農園の鬼や職員が、エマたちをどう捕まえるのかを検討・考察してみた!

36話で、ついにエマたちが農園外からの脱獄に成功しましたね。

こうなることは、農園側は想定していなかったはず。


鬼たちがこの不測の事態に、どう対処するのか気になったので、

農園側の行動について、筋道立てて考えてみます!

いろいろ案を出していって、それぞれ論理的に検討し、

ありえそうなもの、全くありえないものと、分けて紹介していきますね。




Sponsored Link





目的・状況の確認


まずは、農園の職員側から見た、目的や、現在の状況を整理して、

考えるべきところを明確にしていきます。


目的



1.エマとレイの、フルスコア2人を生きたまま確保する


2.他の子供たちの頭部、脳も傷つけず確保する




農園側の目的としては、逃げ出した商品を、再び確保すること。

中でも最優先はやはり1のフルスコア2人。

「特上以外は殺しても構わん」、という鬼の台詞から、

エマとレイの2人に関しては生け捕りである必要があります。



ここから分かる、今後の彼らの行動に関わりそうなことは、

農園側は、「とにかく子供たちを皆殺しにする」という策は取れない

ということ。




その理由としては、

レイは3巻のオフショットで、「カメラを見たことがなかった」と語っていますから、

鬼側は、子供たちの写真をもっていません。

なので、ナンバーを見なければ子供を判別できないため、

それを隠されてしまうと、一気に手出しができなくなります。

そうでなくとも、例えば遠くから銃を打ちまくって動きを止めるなど、

無差別に殺してしまうような行動をしていては、

エマたちを巻き込んでしまう可能性がありますから、そういった行動は取りづらいですね。



ここで得られたヒント:子供たちを皆殺しにするような作戦はできない





状況



1.時刻は深夜。


2.子供たちがロープを使って崖を渡りきり、周囲の森へ逃げたことを、

イザベラが観測した。


3.発信機は壊されたり、耳を切除されたりで、機能していない。






ノーマンの策が実り、農園側にとってはかなりピンチな状況といえます。

そんな中で、農園側の希望となるのは2つ。



a.イザベラが逃げたところを目撃したこと


b.周囲の森にまだいること




この2つが、農園側の行動の鍵となります。

それぞれ、どういった行動が予想されるかを検討していきます。



a.イザベラが逃げた場所を目撃したこと

これは単純に、エマたちがどこにいるのかをある程度特定できる、ということになります。



逆に言えば、彼女が報告しなければ、鬼たちは橋を警備し続け、まんまと逃げられます。

ですが、イザベラが報告をすれば、彼女の命もまだ助かる見込みが生まれますから、

報告しない、という可能性は低いといえそうです。



ここで得られたヒント:子供たちの大まかな位置は、イザベラを通して把握できる




b.周囲の森にまだいること


周囲の森は子供たちにとって未知の世界である、という地の利。

整備されているハウスの森とは違い、

危険な動物がいてもおかしくありませんし、道に迷う可能性もあります。

速やかに脱出することは困難ですから、鬼を送り込んで間に合う可能性は十分にあります。



また、鬼側は森の構造を知っていそうです。

少なくとも、農園を設計するときに、周囲の森を見て、どこが橋に適しているかを確認しているはずです。

ここもまだ農園のテリトリーといえるでしょう。




ここで得られたヒント:周囲の森は、子供たちにとって未知の領域。

地の利は農園側にあるため、森を利用した作戦が可能。





Sponsored Link





実際にどう動くのか?



