148話伏線・考察まとめ配信ログ(2019年9月2日放送)

前回(147話)の放送
147話伏線・考察まとめ配信ログ(2019年8月26日放送)

本日も配信をしたのでそのログを。




Sponsored Link




◆◆ギルダの最後の一言◆◆


エマたちに知らない何かを、最後に伝えようとしている
→「それからもう1つ」と

最後に付け足す程度のこと→重大な話ではない 事態が急変するようなものではないと推測
エマたちが知らず、ギルダたちだけが知っていることを共有した

ラムダの食用児の発作についてでは
→エマとレイは、発作を目撃していない
ドンとギルダは、襲撃された際に食用児の発作を見ている
→発作によって戦線が崩壊する可能性や、薬をあげてほしい、という注意、ノーマンが危ないかもしれない、みたいな話


◆◆ソンジュはもう1つの約束を聞いてどう動くか◆◆


約束、と聞いてリアクションをしている
が、まだエマが約束を結んだかは分かっていない
となると、大きく行動方針が変わるかというと、まだそうならないはず



Sponsored Link




◆◆フィルは生きている?死んでる?◆◆


もう1つの約束を結んだ→全食用児で人間の世界へ行く
→ただし、フィルはちょっと危なくて既に死んでいるかもしれない
なぜなら、農園の正体を知っているし、アンドリューとも接触していて危ない立場
そうなると、約束を結んでいようと当初の目的を達成できない

というわけで、改めてフィルの生死について考えていく

1.2046年3月まではGFの別プラントにいる
脱走してから2ヶ月後までのフィルは描かれている
→GFの別プラントに移されている
出荷などはGFのルールが適用される

2.出荷は6歳から/2046年3月時点では4歳
GFは最低でも6歳からの出荷
フィルは、2046年1月の時点で4歳
→ここから1年半以上は6歳にならないことが確定している

3.フィルは年少組の中でもスコアが高い
4歳の時点で203点、その後も点数を伸ばしている
そのため、6歳で出荷されるような頭脳ではないだろう

4.農園の正体を知っている
エマから農園の正体を聞かされている
→これが悟られてしまうと即出荷もありうる

5.2046年3月にアンドリューがフィルに接触している
アンドリューがGFハウスにやってくる
サイモン出荷の翌日
→フィルが動揺している→それを見て飼育監がアンドリューを呼んだ
あるいは、アンドリューがシェルター捜索のために情報を探り出そうとした

エマを襲撃したときに、「優しい」ということをフィルから聞いていると言っていた
→情報を探ったのは間違いない

6.2047年11月10日現在、生きているかは不明


今もフィルは生きているかどうか?
→アンドリューに何をされたか、という視点で考える

1.情報を探られた
エマの人となり→彼女たちと対面して、戦うときに弱点を分析できる
外の情報や、シェルターの情報については、フィルは外に出たことがないので分からない

ハウスの秘密を知っているかという確認
→返答次第では、出荷や処分もありうる

2.人質にとる
エマたちの動きを制限するために連れ去った可能性
→ただ、かなりなさそうな選択肢

エマたちが生きている前提で捜索しているのは、ラートリー家のほぼ独断
→シェルターは鬼側に知られるとまずい
GPが崩壊したことを受けてシェルターの捜索→GFの管理者と考えられるイヴェルクに伝えることはできない
→そうなると、農園の商品を独断で確保するということはできない

アンドリューがエマたちを襲ったときに武力を制圧することを目指していた
この時点で人質にとるということはしていなかった

3.出荷や殺処分の可能性
どこまで言っても捨てきれない
→フィルが秘密を知ってしまっているのであれば、こうするのが手っ取り早い

ただ、農園やアンドリューの立場からすると、ちょっとやりづらい可能性もある

a.怪しまれる
→アンドリューが来たとき、周りの食用児は怯えている
怪しい大人が来た直後の出荷→他の食用児に不安を抱かせる
→これはGFののびのび育てるという方針に反する→そのプラント全体の脳の質が下がってしまう
いきなりアンドリューを投入するのではなく、飼育監が粘るべき

b.農園の有望な商品である
最上物に近い子供なので、単純に惜しい存在
今回の脱走を受けて、警備が強まるはず+4歳1人で逃げ切れる可能性は低い

c.ハウスの正体を知っていることを、隠し通せる可能性がある
サイモンがいなくなってふさぎ込む→これは客観的に見て変なことはない

4歳児が、たくさんの家族と離れ離れになってしまった
その後にできた家族、仲のいい兄がいなくなる
→4歳児にとってはかなりショックな出来事
言い訳のしようがある


そもそもショックを受けているのは当然なので、勘違いだと思わせることができる

最上物に近い有望な脳

アンドリューが来て、すぐにいなくなる→怪しい→他の食用児にも悪影響
→やるならアンドリューを他の食用児に見せないとか、飼育監自身が監視する、っていうのが妥当

つまり、生きている可能性は十分あるよね

フィルは死んでしまったのか?生きている可能性やアンドリューに何をされたのか考察



Sponsored Link




◆◆もう1つの約束を履行した後の話◆◆


全食用児で人間の世界へ行きたい、その後に二世界間の行き来を出来ないようにして欲しい
→こういう約束をエマはした

でもいろいろ課題はあるよねという話

1.全食用児→農園にいる子供はすぐに話を飲み込めない
→農園で幸せな生活を送っていた→それがいきなり人間の世界へ、とか言われる
鬼なんて知らない子どもたちをどう説得するのか、という問題

2.人間の世界に行くとは言うが、どう馴染むつもりなのか
→行っても受け入れられるかは別の話
拠点もないし、食料もなく死んでいってしまう可能性がある

3.ラートリー家どうすんの
五摂家との癒着→何かしら利益を得ていた
約束が結ばれてしまうとそれが失われる→報復が起こりうる

調停役をしなければいけない
→3つのルール
約束を破れない、上書きできない、ごほうびは拒否できない
約束を乱したエマたちをどうにかしなきゃいけない、そういう義務があるはず

やっぱりラートリー家に狙われるんじゃないの?







Sponsored Link