123話伏線・考察まとめ配信ログ(2019年2月18日放送)

前回(122話)の考察放送
122話伏線・考察まとめ配信ログ(2019年2月9日放送)


本日も配信をしたのでそのログを。

鬼の生態の原則に嘘はないのか?ということを中心に話した。





Sponsored Link




◆◆鬼の生態について◆◆


ノーマンから得た情報は正しいのか?

1.鬼は生き物を食べて、その形質を得る
2.形質を得た生き物を食べ続けない限り、形質を維持できない

ただし、例外がありそうだ

3.ソンジュとムジカは人間を食べていないのに人間の姿を維持している
→少なくともソンジュは約束後の1000年、ムジカは一度も食べたことがない
それにも関わらず、人間の姿を維持している
人食べてるのに嘘をついている可能性
→エマたちという最高級品を食べていないことから、基本ない

4.ソンジュやムジカは鳥・魚を食べたが、その形質は表れていない

5.鬼の街にはムカデとか魚みたいな肉とかが売っている
→それなのに、人型の鬼しかいなくて、他の動物の形質が混ざっている鬼もいない

6.1話の鬼は野良猫を食べたことがあるらしいが、そういった形質は見られない


◇◇本当に食べた生物の形質が表れるのか?◇◇


食べた生き物の形質を得ることが「可能である」→これは正しい可能性が高い
まず、いろんな姿の鬼が存在する
かつ、農園という、人間を食べるための機関が存在する

ただ、何でもかんでも食べた形質が出るかというと違いそう
1.個体ごとに、反映される形質が違うパターン
→鳥は反映するけど、魚の形質は得ることができない、みたいな体質的な話

2.食べた動物の形質を反映させるか、個体ごとに判断できるパターン
→鳥の形質はいらない、魚の形質はほしい、みたいに姿を制御できる可能性


◇◇本当に食べ続けなければ形質を保持できないのか?◇◇


現状、描写が少なくて判断できない

情報の出処から考えてみる
ノーマンは支援者たちからこの情報を得ているはず
→反逆者側からの情報+ジェイムズからの情報(ラムダ建設の理由など)
→鬼の弱点に関して、嘘をつく理由が全くない

ジェイムズや支援者が把握している限りでは正しい可能性が高い

鬼は本当に食べた生き物の形質を得て、食べ続けなければ維持できないのか考察



Sponsored Link



◆◆側近の行動◆◆


農園を襲った際に、恨みをもっている
→ノーマンの農園を破壊するという目的・行動に賛同している

エマとは対立することになりそうである
少なくともある程度説得する必要がある


◆◆エマの望む未来◆◆


今のところ発展はなし



次回(124話)の放送
124話伏線・考察まとめ配信ログ(2019年2月25日放送)






Sponsored Link