イザベラは殺されてしまうのか?今後どうなるのかを検討・考察

脱獄を見逃したとなると、イザベラがどうなるのか気になるところ。

彼女が生き残るのかどうかは、今後の展開にも関わってきそうなので、

それについて考えてみた。


Sponsored Link




現在の状況


まずは今どういった状態なのかを確認し、農園側の対応を考えてみる。


儀祭に出す予定だったフルスコアと、上物含む子供たちを逃してしまった。

イザベラは子供たちを追うことを放棄し、ロープなどの痕跡を処理した。

そのため、鬼たちはしばらく、子供たちが外へ出たことに気付けない。



要約すると、こんな感じ。

1.最も価値のある商品を失った

2.農園側はそれに気付けない

3.イザベラは子供たち側についた




農園としてはどう対応するべきなのか


かなりの損失であることは間違いない。

鬼がかなり重要視しているとみられる、

儀祭へ捧げる子供が消えたため、取り逃がすことは許されないはず。

そこで農園側が取れる選択肢を考えてみる。


1.レイとエマを取り戻す

2.ノーマンを捧げる

3.他の子供をフルスコアに仕上げ出荷する



この3つかなと。


1.レイとエマを取り戻す


単純明快。そのまんま。

しばらくは農園内を探すだろうが、既に外へ出ていることをを考え、

外を探す可能性もあるかなと。


2.ノーマンを捧げる


2ヶ月以上経っているため、既に出荷している可能性は高い。

しかし、なんとかして買い戻すことも可能かもしれない。


また、まだ殺していないということも考えられる。

満期出荷ではないため、満期になるまでハウスから隔離しただけ、

ということもあるかなと。


3.他の子供をフルスコアに仕上げ出荷する


他のプラントでは実りがよくないようだが、

それでもある程度は見込みのある年長の子供はいるはず。

なんとかスコアを上げさせることで、代用品とする。


どれも確実とは言えないため、かなり苦しい状況といえそう。



Sponsored Link




イザベラをどう処理するか


さて、そんな中、イザベラをどうするか。

多大な責任があり、殺されても文句が言えないのは間違いない。

とはいえ、彼女の価値を考えると、単純に処分する可能性も低いように考えられる。


イザベラの価値とは何か? それをどう利用するか



1.フルスコア、上物を育てたという事実、そしてその技術

2.逃げた子供たちの行動パターンを把握していること

3.レイの母親であること

4.第3プラントの子供を育てていたこと

5.優秀な頭脳を持っていたこと




それぞれ、どう利用できるのかを考えてみる。


1.フルスコア、上物を育てたという事実、そしてその技術

飼育監の教育係、あるいは補佐付きで子供たちの勉強係として利用


本命だと考えている。

フルスコアを作り出すノウハウを他の飼育監に伝える、または直接子供を育てることで、

今後の利益を出す見込みを増やし、かつ儀祭での代用品を賄える可能性が出てくる。



生き残ったところで、この期に及んで農園に協力するのか、という疑問はある。

しかしこの場合、子供たち側に傾いたイザベラにもメリットが存在する。

それは、「教育が上手くいけば、子供たちの出荷は遅くなる」ということ。

彼女の場合、「エマたちがフィルを置いていった意図」を汲み取ることも可能なはず。

あのエマが、年少組を見捨てるはずがない、

4歳以下はまだ安全、というところから、今後助けに来る可能性も考慮できるだろう。

となると、被害を最小限に抑えつつ、なおかつ内通者として脱獄の手助けもできるようになる。



結論

農園、イザベラの双方に利益があり、有力な選択肢



2.逃げた子供たちの行動パターンを把握していること

子供たちを追うのに協力させる


少なくとも5年以上の付き合いがある子供たちで、

頭脳となるレイやエマは11年以上見てきたとなると、

彼らの行動パターンを知っている重要人物といえる。逃げられたが。



イザベラが子供たちの手助けをしたことを農園側はまだ知らないため、

捜査に協力させられる可能性は十分ある。




しかしこの場合、イザベラは協力せず、

しらばっくれるか嘘をつくかだと考えられるので、処分は免れない。


結論

そこそこありえる。が、イザベラは生存しない。



Sponsored Link





3.レイの母親であること

人質に使う


先の話にはなるが、レイやエマを見つけることができた際に、

彼女を処分する、といえばある程度の脅しとして利用できる。



反論

しかし、イザベラから逃れて脱走した時点で、

彼女との決別は済んだ、と考えている可能性は十分あるし、

それは農園側も想定できるため、この路線で利用するのは厳しそう。


結論

人質としての利用価値は低いため、考えづらい




4.第3プラントの子供を育てていたこと

引き続き、残されたプラントの子供を育てる


残された子供たちは、新しいママがくることに不審感を覚えるだろうから、

それを嫌って、引き続き育てさせる、という消極的な利用方法。

もちろん、脱獄されたという前科があるため、補佐がつくことになると考えられる。


反論

ハウスが燃えた今、子供たちは他のプラントに移る可能性の方が高い。

ハウスを建て直すには時間もかかるし、

その間の生活は、4歳以下の子供には厳しいものがある。

また、肝心のテストができないため、品質も下がるだろうから。

その場合、一度に同じプラントに押しかけるとそれはそれで違和感があるので、

いくつかのプラントに分かれることになるだろう。

それなら、イザベラが彼らを育てることはできない。



結論

子供たちは、何人かに別れて、

他のプラントに行く可能性が高いため、考えづらい。




5.優秀な頭脳を持っていたこと

食用として、収穫する


普通にいけばこうなる。

若い脳ではないものの、飼育監になれたんだから、ある程度の価値はありそう。


結論

普通に行けばこうなる



まとめ


イザベラへの処遇の結論としては、

・フルスコアをつくるための教育係となる

・子供たちを追うのに協力させる

・普通に収穫されて食べられる


この3択かなと。


教育係となるというのが、個人的には綺麗かなと思う。

エマたちの計画は楽になるだろうし、

農園側としてもリソースを無闇に消費しなくて済むだろうから。





Sponsored Link