エマたちの外へ出てからの行動を検討・考察してみた!

エマたちはついに、農園の外へ出ることに成功。

ここからは完全に未知の世界なわけですが、

果たして未知の世界で、一体どんな行動をするのかがすごく楽しみ。



というわけで、子供たち側の次回以降の動きを考えてみようと思います!

条件や目的などのヒントをもとに、いろんな案を出していって、

それぞれ論理的に妥当かどうかを判断していきます!




Sponsored Link





状況・目的の確認


まずは、エマたちの状況と目的をまとめて、

ヒントを探っていきます。


状況


現在の状況を整理すると、こんな状態です。


1.5歳以上の子供15人がいる。

2.農園周辺の森へと脱出したが、イザベラにその姿を見られている。

3.食料や水、防寒具などはある程度もっている。

4.森や、その外側の世界に関しては、基本的には知らない。



脱獄に成功したものの、まだ追われる可能性が残っていて、

かつ、未知の世界という不利な条件が残っています。




ここでのヒント:

まだ完全に逃げ切ったわけではなく、追われる可能性がある。

更に、森や外のことは知らないことが多い。



目的


どちらも必要そうなので、

長期的な目的と、差し当たっての短期的な目標に分けて考えていきます。



最終目的:

2年以内に全プラントの子供を助け出す(農園を潰す)


この目的を達成するために、まずは外での生活を安定させ、

更には勢力を増やす必要があります
ね。

そのための差し当たっての目標は以下のようになります。



差し当たっての目的:

大きく分けると3つあります。

重要度順に並べると、


1.鬼から完全に逃げ切る

2.生きられる環境を見つける、あるいは拠点を作る

3.味方を確保する



このような順番です。

1つずつ詳細に考えてみますね。



1.鬼から完全に逃げ切る

まずは当然ながら、鬼に捕まらないように逃げ切る必要があります。

一時的に逃れるだけでは不十分ですから、

農園の力の及ばない、追手も手出しできないような場所、

あるいは彼らの予想外な場所
が理想です。



そう考えると、森の中に潜伏するのは無理そうです。

飼育監は心臓のチップで外へ出られませんが、鬼はその限りではないでしょうから。

農園近くの森なら、派遣隊を出して損がありません。

長期間潜伏することになると、

寝ている間など、隙を突かれやすいため、鬼に対抗することは難しいでしょう。


ここで得られたヒント:

鬼から完全に逃げる必要がある。

そのため、森に潜伏するのは賢明ではない。



2.生きられる環境を見つける、あるいは拠点を作る

続いて、15人が生きていけるような環境・拠点の確保です。

水や食料、防寒具は確保されていますから、

寝る場所と、雨風をしのぐ場所が必要ですね。

理想は屋根のある建物、妥協点は洞窟など。


ここで得られたヒント:

屋根のある建物など、雨風をしのげる環境・拠点を得る必要がある。


3.味方を確保する

すぐには難しいかもしれませんが、

状況の把握や、救出の補助など、いずれ確実に必要となります。


2の拠点の確保なども同時にできる可能性があるでしょうから、

急ぐ価値がありそうです。


ここで得られたヒント:

いずれは協力してくれる味方を確保する必要がある。

すぐに見つけるのは困難だろうが、

外の状況を知ることや、拠点の確保なども期待できるので、急ぐ価値もある。



Sponsored Link





実際どうするのか?


以上をふまえて、実際のエマたちの行動について考えてみようと思います。



今後の行動は決まっているのか?



まず考えるべきは、

今後の行動や目的地が定まっているかどうか

かなと思います。

これが決まっているかどうかで、行動が変わってきます。



これは普通に考えれば五分なんですが、

いくつかの描写から、

ノーマンはこの先のことも計画している、と考えています。


根拠

ノーマンが、脱獄後の動きも考えているという根拠は以下の2つ。


1.エマへの指示で、「大丈夫、逃げられる」と断言していること

2.「思いがけない品」のペンをまだ使っていないこと



それぞれ詳しく説明していきますね。


1.エマへの指示で、「大丈夫、逃げられる」と断言していること

16話でノーマンは、脱獄を3段階に分けています。


a.脱獄(塀を越える)

b.逃走(無事に離れる)

c.自立(安定した生活を築く)



こうして見ると、彼の言う「脱獄」は塀、そして崖を越えた時点で成功しています。

指示書に書いた「逃げられる」というのは、逃走の段階まで問題なく行える

ことと考えてよいのではないでしょうか。



2.「思いがけない品」のペンをまだ使っていないこと

同じく、エマへの指示が書かれた手紙で、

「思いがけない品も手にした」と書かれています。

そのコマには、シスターからの鍵型に加え、「B 06-32」のペンが描かれています。


ここまでの脱獄ではこのペンは使われていませんが、

35話でエマが持っていることからも、今後の計画に関わる可能性は高い。

つまり、ノーマンの計画にはまだ続きがあると考えられそうです。



今後の行動計画が決まっているかどうかの結論:

ノーマンの表現や、ペンをエマが持っていることから、

外へ出てからの行動も決まっている可能性が高い。




Sponsored Link





ではその計画とは?



