もう1つの約束を結ぶために必要な”ごほうび”とは何か?望みを叶える代償について考察

週刊少年ジャンプ 2019年32号
約束のネバーランド 第141話 1000年前の”約束”① より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか




前回、もう1つの約束、そして昼と夜やの役割として、あそこでは願いを叶えることができると考えた。

結果として、望みを叶えることが可能であることは、ある程度正しいようだ。

しかし、代償として鬼のボスに対して”ごほうび”をあげる必要があるという。



どうやら、1000年前に彼に対して何か要求をした際にも”ごほうび”はあったようだ。

そのときの約束については別に考えるとして、今回は”ごほうび”、願いを叶えるための代償が何なのか?エマは一体何を要求されるのか?

ということについて、昼と夜や鬼のボスについて分かっていること、そして1000年前の事例から考えてみる。



Sponsored Link




ヒントになりそうな情報


まずは、今わかっていることから、ごほうびについてのヒントを探っていく。

鬼のボスができることや欲しがっているもの、そして1000年前の約束の際に求められたものなどから考える。



1.昼と夜では鬼のボスに代償を払うことで、望みを叶えてもらえる

2.鬼のボスは、時空を操ることができる

3.鬼のボスが求めていたもの




1.昼と夜では鬼のボスに代償を払うことで、望みを叶えてもらえる


今回明らかになったこととして、昼と夜で鬼のボスに望みを叶えてもらうことができるようだ。

この「望み」というのがどの程度のものかは不明。

エマの望みについても受け入れられる可能性が高いことや、後述する昼と夜や鬼のボスの力を考えると、かなり広い範囲で望みが叶うものと考えられる。



しかし、望みを叶えるには代償が必要となる。これは1000年前も現在も変わっていない。

エマは望みを聞かれた上で、「ただし ぼくにも”ごほうび”をちょうだい」と要求されている。



週刊少年ジャンプ 2019年32号
約束のネバーランド 第141話 1000年前の”約束”① より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか



また、1000年前に昼と夜へ行った人間も、鬼に「望みを叶えたければ彼に何を望まれても断るな」と言われていた。



週刊少年ジャンプ 2019年32号
約束のネバーランド 第141話 1000年前の”約束”① より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか



ごほうびの内容については、現時点では分かっていないので、これから考えていく。


2.鬼のボスは、時空を操ることができる




週刊少年ジャンプ 2019年31号
約束のネバーランド 第140話 来たよ! より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか



鬼のボスは、昼と夜や七つの壁の空間において、時空を操ることが可能。

自らの姿を若い姿に変化させたり、七つの壁の迷路で来た者の記憶へと干渉したり、過去の光景を映し出したり、といったことが確認されている。

すなわち、ある程度のことは自分でできるため、”ごほうび”は簡単に提供できるものではないだろう。



3.鬼のボスが求めていたもの




週刊少年ジャンプ 2019年31号
約束のネバーランド 第140話 来たよ! より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか



では、”ごほうび”として鬼のボスが求めそうな、欲しがっているものについて。

最も大きいものとしては、脳や人肉。

儀祭において、彼に対して最上物が捧げられることはかなり前から示されていたからだ。

更に、エマに対しても「イイ脳だね 君はとても美味しそう」と言っているため、重要なのは間違いないだろう。



このあたりを踏まえた上で、”ごほうび”が何なのか?ということを探っていく。



Sponsored Link




もう1つの約束を結ぶ・望みを叶えるために必要な”ごほうび”とは?


それでは早速、もう1つの約束を結んだり、望みを叶えるために必要なごほうびについて考えていく。


大前提、この”ごほうび”は毎回同じものではない可能性が高い。

相手や、望みの規模、果ては鬼のボスの気分などの要素によって変わるのではないかと考えている。


根拠としては、1000年前の鬼の”ごほうび”の説明。

「望みを叶えたければ、彼に何を望まれても断るな」という発言だ。

このとき、一切具体的な内容について語っていない。もし、望みへの代償があるならば、それを開示した上で交渉するべきだろう。しかし、この鬼はそうしていない。

また、「何を望まれても断るな」という言い回しは、「”ごほうび”を要求されることは分かっている。ただそれで何を望まれるか分からないが、断るな」という解釈が妥当だろう。



