邪血の少女・ムジカの体質や、血の効力について再考察

週刊少年ジャンプ 2019年16号
約束のネバーランド 第127話 対立 より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか



127話にて、邪血の少女、ムジカやその血の効力について明らかになった。

そこでは、ムジカの血を一滴飲むだけでも退化を止め、

人を食べなくても形質や知能を維持できるようになるという。

前回は子孫に体質が継承されると考えていたが、より血の影響力が強いことが分かった。


というわけで、条件がより明確になったので、ムジカや邪血の少女の体質はどんなものなのか?

ということについて改めて考えていく。




Sponsored Link




ヒントになりそうな情報


まずは、邪血の少女の一族やムジカについて、

現在分かっている情報からヒントになりそうな要素をまとめていく。

重要そうなのは以下の通り。


1.邪血の少女・ムジカは人間を食べたことがないが、人の形質と知能を保つ

2.邪血の少女の血を一滴でも飲むと体質は伝染し、同じ体質を持つことができる

3.また、ムジカは他の食べた動物の影響も受けない

4.初めて記録されたのは700年前。退化する鬼を救っている

5.ムジカは約束以前、1000年前から生きている可能性が高い

6.王家と五摂家によって滅ぼされていて、記録上は全滅している



それぞれ簡単に見ていく。


1.邪血の少女・ムジカは人間を食べたことがないが、人の形質と知能を保つ




週刊少年ジャンプ 2019年16号
約束のネバーランド 第127話 対立 より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか



邪血の少女は、人間を食べたことがないが、人の形質と知能を持つ鬼。

また、人間を食べなくてもその姿を維持できる存在である。

ムジカも人間を食べたことがなく、その姿を維持しているため、

血によって野良からその姿になったのでない限り、同一の個体である可能性が高い。


2.邪血の少女の血を一滴でも飲むと体質は伝染し、同じ体質を持つことができる




週刊少年ジャンプ 2019年16号
約束のネバーランド 第127話 対立 より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか



そして、邪血の少女の血を一滴でも飲むと、鬼は彼女と全く同じ体質を得ることができる。

血を飲むことによって人の姿を維持すること、

そして血を飲ませることによって、他の鬼にその体質を与えることが伝染するようになる。

一滴でも体質が一気に変化するため、強い影響力を持つ血・体質である可能性が高い。


3.また、ムジカやソンジュは他の食べた動物の影響も受けない




週刊少年ジャンプ 2019年15号
約束のネバーランド 第126話 鼎談 より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか



また、ムジカやソンジュを見るに、食べた動物の形質を得て、姿が変化することもない。

すなわち、「人の形質・知能を維持する」というよりは、

「人の姿・知能を固定し、他の生物からの影響を受けなくする」

という体質である可能性がある。


4.初めて記録されたのは700年前。退化する鬼を救っている


そして、記録上で初めて存在が確認されたのは今から700年前。

約束は締結されたものの、農園システムが確立していない頃だった。


ここまで影響力の高いイレギュラー個体でありながら、

それまで一切、貴族や王族といった鬼たちに認識されていない。

そのため、ちょうどその頃に発生したか、

あるいはもっと前からいたが、その体質を隠していた、見つからないように過ごしていた、ということになる。


5.ムジカは約束以前、1000年前から生きている可能性が高い


しかし一方で、ムジカは1000年前から生きている可能性が高い。


根拠としては、ムジカやソンジュの言動。

「ここ1000年で我々は無秩序な姿になってしまった」という彼女の発言は、

1000年前の鬼の姿を知らない限り言えない。



週刊少年ジャンプ 2017年37号
約束のネバーランド 第50話 友達 より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか



ソンジュも、約束以前のことを知っている前提で、

ムジカに対し「忌々しいだろ あの約束」と言っている。


週刊少年ジャンプ 2017年38号
約束のネバーランド 第51話 B06-32① より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか



そのため、記録される700年以上前から存在していた可能性が高いが、

それまでその体質が広く認識されていないというところは気にかかる。


6.王家と五摂家によって滅ぼされていて、記録上は全滅している




週刊少年ジャンプ 2019年16号
約束のネバーランド 第127話 対立 より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか



その血によって農園が必要なくなるということを恐れた貴族たちは、

邪血の少女の血を持つ鬼たちを全滅させ、摂食した。

そのため、人の形質は維持されるものの、死なないというわけではないということが分かる。



以上をふまえて、邪血の少女・ムジカの体質は具体的にどんなものなのか?

そしてそれは、何故、どのようにして産まれたのか?
ということについて考えていく。


Sponsored Link




邪血の少女・ムジカの体質は具体的に何が起きているのか?