それではいよいよ、鬼たちが子供をどう捕まえるのかを考察していきます。

考えられる可能性を挙げていって、1つずつ有効かどうかを検討する、

というスタイルで紹介していきます。


僕が考えた策は、以下の通り。


1.鬼を森へ行かせ、子供たちの動きを捕らえる

2.外の人間に、捕らえることを依頼する

3.罠などで行動不能にする

4.森に危険な虫などが放ってある



1つずつ見ていきますね。



1.鬼を森へ行かせ、子供たちを捕らえる


まずは素直に、鬼が森へ向かって、子供を捕らえるという策。

単純ですが有効かなと思います。


鬼が持っている剣や鎌で足を攻撃すれば、

逃げられませんし、命を奪う心配もありません。


イザベラの報告によって場所の特定はある程度できますし、

森の中へ入っていく班と、外で待ち構えている班がいれば、取り逃す可能性も低いです。

本部から森までの距離も、車で移動すれば問題ないでしょう。



また、鬼のビジュアルも武器になるかなと思います。

今のところ鬼を目撃したのは、エマとレイのみ。

話で聞いているのと、実際に見るのとでは衝撃が違うでしょうから、

特に小さい子は気圧されて、動けなくなる可能性が高いです。



反論・弱点


気になるのは、この方法では、エマたちが身体を使った脅しを使えてしまいます。

「子供たちを話さなければ、メスで自分の脳を傷つける」のような一言で、無効化されてしまいます。


目的達成をしづらくなる可能性があるという点がネックで、

フルスコア2人を真っ先に確保する策がなければ、行いづらいです。

彼らが鬼ごっこで随一であることを考えると、現実的ではない、というのが僕の見解です。


1についての結論:

有効だが、フルスコア2人を最初に無力化する必要があるため、現実的ではない





2.外の人間に、捕らえることを依頼する


農園側はあえて動かず、外の人間にエマたちを騙して捕らえるように、

と依頼する
という策。

森を出たところで、

「なぜこんなところに子供が?逃げてるなら匿ってあげよう」など、

一般人を装えばできそうです。



脱獄が成功して、精神的に緩んでいるところを突けます。

また、生活基盤などには不安があるでしょうから、その問題を解消できる、と錯覚させれば、

捕らえることは可能かなと。



反論・弱点


まず、時刻が深夜のため、連絡がつく外の人間は少ないと考えられます。

かと言って人間の職員は、チップによって外へ出られないため不可能。


もし実現可能な人間がいたとしても、

外での行動は、エマとレイは慎重でしょうし、彼らの信用を勝ち取るのは至難の業かと思います。




2の結論:

時刻が深夜のため、やれる人間が少ないはず。

それでなくとも、エマやレイを信用させるのは難しいため、これはほぼありえない。




Sponsored Link




3.罠などで行動不能にする


例えば、頭を怪我しないような落とし穴や、催眠ガスをまくなど、

上手く行動不能に陥れるという戦略。

特に催眠ガスは、全員を簡単に無力化できるため、かなり有効かなと思います。



反論・弱点


あらかじめ罠を張っている場合、周囲の森全域にある必要があるわけで、

それはかなりの量で、現実的ではない
でしょう。

実際に行ってから罠を張るのであれば、時間が足りないでしょうから、

素直に捕まえに行った方がいいはずです。



催眠ガスは有効ですが、そもそも用意されている可能性が低いです。

用途が今回のように、崖を超えられたケースのみですからね。

橋を守る際も、人や鬼を配置せず、催眠ガス使うこともできたはずですが、

そうはしなかったので、ないと考えるのが自然かなと思います。




3の結論:

罠は時間的に無理がある。

催眠ガスも、ハウスには用意されていないと考えられるため、ほぼありえない。





4.森に危険な虫などが放ってある


毒を持った虫や蛇などを放ってある、という説。

これも3と同様、子供たちが身動きを取れないようにする策です。

子供たちは見たことないでしょうから、姿を見せるだけでも怯えさせ、

足止めが期待できそうです。



反論・弱点


決定的なのは、エマたちを襲うかどうかが不確定なところ。

森は広いため、出会うかどうかも不安がありますし、

襲うかどうかとなると、更に確率は低くなります。



それに、1人2人くらいなら全然問題なく、

背負って逃げることも可能かなと思います。



もしやっていたとしても、これだけに頼り切りというわけにはいかないので、

他の策と組み合わせて使うことが前提となるでしょう。



4の結論:

運の要素が大きいわりに、効果も小さい。

そのため、他の策との併用が必須。





まとめ



結論としては、

・外の人間を利用する
・森の罠
・毒を持った虫や蛇


この3つがほぼ不可能、あるいは効果が少ないと判断できます。

一方で有効な戦術は、

鬼が直接捕まえに行くことのみ
で、

それも脅しという一手でダメになります。



ということで、「鬼はもう詰んでいる」というのが僕の結論です!

脅しを思いつかないという一点に賭けて、鬼が森に行くしかないと思います。


対する子供たちの行動についても考えてみました。

エマたちの外へ出てからの行動を検討・考察してみた!






Sponsored Link