年9号
約束のネバーランド 第120話 形のない怪物 より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか



何にでも進化できる一方で、代償があるとノーマンは言う。

それは、形質を得た生物を食べ続けなければ、形質を維持できないということ。

すなわち、人を食べないと知能を失っていってしまうということになる。


3.質の低い肉では形質を維持しづらい




週刊少年ジャンプ 2019年9号
約束のネバーランド 第120話 形のない怪物 より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか



そして、粗悪な量産農園の肉では、人の形質をしづらいとも言っている。

個体差などで差はあるが、人を半年食べなければ知能を失う鬼もいるとのこと。

逆に、良質な人間を一度でも食べると長く形質を維持できる、ともとれる。


4.ソンジュは約束後人間を食べておらず、ムジカは一度も食べたことがない





週刊少年ジャンプ 2019年12号
約束のネバーランド 第123話 大事な選択 より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか



しかし、例外としてソンジュとムジカがいる。

ソンジュは原初信仰の教義により、農園産の人間を食べていない。

つまり、約束以後、1000年近く人間を食べていないことになるが、人間の姿を維持している。


そして、ムジカに至っては、ソンジいわく「人間を食べたことも食べる必要もない」。

人間を食べてすらいないのに、知能を得て、維持していることになる


実際、エマという最高級品を目の前にしても、彼らを食べる素振りは一切見せていない。

そのため、彼らが「長い間人間を食べていない」ということに関しては非常に信憑性が高い。


5.ソンジュとムジカは魚や鳥の肉を食べたが、姿は変化していない




週刊少年ジャンプ 2019年12号
約束のネバーランド 第123話 大事な選択 より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか




ソンジュやムジカはエマたちとともに過ごしている間、鳥や魚といったもの食べていた。

しかし、姿や形が変化していない。

つまり、「食べた生き物の形質を摂取していない」ということになる。


6.鬼の街にはムカデなどの肉があったが、人型以外の鬼は見受けられない




週刊少年ジャンプ 2018年41号
約束のネバーランド 第102話 見つけたよ より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか



鬼の街の店には、虫や魚のような食材が置かれていた。

12巻のおまけページがわかりやすい。)

しかし、街を歩く鬼は人型ばかりで、人以外の形質を併せ持つような鬼すら見られない。

そのため、強制的に形質が反映されるわけではない、という可能性が考えられる。


7.コニーに儀程を施した鬼は猫を食べたことがあるが、猫の形質は見受けられない


また、1話の鬼は野良猫を食べたことがあるかのように話している。

しかし、どちらの鬼も猫のような形質は見受けられない。



このあたりをふまえて、ノーマンの言っていた鬼の性質について、

どこまでが正確な情報か、
ということを考えていく。



Sponsored Link




鬼は本当に食べたものの形質を得るのか?


まずは、鬼が食べた生物の形質を得るのか、ということについて。

ここは正しいが情報が不足している、というふうに考えられる。

具体的には、「食べた動物の形質を得ることが可能。それが発現するか否かは別」なのではないかと。


どういうことか。

食べた動物の形質を得られる、というのは基本的に間違いないだろう。

そうでなければ、様々な姿の鬼がいることに説明が付きづらく、

また農園という養殖機関が作られるほどの状態にはならないだろうから。


しかし、実際にその形質が全ての鬼に発現するかはまた別の話なのではないかと。

パターンとしては2つ。

1.個体差によって形質が表れない動物がいる

2.自由に取り入れる形質を選択できる


この2つ。それぞれ簡単に見ていく。


1.個体差によって形質が表れない動物がいる


まずは、動物を食べても個体によって形質を得られないことがある、というパターン。

例えば、人を食べても知能が得られない鬼がいる、といったような。


2.自由に取り入れる形質を選択できる


そしてもう1つのパターンとして、動物を食べた際、

「形質を取り入れる、取り入れない」ということを自ら選べるというパターン。

こちらであれば、街に人以外の形質を取り入れていない鬼が多いことに説明がつきそうだ。


どちらもないとは言えないが、

街の鬼に人と別の生物が混ざった鬼があまりいないことから、

後者の自由に形質を取り入れることができる、という可能性が高そうだ。



Sponsored Link




鬼は本当に食べ続けなければ形質を維持できないのか?


そして、本当に動物を食べ続けなければ、形質を維持できないのか、という疑問について。

これがもし正しくないのなら、エマの望みには近づき、ノーマンの計画は崩れることになる。


ここに関しては、現状あまり検討のしようがない。

というのも、「鬼が人間を食べ続けていない」状態のサンプルが、

ソンジュとムジカしか存在せず、どちらもイレギュラーであるからだ。


その上で情報の出処から考えてみる。

ノーマンが嘘をついていない場合、ラートリー家がこの情報を伝えたことになる。

それなら、この形質保持に関する情報は、正しい可能性が高い。

農園の建設動機、ラムダ計画の経緯などに関しては鬼の弱点といえる情報なので、

脱獄を支援する立場としては、ここで嘘をつく理由が一切ないからだ。


というわけで、現状この鬼はその生き物を食べ続けない限り形質を維持できない、

ということについては、概ね正しい
と考えられる。


以下に結論をまとめた。



Sponsored Link




結論


ノーマンの話していた、鬼の生態の真偽について考えてみた。


結論としては、

食べた動物の形質を得られるのは正しい。

しかし、その形質を取り入れるかどうかは選択できる可能性が高い。

その上で、食べ続けなければ形質を維持できない、というのは正しいといえそうだ。




おわりに


今回も配信をした。123話からわかることをいろいろ考えたのでぜひ見て欲しい。

123話伏線・考察まとめ配信ログ(2019年2月18日放送)








Sponsored Link