どこかへ逃げる計画ということで、

目的地と、そこまでどうやって行くのかという2点を考えていきます。

いくつか案を出して、それについて妥当かどうかを判断していきますね。



目的地


いくつか考えてみましたが、

これはペンやモールス符号の謎について、再考する必要がありそうです。

それらの謎については別で記事を書いていますので、

今回はあくまで、予想できる範囲で候補を挙げ、

現実的なものはどれか、
ということを考えていきます。


考えられるのは、以下の2つ。


1.ウィリアム・ミネルヴァの本拠地

2.近辺の街



それぞれ検討してみます。



1.ウィリアム・ミネルヴァの本拠地

本命は、ウィリアム・ミネルヴァの勢力内。

外で子供の味方で、なおかつ、ペンなどからノーマンが察知できる存在となると、これくらいかなと。


2巻のカバー裏にて、「promised B 06-32」と、

ペンとモールス符号の関連性が示唆されています。

そのため、W.M=ウィリアム・ミネルヴァである可能性も高い。

子供たちにメッセージを送っていたミネルヴァなら、逃げるべき場所を示していてもおかしくない、

という判断です。



ペンを落とした男は本部にいたということで、それなりに近くに本拠地がありそうです。

なので、子供たちだけでも逃げ切れる可能性は十分あるんじゃないかと。



反論

ペンとモールスの謎が、

脱出した先のことを示しているのかは、やはり解かない限り不確定。




目的地がウィリアム・ミネルヴァの本拠地かどうかの結論:

ペンとモールスの謎をしっかりと解く必要があるが、

最も安全で、最終目的にも繋がる、有力な選択肢。



2.近辺の街


ひとまず近くの街へ行き、身を隠すという選択肢。

少なくとも、農園周辺の森で身を隠すよりは、追われる可能性は低い、と判断できます。


反論

急に街へ行っても、生活基盤の確保は難しいですよね。

お金はないですし、そもそも人間はいない、あるいは奴隷扱いかもしれないですし。

更に、近くなら農園の鬼が追ってくる可能性もあります。



目的地が近辺の街説の結論:

行っても、生活基盤の確保は難しい上、

人間が不利な状況かもしれないため、ほぼありえない。





目的地についての結論:


ほぼウィリアム・ミネルヴァの勢力に行くしか選択肢がない。

それについて知るには、ペンとモールスの謎を解く必要がある。



どうやって行くのか?



続いて、どうやって行くのかについても考えてみます。


選択肢は2つ。



1.夜のうちに歩いて行く

2.外の人間に助けてもらう




1.夜のうちに歩いて行く

まずは素直に、夜のうちに歩いて目的地まで行く、という説。

暗いうちに逃げたほうが当然見つかりづらく、途中で捕まる可能性が低いです。

ナンバーや顔も隠しやすいため、もし出くわしても、鬼側は手が出しづらいです。



反論

しかし、体力の問題があります。

5~11歳で、しかも今まで規則正しい生活を強いられていた子供たちに、

徹夜で目的を目指せというのはなかなか酷。



夜のうちに歩いて行くかどうかの結論:

見つかりづらく、早い段階で農園を離れられるため有効。

しかし、体力的に難がありそう。



2.外の人間に助けてもらう

何らかのサインを出して、救助を待つなり、

ヒッチハイクなどをして農園周辺を離れるなど、

他の人間に助けてもらう、という説。


道に迷わず目的まで行けるというのが魅力的です。

ヒッチハイクなら車で行けるため、歩くよりもずっと早いのもいいですね。



反論

さすがにちょっと、不確定要素が多いですね。

深夜に助けてくれる人がいるかも分からないですし、

サインを出すと鬼に気づかれかねません。



外の人間に助けてもらうことへの結論:

可能であればかなり有効だが、

不確定要素が多く、ほぼ不可能。



目的地に行く方法についての結論:


現時点では、夜のうちに歩いて目指すことのほうが、

不確定要素が少なく有力
と考えられる。



まとめ


今後の子供たちがとる行動の結論としては、

「ウィリアム・ミネルヴァの本拠地に向かって、夜のうちに歩いて向かう」

というのが、現段階では一番有力そうです。



考えているうちに、やはりペンとモールスについては、

再考する必要があると感じた
ので、改めて考察を書きました。

ペンの「B 06-32」と蔵書票のモールス符号が何を示すのかについて考察






Sponsored Link