ムジカの持っていたお守り・ペンダントの意味とは?何故ムジカが持っていたのかを考察

約束のネバーランド 12巻 より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか




151話もバトルがメインで、深く考察する要素がなかった。

なので今回も未回収の謎について考えていく。


前回は、邪血が何故生まれたのか?という視点から、最大の謎の1つである、ムジカのことを考えてみた。

彼女について別の視点から考察できないかと検討した結果、彼女の持っていた”お守り”が気になったので、今回はそれを掘り下げてみる。


クヴィティダラの竜の目に酷似したお守り。

このお守りがどんな意味を持つのか?そして、彼女が何故持っていたのか?

このあたりが見えてくると、ムジカが一体どんな存在なのかということに近づけるので、今回は彼女の”お守り”について考えていく。



Sponsored Link




ヒントになりそうな情報


まずは、今分かっている情報からヒントになりそうな要素をまとめていく。

重要そうな情報は、以下の通り。


1.ムジカがエマと別れる際、七つの壁を探すように言ってお守りを渡した

2.ソンジュには内緒で渡している

3.エマだけがクヴィティダラで、昼と夜の光景を見た

4.お守りとしての機能は、まだはっきりと発揮されていない



それぞれ簡単に見ていく。


1.ムジカがエマと別れる際、七つの壁を探すように言ってお守りを渡した


ムジカがエマにお守りを渡したのは、GF付近の森で彼女たちと別れるとき。

エマの目的を聞いたムジカが、「七つの壁を探しなさい」と進むべき道を示した。

その際に、「これはお守り きっとあなたたちを守ってくれる」と、件のペンダントを渡している。


重要なのは、ムジカはエマを助ける意志がはっきりとあるということ。

(エマたちに慈悲を 私の友達に光を)と、モノローグからそのことが分かる。

そんな彼女がお守りを渡したということで、エマの目的(=食用児や家族を助ける)ことに有用なものであるということはほぼ確実だろう。


2.ソンジュには内緒で渡している


そして、もう1つ気になる要素としては、ソンジュに内緒で渡しているということ。

別れる時点では、ソンジュの目的である「鬼の世界で人間を繁殖させ、原初信仰でも食べられるようにする」ということを、ムジカは知らない。


それなのに隠しているということは、以下の可能性が考えられる。

a.単純に、人間を助けたソンジュに不審感を持っていた

b.本来、ムジカが持っているはずがないものである

c.渡したことが分かるとソンジュに不都合がある


……など。ここに関しては、様々な要素が絡んでくるためなんとも言えない。

が、「ソンジュに内緒にする理由があるかどうか」ということは、判断要素の1つとなるだろう。



3.エマだけがクヴィティダラで、昼と夜の光景を見た



そして、このお守りの模様はクヴィティダラにあった遺跡や、昼と夜にいた竜の目と酷似している。

クヴィティダラに関する伝承として、

「クヴィティダラには竜がいて、その目は何でも見通す」とされている。


そして実際、エマはクヴィティダラで昼と夜へ行き、金の水のヒントや過去の光景を見ている。

これがお守りによるものかは不明。後でそこを検討する。



4.お守りとしての機能は、まだはっきりと発揮されていない


「きっとあなたたちを守ってくれる」と渡されたペンダントだが、エマを助けたかどうかははっきりしていない。

これまでもエマは命拾いをしているが、このペンダントとの因果関係は一切不明である。



というあたりをふまえて、このペンダントについて考えていく。

ここまで見ると、はっきりとした効果も、クヴィティダラとの因果関係も、何故ムジカが持っているのかも、何も分からないという悲惨な状態。

なんとか、1つずつ考えていって、答えに近づいていこうと思う。


Sponsored Link




ムジカのお守り・ペンダントの意味・効果とは?


まず、ムジカの渡したペンダントの効果や意味について考えていく。

ほとんど何も分からない状態なので、些細なことからでもはっきりさせていこうと思う。



1.このペンダントは、エマにとって役立つものである


先程見てみたとおり、彼女はエマの目的のために、これを渡した可能性が非常に高い。

実際、「七つの壁を探しなさい」というアドバイスも、エマの家族を救うために必要なものだった。

つまり、「エマにとってプラスになる」ものである、ということがまず1つはっきりとしていることである。



2.クヴィティダラでの出来事は、お守りが関係しているのか?