まずは、邪血の少女・ムジカの体質について。

具体的に一体何が起こっているのか、ということを改めて考え、それが起こる原因を推測してみる。

現状、確認できるのは以下の要素。


1.人を食べたことがないが、人型の鬼の姿である

2.人を食べなくても、人型の鬼の姿と知能を維持できる

3.他の動物を食べても、姿が変化しない

4.鬼がわずかでもその血を飲むと、邪血の少女の体質を全て得る



ここから分かることとしては、

a.邪血の少女の体質は血に起因するもの

b.わずかな血でも、飲み手の血に大きく影響する

c.具体的な効力としては、「人型の鬼の姿と知能を固定する」というもの


この3つ。



要するに、

「血のおかげで、何をしなくとも知性を持つ人型の鬼に固定される。

わずかでも飲めば血はそれに変わる」


ということになるだろう。


これが、鬼が持つ「形質を取り込む」という能力によるものなのか、

あるいはこの血が、鬼の血に影響しただけ(鬼の性質とはまた別の要因で)なのか

ということに関しては、両方考えられるだろう。



とはいえ大前提、鬼は身体・形質が変化しやすく、

どんな形質でも食べ続けなければ姿を維持できないはず
である。

すなわち、「邪血の少女」の形質を得たのだとしても、それを維持するには食べ続けなければいけない。

しかしそうではない以上、鬼の体質による変化ではなく、

「邪血の少女の血」そのものの効力によって、血や鬼の生体そのものが書き換わっている可能性が高い
のではないかと考えている。



では、邪血の少女・ムジカの体質が純粋に血の効力によるものであると考えた上で、

何故そんな体質なのか?どのようにして産まれたのか?ということを考えていく。


1.人間と鬼のハーフ


まず前回、それなりに有力だった人間と鬼のハーフという説。

ハーフならば、生まれながらにして人間の形質・知能を持っているのは十分説得力がある。

また、食べなくても形質を維持していることや、食べた生物の影響を受けていないことについて、

人間の要素を受け継いだ、ということで説明がつく。


今回の要素を加味すると、ここまでイレギュラーな血が生まれるのは、

人間の血が混ざったから
、というのはそれなりに考えられる。



また、1000年以上前に産まれた可能性があるにもかかわらず、

それまで記録の上で現れなかったことにも言い分が発生する。


すなわち、人と交わった鬼がいる、ということを知られないために隠れていた、と。


とはいえ、血を一滴飲んだだけで同じ体質になるかというと、

ハーフというだけでは説明がつかない。


また、結局1000年前に人間と鬼が交わるというパターンも、

前回考えたとおり、あまり発生しないため難しいだろう。



2.何らかの感染症


逆に、血の影響力が強いのだとすると、

何らかの形で形質の変化が起こらなくなる感染症などを発症している、という場合。

しかし、「飢えを克服するほどの変革が起きること」

「人を食べていないのに人型の鬼になったこと」などには説明がつかない
ため、現状考えづらい。


3.人や鬼によって作られた実験体・あるいは何らかの投薬によって産まれた


邪血の少女は人や鬼によって作られた鬼、あるいは何らかの投薬によって産まれた鬼であるという可能性。

これならば、人を食べていないこと、たった一滴でも体質を劇的に変化させることに説明がつく。


最も起こっていることに説明はつきうるものの、1000年前の技術では不可能だろう。

鬼がそういった実験が可能だったとしても、それは貴族など権力を持つ鬼だろうが、

そういった鬼は邪血の少女を認識していなかった。

逆に、人間側が鬼に味方するようなこともしないだろう。

よってやはり考えづらい、というのが現状だ。



以下に結論をまとめた。



Sponsored Link





結論


ノーマンによって明らかになった情報から、邪血の少女の体質について考えてみた。


端的にいうと、

「血のおかげで、何をしなくとも知性を持つ人型の鬼に固定される。

わずかでも飲めば血はそれに変わる」


という体質である。


一滴でも飲めば体質が大幅に変化するため、血の影響力がかなり強いことが推測される。

また、形質が変化しやすいという鬼の体質があるのに対し、一滴でもずっと体質を維持できていることから、

「血から形質を得ている」というよりは、「血によって体質そのものが変化している」と考えられる。


それをふまえて、それは結局なんなのか?どう産まれたのか?ということを考えた。


人間と鬼のハーフというのは、やはりそれなりに有力。

邪血の少女が人を食べていないのに人型の鬼であることに説明が付くし、

体質が変化しないというのも人間要素が強いからだ。

更に、1000年前からいたにもかかわらず、700年前から記録され始めたというのも、

人と交わった鬼というのをかくすため、と考えることができる。

しかし、ハーフだからといってそこまで血の影響力が強くなるかと言うと、現状そうだとは言い切れない。

では感染症や人工のものかというと、それはそれで粗がある、といった感じ。







Sponsored Link