157話伏線・考察まとめ配信ログ(2019年11月11日放送)


前回(156話)の放送
156話伏線・考察まとめ配信ログ(2019年11月2日放送)






Sponsored Link



◆◆鬼の世界の宗教◆◆


あのお方、原初信仰、竜の目

12巻に出てきた寺
→七つの壁への行き方、それを表すマーク
→あのお方を祀っている
現在は儀祭で、あのお方を祀っているのに、この寺は寂れている

寺はあのお方を祀っている
→今は廃れたはずの竜の目と一緒に祀られている

原初信仰は、神が作った命以外を食べると、神への反逆にあたる
→農園は完全にアウト
あのお方は、農園を認めた→原初信仰を、あのお方は否定している
つまり、あのお方は原初信仰の敵といっていい
→今回出てきた、ソンジュの先生(原初信仰信者)が、あのお方を祀っているお寺にいた


”あのお方”や、”竜の目”の伝承、”原初信仰の神”
→これは、元は全部同じなのではないか?
全部、七つの壁の先にいるあのお方のことや、力のことを指していたのではないか

・竜の目→あのお方が、ごほうびとお願いによって、未来の光景を見せていたのではないか

・原初信仰→神としてあのお方を崇めていた
その上で、信仰する側が教義を定めていたのではないか
→生態系を大事にしよう、みたいな願いをこめて、信者側・鬼側が教義を広めていた


その上で、今はどうなっているのか?
→あのお方の力で、農園を成立させる(お互いに狩らない環境を作って、人間の協力を得て農園を作る)
→そして、”竜”や”原初信仰の神”とはまた別の名前”あのお方”という呼び方で祭り上げる
→その上で、自分たちの地位をより確立するために、先生は追放するし、寺や竜の目を破壊したり、廃れさせる


全部”あのお方”の力なら、いろんなことに説明がつく
・寺に、あのお方と、竜の目が一緒に祀られていた→元が一緒ならそれはそうじゃないか
・あのお方が祀られいる寺に、原初信仰の信者がいるのはおかしいのでは?
→元が一緒ならそんなに変ではないし、王家による策略ならば、あのお方が原初信仰を否定したわけではない
更に言うと、「生命を大事にする姿勢」が大事なのだから、その寺によりつくのも変ではない
・竜の目や、あのお方を祀った寺が廃れている→王家が権力を得るため、廃れさせた


原初信仰とは何か?神とあのお方や竜の目との関係や、何故なくなったのか・歪んだのか考察



Sponsored Link




◆◆女王の核・能力◆◆


◇◇核◇◇


女王が2つ核がある
それは王家特有のもので、極稀に発生する
→先王の子供の中ではレグラヴァリマのみ

2つ核が発生するのはなぜか?
→臓器が2つある、みたいなこと それは生物の原則を超えている

王家特有
→何故王家だけが、そういったことが起こるのか?
→遺伝なので、血や遺伝子が関わっているはずではある
→ただ、何故王家だけがそういった遺伝子を持っているのか?
初代王がこの力を持っていたから、王に君臨した、という順番なら分かるけど

極稀なのは何故か?
なぜ、レグラヴァリマだけに発現したのか?
→母親が違う、とかならあるかもしれない


◇◇能力◇◇


食べたものの記憶、力などを全て再現できるようになった

クローネの顔とか→あれ本来作る必要がなかった
力を引き出せるようになって、それを試していたのだとすると、けっこう納得がいく

得た形質をもとに、身体を作り変える力を得た
→そうだとすると、核が2つあるのは、この力に近い才能があったからなのではないか
→身体を作り変える適性みたいなものがあって、レグラヴァリマはそれに優れていた
だから、本能として重要な器官である核を2つ作って生まれたのではないか?







Sponsored Link