アジトにいた食用児たちはどこへ行ったのか?ピーター・ラートリーの目的・行動から考察

週刊少年ジャンプ 2020年2号
約束のネバーランド 第160話 足枷 より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか



160話では、ついにピーター・ラートリーの行動が本格的に描かれた。

女王にだけ秘密を明かし、食用児をすべて女王に差し出すことを条件に王兵を動かすことに。

鬼の勢力と確執を作ることなく、アジトを襲撃する戦力を手に入れた。



そしてジリアンが到着した頃には、アジトの食用児たちがいなくなっていた。

これは、彼らが自発的に避難したからなのか? それとも、ラートリーや王兵の手にかかったのか?

もし後者ならば、生きているのか? 彼らはどこへ行ったのか? といった消えた食用児の行方について考えていく。

その過程で、ピーターは結局何が目的で、何をしようとしているのか?ということを考える必要があったので、それもまとめていこうと思う。



Sponsored Link




ヒントになりそうな情報


まずは、アジトやラートリー家の情報について分かっている情報をまとめていく。

重要そうな情報は以下の通り。

【アジト】

1.アジトにいた食用児は数百。戦闘に優れた食用児は王都へ

2.ノーマンの撹乱によって位置は鬼にはバレていなかったが……

3.ジリアンが到着した際には、既に荒らされ人はいなかった


【ピーター】

4.ラートリー家はかつて、”ごほうび”として二世界間の調停役を命じられた

5.ピーターは一族の使命に背いたジェイムズや支援者を処分した

6.ピーターは女王にだけ失態をリークし、兵を動かしている



それぞれ簡単に見ていく。


【アジト】


1.アジトにいた食用児は数百。戦闘に優れた食用児は王都へ


まず、アジトにはノーマンが崩壊させたラムダなどの農園の食用児がいた。

その数はハヤトたちいわく、何百といるようだ。


しかし、全員が戦闘に優れていたかというとそうではない。

「強い仲間が守ってくれている」とハヤトが言っていたが、襲撃された時点ではそのほとんどが王都にはいない。

シスロやバーバラたちは王都へ向かい、GPの食用児たちはエマたちを送り届けていた。


2.ノーマンの撹乱によって位置は鬼にはバレていなかったが……


しかし、見つからなければ問題はない。

農園を襲った痕跡によって、ノーマンはアジトの位置を巧妙に偽装していた。

王都襲撃前の段階では鬼の軍勢に気づいた様子はなかった。



しかし、エマたちが王都につく2日前、王兵たちが近づいていることを確認している。

これにはノーマンも驚いているため、想定していない動きだったと言える。


3.ジリアンが到着した際には、既に荒らされ人はいなかった


そして、ジリアンがアジトへ到着すると、そこに仲間たちはいなかった。

アジトにあった物や棚は荒らされていることから、外部からの襲撃である可能性が高いだろう。



【ピーター】


4.ラートリー家はかつて、”ごほうび”として二世界間の調停役を命じられた


初代当主・ユリウス・ラートリーは1000年前、鬼に停戦を申し込んだ。

「お互いに狩らない」という人間と鬼の約束を結ぶにあたって、世界を分けることをあのお方に依頼した。


その対価、”ごほうび”として、ラートリー家は代々「調停役」としての役割を継いでいくことを強要される。

両種族が約束を破らないように、二世界を監視するという役目だ。

あのお方との約束では「ごほうびは拒否できない」「約束は破れない」というルールがあるため、これに背くことは不可能となっている。

ただし、先代ジェイムズ・ラートリーは食用児の脱走に関与しているわけで、この「約束を破れない」という基準は現状曖昧だ。


5.ピーターは一族の使命に背いたジェイムズや支援者を処分した


そして、ピーターは先代ジェイムズたちを断罪している。

兄を殺した際、「GPを作ることは人間世界への裏切り」「人間世界の安寧のため」と考えていることや、彼の部下であったアンドリューは「我々は今この秩序でなければならない」と語っている。