その上で、このペンダントがはっきりと効果を発揮した描写は、現状ない。

唯一関連がありそうなのは、クヴィティダラでの出来事なので、ここについて考えていく。


クヴィティダラでエマは、昼と夜を訪れた。

そこで過去の光景と、昼と夜へ至るためのヒント(手順を示した寺と、金の水の場所)を見ている。

これが、クヴィティダラで起きた一連の現象だ。


これに関して、ムジカのペンダントが関係している可能性は、かなり高いと言える。

根拠となるのは、以下の点。


a.ペンダントを持っていたエマだけが、昼と夜の光景を見ている

まず1つは、ペンダントを持っていたエマだけが、昼と夜を訪れたということ。

エマ以外にも、レイやドンたちがいたにも関わらず彼女だけが見ている。


エマと彼女以外の相違点としては、ペンダントを持っていたか、石に書かれた目のマークを見たか、ということだけ。

後者が要因である可能性はもちろんあるが、他の根拠も合わせるとペンダントが優勢かなと。



b.何でも見通す、竜の目との酷似

また、昼と夜にいた竜の目と似ているという点が偶然とは考えづらい。

「何でも見通す」という力があるという伝承と、エマが「昼と夜」「そこへ至るためのヒント」(=望むもの)を見たという現象も「見る」という能力で合致している。



c.ムジカが渡した目的と合致する

そして、ムジカがペンダントを渡した際の言葉。

「七つの壁を探しなさい」、と彼女は言った。

そのために役立つからこそ、このペンダントを渡したというのは自然な流れだろう。


以上のことを考えると、「クヴィティダラにおいて、竜の目のように何かを見通すための道具」としてムジカは渡したのではないか、と。

他にこのペンダントの能力と関連付けられる要素はないため、この方向で検討していく。



ではもし、このペンダント・お守りが「クヴィティダラ」で何かを見るための道具だとすると、どんなことが言えるだろうか?

気になるのは、クヴィティダラがもう既に”廃れてしまっている”こと。この2つの要素を合わせると……?



もし、クヴィティダラの遺跡で”昼と夜”を見るものだとすると……?


かつて、クヴィティダラにはみんなが竜の目を欲しがって押し寄せたという。

エマが昼と夜で見た過去の光景においても、鬼がクヴィティダラの遺跡で祈りを捧げていた。


しかし現在は、遺跡は崩れて寄り付く鬼はいない。

見通す力がなくなったからだろうか?……いや、それでもエマは過去の光景を、昼と夜へのヒントを見ているのである。

何故か? このペンダントを持っていたからだ。このお守りさえあれば、何かを見通せる可能性は十分あると言える。


つまり、クヴィティダラが廃れたのは、「このペンダントが手に入らなくなってしまったから」ではないだろうか。

何らかの原因でペンダントが失われ、一般的な鬼はクヴィティダラの恩恵を受けられなくなってしまった、と。

そして、そんな貴重なものだとすると、ソンジュに内緒で渡すということにも納得がいく。


もしこのペンダントがクヴィティダラの恩恵を受けるために必要なものだとすると、現状に即する説はこれしかないだろう。



Sponsored Link




何故ペンダントは失われたのか?


では、何故ペンダントはなくなったのか?

これに関しては、ほとんど推測の域でなんとも言えない。


しかし動機があるのはやはり王家・五摂家。

独裁政治をするとなると、「何かを見通す力」が一般的に使えるというのは非常にマズイからだ。

実際にペンダントを奪うことができる存在であることもふまえると、現状かなり有力だと言える。



そんなペンダントを、何故ムジカは持っていた?


では、クヴィティダラで何かを見るために必要なお守り。

それが手に入らなくなってしまったのだとすると、そんな貴重なものを何故ムジカは持っていたのか?