とは言っても、求められるものはかなり限られているだろう。

昼と夜という、「なにもないけどなんでもある」空間において、時空を操れる存在だからだ。

もし何でも願いを叶えられるのだとすれば、要求するものは、それこそ簡単に手放せる、叶えられるものではないはずだ。



そのあたりを織り込んで、ごほうびの内容として妥当になるものについて考えてみた。


1.来た者の脳や肉


まず思いつくのは、昼と夜へと来た者の脳や肉。発想力に優れ、常識にとらわれない脳であれば、求める可能性が高い。

実際、そこへ到達したエマに対し、「イイ脳だね 美味しそう」と食いついていたことにまず説明がつく。

そして、望みを叶えるのに代償がいるとなると、消耗する力を補填するという意味合いも考えられるからだ。



そして、気になることとして、1000年前、昼と夜へ向かう人間に同行していた鬼と、現五摂家のイヴェルク公の仮面が酷似している。

しかし、厳密にはイヴェルク公とは違う仮面である可能性が高い。



週刊少年ジャンプ 2019年32号
約束のネバーランド 第141話 1000年前の”約束”① より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか




週刊少年ジャンプ 2019年20号
約束のネバーランド 第131話 入り口 より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか


(現イヴェルクはもみあげのような部位がある)



そして、80話にて、約束締結と同時期である1000年前に現イヴェルクと思しき鬼が貴族を取り仕切っている。



週刊少年ジャンプ 2018年21・22合併号
約束のネバーランド 第84話 歯止め より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか



これは、この同行していたイヴェルクに似た鬼が死んだから、親族の鬼が役割を引き継いだ、という可能性がなくもない。

となると、昼と夜へ行った2人が要求により食べられた、という仮説が発生する。

……とはいえ、イヴェルクが仮面を変えただけという可能性もあるし、

案内していた鬼はイヴェルクの部下などで、応対役をさせられていただけでその後のことが描かれていない、ということも考えられる。



と、この1000年前のことはともかく、到達した者の「イイ脳」を求めるという可能性はそれなりにある。

現状大きな否定要素もないため、候補となりうる。




2.鬼のボスへ何かを捧げる習慣


次に、1000年前の約束のごほうびとして1つ考えられるのは、「儀祭」という習慣。

すなわち、「人間と鬼の約束」を実現するために、鬼のボスへ何かを要求した(例えば、世界の分割など)。

そして、それの代償として毎年一番良い脳を献上する、という習慣を作らせたというもの。



これであれば、たくさんの人間・鬼が動かなければ実現できず、長期間にわたり恩恵を受けられる。

また、「イイ脳」に反応することにも説明がつくし、約束を実現した”ごほうび”として妥当だろう。

こちらも否定要素がない。

そのうえで、より”ごほうび”としての格が高いこと、そして現状儀祭が行われていることなどを考えると、こちらが有力かなと考えている。



以下に結論をまとめた。



Sponsored Link




結論


鬼のボスが望みを叶えるために要求してきた”ごほうび”について考えてみた。


結論としては、毎回違うものを要求してくる可能性が高い。

というのも、1000年前に人間を案内していた鬼が「何を望まれても断るな」と言っている。

この言い方は、”ごほうび”を求めることは分かっていても、何を望まれるかは鬼側も分かっていないからではないかと。


ただし、時空を操れる鬼のボスにとって、望むものというのは多くないはずだ。

来た者の望みを叶える力を持つということは、あらゆることが可能となりうるのだから。

そうなると、望みを叶える力を行使するためのエネルギーを補填するなどのことが考えられる。

そのあたりを考えると、候補は2つ。


1つは、来た者の脳や肉。

単純に、七つの壁を突破する発想力を持つ脳は上物だろう。

実際、そこへ至ったエマには「イイ脳だね 美味しそう」と言っている。

あと、イヴェルクの仮面が変わっていることから、彼が食べられたという可能性もある(これは正直オマケ程度。別鬼の可能性もあるし)。



そしてもう1つは、鬼のボスへ何かを捧げるという習慣。

これはすなわち、現在における儀祭のようなもの。

1000年前の約束のごほうびは儀祭なのではないかと考えている。

彼が美味しそうと感じるイイ脳を作り出し、毎年捧げるというのは”ごほうび”としては十分だろう。

いくら望みを叶えられる存在といえど、大勢の鬼が関わってシステムを作り出し、長期的に供給するという習慣の実現は苦労することもあり、それなりに妥当だと考えている。




おわりに


本日も配信をした。

141話伏線・考察まとめ配信ログ(2019年7月8日放送)

もう1つの約束の内容や、祖先について話したので、ぜひ見てほしい。









Sponsored Link