149話伏線・考察まとめ配信ログ(2019年9月9日放送)


前回(148話)の放送
148話伏線・考察まとめ配信ログ(2019年9月2日放送)


本日も配信をしたので、そのログを。





””内はいただいたコメント。



Sponsored Link



◆◆ごほうびとは◆◆


ヒント
1.昼と夜に行くと、鬼のボスと約束を結べる
→望みを叶えてもらえるけれども、対価としてボスの望むものを差し出さなきゃいけない

2.1000年前の約束
→ラートリーとイヴェルクが昼と夜へ
「世界を2つに分けて欲しい」
ごほうびを要求される
・イヴェルク→その年いちばんいい肉をよこせ
・ラートリー→ラートリー家は二世界の調停役をしろ

ここから、2つのことが分かる
1つは、”ごほうび”はお願いを邪魔しない→世界を2つに分ける、というのは1000年続いている

もう1つは、鬼のボスにとって得があるのが”ごほうび”
→鬼のボスが鬼なら、いい人肉を食べられる→それはすごくいいこと
調停役は鬼のボスにとって得じゃないじゃないか
→いい人肉のための環境を整えることは必須 争いが起きると、食べられないかもしれない

3.鬼のボスは”ごほうび”はそいつにとって大切なものがいいと言っている
欲望、渇望など、その鬼や人間が求めているものを奪い取ることがいいと言っている

4.エマが願ったこと
鬼のボスへのお願い→「全食用児を人間の世界へ移動させて、それを最後に二世界間の行き来を不可能にする」

”ごほうび”で奪われそうな大切なものや、彼女の最終的な目標
→家族の笑顔、全食用児の解放、鬼と人間が両方平和に暮らせる世界
こういうことを望んでいるけど、ここが叶わないのではないかと

5.ごほうびとして求められたのは、「きみの――」
エマの所有するなにかや、彼女に関連するもの
これが奪われる、要求されるのではないかと

もう1つの約束は、
「お願いしたこと自体は叶う。けれど、その先に望むものが奪われてしまう」
このやり取りのことを指す。


エマの場合は?
→「全食用児が人間の世界へ行って、その後二世界間の行き来ができなくなる」
っていうお願い叶うはずである
エマがその先に望む、「家族の笑顔」や、「食用児の仲間が安心して暮らす」ということが叶わなくなってしまうのではないか、
エマ自身の大切なもの奪われてしまう
→これが”ごほうび” で、実際ごほうびとして求められてるのは、「きみの――(何か)」。エマの持つ大切なものや、関係するもの


具体的に、何を要求されたのか?


1.家族の命
家族を守るために約束を結んだのに、それを奪われる→当然嫌なこと
エマにとって大切なもの→家族っていうのはこれ以上なく大切

「全食用児が人間の世界へ行く」→これは叶うはず

2.エマの記憶
エマを含む全食用児は人間の世界へ行く
けれども、エマの記憶がなくなってしまう→エマとしては、望みがかなったけど、叶ったかどうかわからない
記憶がなくなったら家族は悲しむ→エマの最終的な目標を叶えていない
エマにとっても大切なもののはず

鬼のボスにとって、エマの記憶って奪ってもメリットがない
→1000年前は、鬼のボスにとって得のある形のごほうびだった
いい肉を食べられたり、その肉できる環境を整える調停役を立てる
一方、記憶を奪ってしまうとそれだけで終わりなのであんまり意味がない

3.鬼のボスとエマの身体の入れ替わり

きみの身体と、ぼくの身体を入れ替える、みたいな話
→エマの身体は人間の世界へ行く、けれど、エマの精神は昼と夜に取り残される
「全食用児が人間の世界へ行く」というのを叶えつつ、「エマの大切なもの、家族との触れ合いを奪う」

ただし、鬼のボスにとって得があるかというと難しい
→時空を操る存在が、人間の世界へ行くことができたとして、それはメリットに感じるのか?
→完全に否定はできないが、感性次第なので判断しづらい

で、ソンジュは「約束を破るなら、エマたちはとうに鬼のボスの敵だ」
→最上物が捧げ続けられる世界は、鬼のボスにとっていいものである可能性が高い


4.きみの身体を鬼にする
エマの身体を鬼にすることによって、エマは食用児じゃなくなって、人間の世界へ行けない=家族と一緒に暮らせない
あるいは、もし食用児として人間の世界へ行ったとしても、家族に恐れられてしまう

願いを叶えて、最終的な目標を奪うということにはなっているが、
やっぱり鬼のボスにとって得がない
→エマ1人が鬼になっても、いいことは別にない

邪血の鬼にするのはどうだろうか、というご意見を頂いた
これはすごくアリ

邪血の鬼→食用児ではないので鬼の世界に残らせることができる→家族と離れ離れ、本来の目的が果たせない

その上で、邪血だと鬼のボスにも得がある
→エマの望み→鬼の世界から人間がいなくなってしまう→知性鬼がいなくなる
→鬼のボスは信仰されなくなる→”ごほうび”を得る機会を失ってしまう

じゃあ、エマを邪血の鬼にして、知性鬼を存続させる役目を与えると解決するのでは?
→飢餓で苦しんでるところを、「鬼のボスからの使いです」みたいなことを言わせると、信仰心アップ
→知性鬼からごほうびや捧げものを得ることができるようになる


”​ごほうび、しっくりしてきましたね!

きゃるたま
​GF組は、そこまで予想していそう。

きゃるたま
​ドンギルがごほうびの心配をしていなかったので…”



”上書き、イヴェルクの最上物の約束はどうでしょう?
きゃるたま
​守れなくて、罰?”
3つのルール
約束は破れない、上書きできない、ごほうびは拒否できない

イヴェルクからのごほうびがもらえなくなるような願い→そんなエマの願いを鬼のボスはすぐに肯定している
なので、問題がないか、イヴェルクに罰がいくかのどちらか

その年実った一番いい肉を渡すというごほうびだった
→人間って言ってたっけ?
その年実ってないならしょうがないのでは?
問題がないように見える

”きゃるたま
​つくるんでしょ?人間と言っていたので、実らなければ…の方がよさそうですね”

”きゃるたま
​しっくり来ました。もしくはイヴェルク死んでしまえば終わるのかも”



もう1つの約束のための”ごほうび”は「きみの――」何?エマの払う対価を考察【最新版】



Sponsored Link




◆◆寺の絵◆◆


二段目が人型っぽい→ノーマンは細菌から、っていってたけど、原型はちっちゃい人型なのでは?
人型の鬼が、人間や虫、蛇を食べるとどうなるの?というのを観察した図である可能性もあるかなと

”きゃるたま
​蛇だけ人型が反対向きなのも気になってます”

”きゃるたま
​ファンタジーすぎますね、あそこはw”


◆◆野良落ちって悠長では◆◆


殺した方が早くないか
・辱め
・執行猶予的な
・野良鬼にも何かしらの利用価値があるから、残している可能性
→知性を取り戻した時に危ない気はする

”きゃるたま
​ボコボコッと野良落ちしていった描写は、イメージだと考えますか?”
→プポを食べたときに、一気に変化しているので、ないとはいえないかな

”きゃるたま
​最後は森にぺっと捨てたわけですもんね”








Sponsored Link