いくつかのパターンが考えられるので、それぞれ検討していく。


1.王族・五摂家に近い存在だった


まず、ムジカが王族や五摂家といった存在に近かったというパターン。

一般的な鬼からはペンダントを奪うだろうが、身内からは没収しないことが考えられる。


が、これはかなり考えづらい。

何故なら、ムジカという特殊個体のことを、王族や五摂家は知らなかった。

ギーランが噂で聞きつけるまで、彼女の存在は知られていなかったため、王族や五摂家に近い存在だったわけではないだろう。


2.王族や五摂家に襲われた際に奪った


ムジカたち邪血の少女の一族は、王家・五摂家によって襲撃を受けている。

その際に、このペンダントを奪ったのではないかという説。


完全にないとは言えないが、基本的には考えづらい。

何故なら、邪血の少女の一族はムジカたちを残して全滅している。

すなわち、戦力差は相当なもの。そんな鬼との戦闘中に、何かを奪うということは難しいだろう。


3.鬼のボスと近い存在である


あるいは、竜と一緒にいた鬼のボスと近い存在である、という可能性。

鬼のボスと竜の目は一緒に祀られていることから、関連が深いことは確か。

その上で、ムジカも彼らと近い存在だとすると、力の一端を持っているという可能性はある。


……が、彼らと近い存在だからと言って、ペンダントを持っているかというのは別の話。

現状、特に裏付けもないため考えづらい。


4.村を救って、謝礼としてもらった


最後に、絶滅しそうな村を救った際にもらったというパターン。

現状、最も単純で最も有力。

餓死しそうな村であれば、クヴィティダラへ向かう気力もない。つまり、貴族たちはペンダントを奪う必要もない。

であれば、ムジカたちが助けた鬼が持っている可能性は比較的高いだろう。

そして、物資に困る、助けられた鬼が出せるお礼としてはこれ以上ない。


というわけで、ムジカが村を助けた礼としてもらったというのが現状妥当そうだ。



とりとめがないが、ムジカのお守りについていろいろ分かってきた。以下に結論をまとめていく。



Sponsored Link




結論


ムジカから渡された”お守り”が一体何なのか、何故そんなものを持っていたのか?ということについて考えてみた。

現状、はっきりとした効果は分かっていない。

もしかしたら、ペンダントの効果かも……と思う描写はあるが、はっきりと関連性が描かれているわけではないからだ。


しかし、クヴィティダラでの一連の出来事は、ペンダントが関連していないとは考えづらい。

ペンダントを持っていたエマだけが、昼と夜や金の水の場所、天井絵のある寺の場所に、過去の光景を見ているからだ。

これは、ペンダントの模様がクヴィティダラの遺跡、そして竜の目と似ていることや、竜の目が持つという「何でも見通す力」と、起こっていることが合致する。

更に、これを渡したムジカの「七つの壁を探させる」という目的とも綺麗に一致するのだ。


このあたりから、このペンダントは、「クヴィティダラの遺跡で、何かを見通すために必要なもの」だと考えられる。


もしもそうならば、遺跡が廃れていたのもこのペンダントが原因なのではないか?

エマは現代においても、望むものを「見通している」。しかし、遺跡は廃れ、誰も寄り付かない……。

つまり、遺跡自体が機能を失ったのではなく、遺跡の機能を発揮するためのペンダントが手に入らなくなった、と。


何故、ペンダントが手に入らなくなったのか?これについても、心当たりがある。

王族や五摂家は、約束とともに独裁政治を目論んだ。

それにおいて、支配下に置く鬼が不都合なことを知っては困る。――だから、このペンダントを没収したのではないか。

こう考えると、それなりに筋は通る説である。


では、そんな中で何故ムジカはペンダントを手にしたのか?

これは単純に、助けた村でお礼としてもらったというのが現状最も自然だろう。



というわけで、ムジカのペンダントはクヴィティダラにおいて「見通す力」を発揮するために必要なものではないかと考えている。

ここが崩れてしまうと、これ以降の考察は筋が通らなくなってしまうが、現状大きく否定する要素はない。

クヴィティダラが廃れたのは、王族によってこのペンダントが流通しなくなってしまったから……と考えると、それなりに筋が通るだろう。

そしてムジカは、助けた村でそれを手に入れた、というのが現状ペンダントについて最も有力だと考えている。



おわりに


本日もこれから配信予定。










Sponsored Link