162話伏線・考察まとめ配信ログ(2019年12月23日放送)

前回(161話)の放送
161話伏線・考察まとめ配信ログ(2019年12月16日放送)






Sponsored Link



◆◆イザベラは何故生きていたのか?グランマになれた理由◆◆



本来、GFに大きな痛手を与えてしまった
→大失態で、処分されているはず……。

・イザベラ→優秀な飼育監
最年少で飼育監になって、上物の数がGF中で最多
最上物が3人出している
+謀略にも長ける

・グランマとは
飼育監を束ねる立場
→定時連絡で指示を出す、飼育監候補への教育
前任のグランマ→イザベラを育てた飼育監
→農園への貢献度で、グランマになれるか否かが決まるのでは

・イザベラはエマたちを逃してしまう
→最上物を含む15人を逃してしまって大損害
他のプラントではあのお方への御膳を用意できなかった
→本来は罰則があるはず

・イザベラは自分の行いを後悔していた
→ただ、愛せればよかった、とか。生きることを諦めたりとか
→グランマになるような心境ではなかったはず

・イザベラはグランマになっていた
→が、現在はグランマになっている


状況と心境から見て、イザベラは本来グランマになるはずがない
→許されざる失態+後悔


これは何故なのか?→分からない事が多いので、ざっくりしたところから
→自発的に生き延びようとしてこの道を選んだのか、あるいは農園や鬼によって生かされて今の地位にいるのか

◇◇自分でor生かされた?◇◇

1.自分で生きようと思った
エマを逃した時点で生きることを諦めていなくて、なんとか生き延びるパターンを探した、という説
単純に、失態が大きすぎて、自分から命乞いするような立場ではない
+グランマを蹴落とすのも、基本的に厳しい
+あの時点では生きることを諦めていたのがモノローグから分かる

2.農園によって生かされたパターン
→利用価値を見いだされて生かされた、みたいな
→単純に、イザベラが以上の飼育監がいない→上物の数が違うし、最上物を作る可能性も彼女が一番高い
じゃあ、最上物が逃げてしまって、商品の数すら、GFは減ってしまっている
そんな状態で、イザベラって人材を殺すのか?→絶対殺さないと思う

でも失敗したじゃん
→事実として、食用児を放置した結果逃げられてしまった
→イザベラが直接食用児と関わらないなら関係ない
→じゃあ、グランマとして飼育監のレベルを上げて、食用児と関わらないようにすれば全く問題がない

なので、グランマという立場に彼女を据えるというのは、農園から見るとむしろ自然


でも、イザベラは後悔してたよね?
大前提、農園によって生かされることが決まった→生きれるなら、これまで通り非情になるってのも自然
だけど、そうじゃない説を1つ考えたので、そっちもご紹介

◇◇イザベラはエマたちにグランマになったのではないか?◇◇

イザベラは、エマたちがまたGFに戻ってくると考えているはず
→彼女はエマの性質を理解している→全員を助けるはずと考える
なのに、フィルたちを残した+しかも、「フィルは事情を知ってる」ということすら把握している
→事情を話したフィルを置いていったということは、必ず助けに来るはず、とイザベラは判断できる
→もし、イザベラが今までの行いを後悔しているのであれば、エマたちの味方をしようとするはず

じゃあどう味方するのか?→イザベラはグランマになることによって、エマたちを助けることができる
a.イザベラを飼育監を教育する→教育レベルが上がる
→食用児のテスト点数が上がる→出荷が遅くなる
エマたちが戻ってくるまでのタイムリミットが長くなる

b.もしエマたちがGFに来たとき、内側手引きができる
→内側から撹乱することによって、エマたちが子供たちを助けることをアシストできる


イザベラは何故生きてグランマになっているのか?目的を考察



Sponsored Link




◆◆ピーター◆◆


目的がはっきりした
人間の世界の安寧を守る→そのために、鬼の世界の玉座・政権を奪い取る
→女王を殺した、脱走児たちを殺すことによって、鬼の信頼を得ることが最も政権に近い

調停役としてそれでいいのか?
→そもそも、反逆を止めれていない時点で調停役として職務を全うできてたかというと、微妙じゃないか?
でもまあ、反乱因子を潰して、事後処理もするならいいのか……?

◆◆大僧正・四賢者◆◆


仮死状態とか、それを邪血で生き返らせる、とか正直よくわからん、判断のしようがない

原初信仰に背く、農園って文化が認められた理由としてはそれなりに納得は行く
→お供え物みたいなのが、綺麗だったりしたのも納得





Sponsored Link