147話伏線・考察まとめ配信ログ(2019年8月26日放送)

前回(146話)の放送
146話伏線・考察まとめ配信ログ(2019年8月19日放送)





本日も配信をしたのでそのログを。



Sponsored Link




◆◆ノーマンたちはどうするか◆◆


王族と五摂家をギーランに襲わせる
→イヴェルクとレグラヴァリマだけが残った状態で、ノーマンが動き出そうとしている

ノーマンの目的から考えてみる
→権力者は殺す→鬼の統制をなくす、エマが和平の交渉をできなくする
ギーランも裏切る可能性があるから殺す

→なので、お互い争っている間に殺す



Sponsored Link




◆◆鬼が荒野を避ける理由◆◆

分かっていること
・鬼は食べた動物の形質を得る生物
・鬼は再生する機能をもっている 弱点の核を潰さない限り死なない

・ソンジュとユウゴの発言から、鬼は荒野を避ける
ソンジュは、「荒野を歩いている限り、鬼とは出くわさない」
ユウゴは「やつらが嫌って避けてくれる場所」

・鬼が住んでいる環境
野良鬼→森の中
知性鬼→普通の人間に近い街、村にすんでいる


まず、荒野を避けるっていうのは本当なのか?
→本当だと考えられる
なぜなら、
・荒野に鬼は現れていない
・何の関連もない、ソンジュとユウゴの証言が一致している
・ソンジュの目的は、エマたちが生き延びて子供を作ること→つまり、本当に助かるための情報を与えている


1.荒野に食べ物がないから近づかない
→生き物が鳥くらいしかいないからそこにいてもしょうがない
「嫌って避ける」とはまた違ったニュアンスなのが気になるところ

2.宗教的な理由で避けている
原初信仰や、鬼のボスなどの関係
→クヴィティダラの竜の目は荒野だった→そこに近づいてはならない、みたいな
ただ、遺跡に近寄っても問題はないはず

野良鬼は絶対に宗教的な理由では荒野を避けることはしない
→そもそも信じる知能がないはず
なので、野良鬼には別の理由があるはず

3.政治的な理由で荒野が規制されている
これも野良鬼は絶対にないので、野良鬼には別の理由がある
王族や五摂家が、移動を禁止する、規制する可能性はありそう
→人肉の配分が狂う、各地で結託されて革命を起こされる、邪血の生き残りの移動がしづらいように、とか


4.鬼は光や直射日光が苦手なのでは?という仮説

鬼は直射日光や強い光が苦手だからこそ、開けた場所である荒野を避けるのでは?
→野良鬼は木の生い茂った森に生息しているし、知性鬼は仮面やローブをしている

根拠
a.野良鬼は森の中にいる
森の中にいるのは、木によって陽の光が遮られるからでは?
5巻の初めて遭遇した野良鬼は、日のささない場所に現れた

b.鬼は目や視神経の回復速度が遅い

c.知性鬼は仮面やローブを付けている


否定要素1・知性鬼は荒野避ける理由ないのでは?
ソンジュやユウゴの発言が不十分になってしまう
→知性鬼が荒野にいるかもしれないなら、ソンジュの発言はむしろ警戒をといてしまってまずい

これに関しては、別の理由が絡んでいるのではないかと
→政治的な理由で荒野を避けるとか、そもそも荒野の周辺に集落がないから、「出くわさない」と言ったとか


否定要素2・レウウィスとノウス・ノウマは閃光弾を受けているが、活動している
大きく被害を受けた様子はないし、ノウス・ノウマは閃光弾を受けた後すぐに、ソーニャにつかみかかっている

ノウス・ノウマは仮面の上から閃光弾を受けている
目や視神経は回復速度が遅い部位→なのにすぐに動いている
→これは、仮面が光を遮ったからでは?

否定要素3.夜は荒野に鬼が現れる可能性はあるのでは?
→わざわざ夜くる理由もないのでは 餌もないし、リスクもある


鬼が荒野を嫌って避ける理由について考察








Sponsored Link