141話伏線・考察まとめ配信ログ(2019年7月8日放送)

前回(140話)の考察放送
140話伏線・考察まとめ配信ログ(2019年7月1日放送)


今回も配信をしたのでそのログを。





””内はいただいたコメント。


Sponsored Link




◆◆”ごほうび”とは◆◆


分かっていること
1.昼と夜で鬼のボスに会うと、代償を払った上で望みを叶えてもらえる
2.鬼のボスは時空を操ったり、現実世界への干渉が可能
3.鬼のボスが欲しがっていたもの
→最上物の脳 儀祭、エマに対しての発言「イイ脳だね 美味しそう」

これらを踏まえた上で、望みを叶えてもらうためのごほうび、代償とは?

毎回同じものを要求してくるわけではないのでは?
「望みを叶えたければ、彼に何を望まれても断るな」
→「”ごほうび”を要求されることが分かっている。何を要求されるかはわからないが断るな」という解釈が妥当

ただし、求められているものはかなり限られている
→何故なら、時空を操って、現実にも干渉ができる存在
彼が求めるものは、生半可なものではないだろう


ごほうびとして妥当なものは?
1.来た人間・鬼の脳
→願いをかなえるためのエネルギーを補給+良い食事
実際に到達したエマに対し、イイ脳だね 美味しそうと食いついていた

2.鬼のボスへ何かを捧げる習慣
儀祭みたいな
実際、1000年前のごほうびは、儀祭そのものなのでは

人間と鬼の約束を実現するためのお願いをする→その代償として儀祭が作られたのでは
たくさんの鬼、人間の活動の上でできるもので、しかも長期間の習慣
そうなると、鬼のボスでも大変なのでは、という仮説
イイ脳にも反応している

→2の方が現状に即していそう


もう1つの約束を結ぶために必要な”ごほうび”とは何か?望みを叶える代償について考察



Sponsored Link




◆◆1000年前のもう1つの約束◆◆


約束
→人間と鬼が結んだ「世界を棲み分けて、お互いを狩らない」

もう1つの約束
→人間と鬼が、鬼のボスに対して交わした約束
昼と夜へ行って、何か望みを叶えてもらう→「ごほうび」を要求されるということを聞いている

約束を結ぶにあたって、一番むずかしいこと
→世界を分割することに他ならない
裏切り者が先導して約束を結んだ
→支援者、スパイみたいな派閥も出てくるわけで、そいつらが攻めることを考えると、世界の分割は必須


”Chitti 3288
​お邪魔します。上手く言えないけどあのお方との約束が「世界を分ける」っていうの約束っぽくない感じはあるというか……
「分ける」のはお願いのような気がします。
Chitti 3288
​分けたうえでお互いに守る約束はあるような気がします”

→分ける、というだけだとおっしゃるとおり約束、っぽくはない 一時のお願い
→分け続けてもらう、とか、行き来を制限する?、あとは現実に干渉しない?

”​分かれた状態の維持。ラートリー家はその約束がらみであのお仕事してるっていうのはどうでしょう”
→調停役を代償としてやらされていた、というのはありうる
”​あのお方も約束で別れた状態を維持し続けるので、人間や鬼も約束で何かしなきゃいけないようなイメージです”
→世界は鬼のボスが維持して、現実世界では人間と鬼で管理する、というのは有力そう


分けるだけだと一時的
世界を分ける←→(例)儀祭をし続ける
この契約関係みたいなものが、「もう1つの約束」かも


”Chitti 3288
​そうそうそうなんですよ。約束とご褒美が一体でいいのか、そうでもないのかで変わって来るなと思ってました。儀祭だけでいいのか、他に守る約束があるのか(感想なのでスルーで)”


◆◆祖先?◆◆


ラートリーが仲間だった首脳陣を差し出す
→鬼の信用を得るために自然そう








Sponsored Link