150話伏線・考察まとめ配信ログ(2019年9月14日放送)

前回(149話の放送)
149話伏線・考察まとめ配信ログ(2019年9月9日放送)

本日も配信をしたので、そのログを。





””内はいただいたコメント。




Sponsored Link




◆◆ムジカは何故生まれた?◆◆


分かっている情報
・ムジカは邪血の少女である
→人間を食べなくても、人の形質
彼女自身は、人間を見たことも食べたこともない
彼女の血を飲むことによって、他の鬼も同じ体質

王家に目をつけられて、全滅させられてしまう
→ほとんど食べられてしまったことにより、ムジカとソンジュ、王家・五摂家だけが生き残った

・ムジカは700年前から確認されている
約束が結ばれてから300年ほど経ってから現れた

・ムジカはソンジュとともに旅をしている
王家や五摂家に見つからないように逃げながら、旅を続けている
その過程でエマたちを助け、鬼の世界でも生きられるように知識を授けた

・ソンジュとムジカは、原初信仰を信仰している
→神が作った命を、狩猟という形で食べなければいけない
つまり、農園が作った肉を食べることができない
約束以後は成立しない

で、エマという最上物が目の前にいたにも関わらず食べなかった
→未だに原初信仰を遵守している可能性が高い

・ソンジュの目的
→「もう1度人間を食いてぇ」
1000年以上前から生きていて、人間を食べたことがある
未だに食べたいという欲求もある
→やはり信仰心が強い


じゃあ、ムジカはどうやって生まれたのか? もしくは、誰がどうやって作ったのか?

パターンは、「1.偶然生まれた」か、「2.誰かが作り出した」か

1.偶然生まれた
どうやっても否定はできない

しかし、さすがに特殊すぎる
→最初から人型、知能を持っていて、それが劣化しない、伝染するというのは、あまりに出来すぎている、鬼に都合よすぎ
誰かしらが意図を持って作り出した、という方が納得行く


”きゃるたま
​ペンダントまで持ってますしね…”


2.誰かが作り出した

いろいろパターンがある

a.人間と鬼のハーフ
→人間の形質を強く持つ、というのはけっこう納得がいく

ただ、問題点もある
・そもそも人と鬼が子供を産めるのか?
→指が6本とか、別の生き物であるのは違いないわけで

”きゃるたま
​人間の女が始め1人しかいないので、あの人が何人産んだらここまで繁殖できるか?鬼にも産ませてみる?みたいなのはジャンプ的にないですかね…

→試した可能性はあるが、結果を五摂家や王族が知らないはずがない

・人間と鬼が子供を生むような状況になるか?
→ならなくないか

700年前に初めて生まれたのだとすると、既に人間は管理されてる
→管理下でハーフを生んだのだとすると、王家と五摂家は知っているはず

1000年前はそもそも戦争中
鬼は人間を見つけたら食べるし、人間は鬼を見つけたら、戦うか逃げるというのが自然

・ムジカが人間を見たことがない
親が人間なら、見たことあるのでは?
人間について「敵でも食料でもなかった」みたいなことを言っていた、つまり彼女にとっては人間は敵か食料でしかなかった

b.人間が作り出した
鬼が人間を食べなくても済むようになれば、人間を食べないのでは?
そういう理屈で邪血を人間が作った可能性
→可能性はかなり低い

技術レベル的に不可能
→700年前の時点でそんなことできない
2047年のラムダの実験ですら不完全

そもそも人間が邪血を作る理由はない
人間を食べなくてもいい→人間を食べない、とはならない
更に言うと、ただの利敵行為

なので、人間が邪血を作ることはない

c.鬼が作り出した

人間を食べなくても知能が劣化しない
→鬼が望むことなので、動機は十分

技術的に可能か?
→一番邪血を欲しがって、技術的に作ることも可能な存在は、王家や五摂家
だけど、王家や五摂家はギーランが聞きつけるまで知らなかった→ということは彼が作ったわけではない

一般の鬼に作ることができるか?
→王家や五摂家によって格差が作られている
ので、一般的な鬼は技術的に作ることは不可能

では、鬼に邪血を作ることは不可能なのか?
→鬼のボスとの約束なら可能
世界を2つに分けることすらできるなら、邪血もできるでしょ

誰が約束でムジカ・邪血を作ったのか?
→人間や、王家と五摂家は、上に書いた理由で作れない、作っていない


いまのところ、ムジカや邪血を作り出す理由があるのはソンジュではないか?