このことから、約束を破ろうとする身内や、食用児を対処し約束を守るために動いている、といえる。


6.ピーターは女王にだけ失態をリークし、兵を動かしている


そして、先代ジェイムズによって引き起こされた脱走や、GPをバイヨンに使わせていたことなどから、ピーターは食用児たちを追うことができなかった。

それが露見すれば王家・五摂家から恨みを買い、争いが生まれる。すなわち調停役としてしてはいけないことをすることになってしまう。

ゆえに、彼らは脱走のことを知っているかのように動くことは不可能だった。


が、その前提で動く食用児の裏をかくように、ピーターは動いた。

女王にだけ脱走児の生存を報告し、それを捕まえ彼女にだけ渡す――そんな契約を彼女に持ちかけた。

そうであれば、鬼全体から恨みを買うことはなく、人間と鬼の戦争になることもない。

女王の利己的な性質を上手く利用し、彼女の兵を率いる権利を手に入れた。


その上で、王兵たちとともに食用児たちのアジトを捜索。

周辺で確認されているため、かなりアジトまで近づいていたことが明らかになっている。


というのが現在分かっていること。

このあたりをふまえて、アジトにいた食用児の行方や、ピーターたちの目的、とりそうな行動を考えていく。



Sponsored Link




アジトの食用児は何処へ行ったのか?

まずは、アジトの食用児たちはどこへ行ったのか?

これは、2つのパターンで変化してくるだろう。自分たちで逃げたのか、それとも王兵たちに襲われたか。

状況から見て、この2パターンが濃厚なので、この2つのどちらが有力か、というところからまず考えてみる。


1.自分たちで襲撃に気付き、アジトから逃げ出した


まずは、王兵たちが近づいているということに自力で気付き、逃げ出したというパターン。

この場合、何処へ逃げたのかは予測がしづらい。周辺状況等に関しては描写されていないからだ。


……しかし、このパターンは現実味が薄い。

何故なら、想定されていないパターンである可能性が高く、指揮できる人間も少ないということ。

今回の襲撃は、ノーマンにとっては完全に想定外であることは間違いない。

痕跡を真逆に残すことによってアジトの位置を偽装し、「近づかれない」という前提で彼はアジトを空けた。

そして、その彼自身が襲撃に驚き、更に「この状況はまずい」とも言っている。

つまり、まず間違いなく今回の襲撃に対応する準備はほとんどない。


そして、主戦力となるシスロたち幹部格もほとんどおらず、逃亡に慣れている食用児もほとんどいない。

GFの子供たちがいるが、何百といる食用児を全員統率できるとも考えづらい。


このあたりを考えると、自分たちから逃げるということができた可能性は非常に低いだろう。つまり……



2.ラートリーと王兵に襲撃され、殺された、あるいは連れ去られた


実際に襲撃を受け、彼らの手に落ちたと見るのが妥当だろう。

この場合、彼らによって殺されたか、何らかの目的で連れ去られたかのいずれかとなる。

殺すのであればその場で切り捨て動きを止めるのが自然。しかし血痕などは見当たらないため、連れ去られた可能性が高いだろう。



ピーター・ラートリーの目的と行動からアジトの食用児たちの行方を考察


では、一体どこへ連れ去られたのか?

これは、ラートリー家の目的や、とりそうな行動から考えるのがよさそうだ。

食用児の身柄をどう使うかということ、そしてどこへ向かうのかということが自然と見えてくるだろうから。

というわけで、その辺について考えていく。



ピーター・ラートリーの目的


これは一つほぼ確実なものがあって、「人間と鬼の約束(争わないという現在の秩序)を守り、人間の世界を守る」こと。

ラートリーの「人間世界の安寧のために」というモノローグや、今回の「秩序は守る。一族の名誉にかけて」という言葉から分かる。

モノローグで嘘はつかないだろうし、今回の策も秩序を守る以外の目的は考えづらいからだ。


前者はともかく、後者はどういうことか分かりづらいので補足する。

今回ピーターは、女王に命をかけて進言した。食用児はすべて女王に献上する、失敗すれば死ぬ。

その上で、フルスコアを献上することができれば何らかの報酬が得られるか?

……いや、そもそも身内の不始末を飲み込んで欲しいと女王に依頼している時点で、それはかなり考えづらい。

足元を見られるに決まっていて、基本的にはタダ働き同然。約束・秩序を守る以上に得られる利益はないだろうし、リスクも大きい。

だから、秩序を守るという意志がなければかなり取りづらい行動といえる。


ピーター・ラートリーが秩序を守るために取りそうな行動


ピーター・ラートリーが秩序を守るために動いているのだとすると、実際にはどんな行動をとるだろうか?

秩序を守るとはつまり、鬼と人間の約束を守るということ。要は、お互いに争わない状態を維持するということだ。

であれば当然、鬼側に喧嘩を売るわけにはいかない。実際そのために今回彼は、女王にだけ話をしたのだから。

そして、そうなれば女王にだけは逆らうわけにはいかない。食用児をすべて彼女のもとへ献上する。これは間違いないだろう。


では、彼の取るべき行動は簡単だ。

すべての食用児を確保し、王都にいる女王に秘密裏に献上する。

現在そのほとんどの食用児は確保できているが、王都へ攻め込んだエマたち主戦力を彼は確保しなければいけない。

逆に言えば、彼女らを確保することさえできれば後は王都へ行くだけである。


となると、ピーターの行動はエマたちを確保すること。そのためには確保した食用児を利用するのが効率的だろう。

彼らを人質にし、エマたちを殺す、あるいは身柄を拘束する。

ノーマンたちの居場所を探るため、食用児たちを拷問する。こんなところだろう。


また、情報を聞き出す際、王都進軍の件を知れば彼は助けに王都に戻る可能性が高い。

どの道王都へ行き食用児を献上する必要があるし、女王が死ねば秩序が乱れる。食用児の反乱と広まればすべてが崩れる。

それだけは彼の目的から見て避けたいだろうから、現在はアジトの食用児を連れ王都方面へ向かっている……と考えられる。



Sponsored Link



結論


アジトの食用児たちが何処へ行ったのか、ということを考えてみた。

状況から見て、アジトへ進軍していたラートリーや王兵たちが関係していると見ていいだろう。


そうなると、パターンは2つ。

アジトへの襲撃に気づいて逃げたか、あるいはそのまま襲撃を受けてしまったかだ。


基本的には、後者である可能性が高い。

ノーマンの様子を見ると、アジトは見つからないという想定で動いていた可能性が高く、見破られた今を「まずい状況」であると認識している。

つまり、見つかった際の動き方などについては決めていなかったのではないかと。


襲撃を受けてしまったのなら、アジトの食用児たちはどうなったのか?

今はまだ、死んでいる可能性は低いだろう。なぜなら、アジトに大きな血痕は残っていなかった。捕獲され、連れ戻されたと見るのが妥当かなと。


その上で、今はどこにいるのか?

これは、王都方面に連れ去られている可能性が高い。

というのも、ピーターの目的は「秩序を守り、人と鬼が争わないようにする」こと。

これはモノローグや、彼自身の行動からかなり濃厚だ。

で、今「鬼と敵対しない」ためには女王にすべての食用児を献上することが肝要。

であれば、捕まえた子供たちを人質にエマたちを拘束、王都にいる女王に献上する、という流れになる。

王都に彼らが向かっていたことを知れば、なおのことそちらへ向かうだろう。万が一女王が死ぬようなことがあれば、争いは不可避だからだ。


……その上で、今は女王が死んでしまっている。

こうなった今、ピーターはどうするのか? このあたりは、時間切れで考えきれず。配信や次回考えてみたいところだ。



おわりに











Sponsored Link