・ソンジュは原初信仰
人を食べる欲求があるのに、原初信仰によって食べていない
→エマのような最上物を前にしても食べていないことから、信仰心が強い
そんな彼が約束(農園)以後も生き延びるなら、「人間を食べなくてもよくなる」必要がある

・「邪血という性質を持つ鬼をつくる」という願い
普通の鬼がお願いするなら、「自分と自分の関連の深い鬼を、人間を食べなくても良くして欲しい」

この願いをするのは、ソンジュくらいじゃないか
→信仰心が強い→「原初信仰を復興しようとする」
→邪血の「他の鬼に伝染する性質」はかなり役に立つ
邪血を飢えてる鬼に分けることで、恩を売って味方につけたり、原初信仰に引き込むことができる
で、ムジカがいると、より引き込みやすい 救世主のような存在がいるといいよね


きゃるたま
​邪血が発見されて狩られるまで、少しの時間しか経っていないように見えましたが、その間にレウウィス、ソンジュと、会っていますよね

きゃるたま
​レウウィスは王家だとして、ソンジュが一緒にいる理由にはなりそうですね!”


”きゃるたま
​ごほうびは…
→そこまでは現状不明


ムジカは何故、どのようにして生まれたのか?邪血の少女の起源を考察



Sponsored Link





◆◆蛇◆◆


蛇→×
この理由はわからない

ムジカと蛇が関連している可能性
→あんまり関係ない気がしている
髪の毛が蛇っぽい→蛇を食べたのだとすると、身体が蛇になる方が自然

邪血→蛇とはあんまり関係ない


◆◆3つのルール◆◆


a.鬼のボスとの約束は上書きできない
b.鬼のボスとの約束は破ることができない
c.”ごほうび”は絶対に断ってはいけない

ルールの解釈が謎+破るとどうなるのかも分からない

a.鬼のボスとの約束は上書きできない
約束とは→願いを叶えてもらう代わりに、ごほうびを与える
例)世界を2つに分ける→いい肉与える、調停役をする

上書きってどこまでよ?
今回のエマの約束はなかなかスレスレ
→食用児全員を人間の世界へ、行き来ができなくする
→これは、イヴェルクの用意するごほうびを邪魔しうる

上書きに値するのでは?
→鬼のボスが拒否しなかった
上書きに値しないか、イヴェルクがとばっちりを食らうか

上書きじゃない可能性→その年に実った肉の献上がごほうび→実らないならしょうがない
ごほうびがもらえなくなるのは事実なので、上書きといえば上書きとも見れる
ので、なんとも言えない


b.鬼のボスとの約束は破ることができない
→エマの約束は、イヴェルクたちのごほうびを妨害しうる→でも通った

自発的に破ることができないだけ?
あるいは、破ると罰則があるだけ?

”きゃるたま
​ご褒美が最上物を食べることなのか、イヴェルクの欲望なのか…がカギですよね
きゃるたま
​食べてるのでしょうか…最上物?嫌がらせ大好きとか…”

”きゃるたま
​めっちゃ止まりますね今日”


c.”ごほうび”は絶対に断ってはいけない

→ラートリーは、自分が死んでもいいと思っていた
が、絶望している→自殺も許されない、という絶望
→何かしらの罰則がある可能性が高い
自殺しても、他の誰かにも罰則が及びうるから絶望したのではないか



◆◆その他伏線・コメントなど◆◆





きゃるたま
​くじら気になりませんでした!?”
→くじらっぽい鬼がいない……w
”きゃるたま
​でかさ?”







Sponsored Link