エマ、レイ、トーマ、クリスティ以外の子供たちはどこへ?消えた原因を考察

今週は色々新しい謎が出てきて、なかなか考察しがいがありそう。

まず気になるのは、ドンやギルダなど、消えた子供たちの行方。

農園の追手である可能性が高く、敵の戦力や性質が見えてくるかもしれないので、

ここから考えてみる。



Sponsored Link




現状の整理・確認


まずはどんな状況かを確認し、ヒントを探ってみる。


場所


大きすぎる木に囲まれた原生林。

猛獣の足跡や、爪痕、フンは見当たらない。

木を見上げたコマで、「ピチチチ……チュン……チチ……」と鳴き声らしき音がしているため、

何らかの生き物は生息していると考えられる。

レイは木の根付近で、何かが動いた気配を感じた。

また、子供たちが消え去った場所付近には、木以外のものは見当たらない。



状況



トーマが振り返ると、ラニオンがいなかった。

襲われたわけでも、はぐれたわけでもなく、急にいなくなった

(このとき、トーマの前にはマルクとイベットがいる)。

エマとレイが気づいたときには、既にドンやギルダたちもいなくなっていて、

残されたのはエマ、レイ、トーマ、そしてクリスティの4人だけだった。


◆◆ヒント◆◆


ヒントになりそうな要素としては、以下の通り。

1.動物の足跡や爪痕はない

2.音や声が出なかった

3.鬼が「辺り一帯」へ通知を出した




1.動物の足跡や爪痕はない

少なくとも、足跡がつくような動物はいない。

逆に言えば、地面に足がつかない動物に関しては、今のところ否定しきれない。


2.音や声が出なかった

悲鳴や物音が出なかったことはほぼ間違いない。

声を出す間もなく連れ去られた、

あるいは声が出ないように連れ去られたなど、ある程度方法は限定できそう。


3.鬼が「辺り一帯」へ通知を出した

子供たちが消えた原因は、鬼の指示によるものである、と推測できる。



以上をもとに、いくつか説を考えてみる。



Sponsored Link




子供たちが消えた原因


考えてみた結果、思いついたのは以下の3つ。


1.鳥などの動物

2.木などの植物

3.農園による罠




それぞれ詳しく考える。


1.鳥などの動物


木を見上げたときの、「ピチチチ……チュン……チチ……」

という音は、鳥の鳴き声なのではないか、というところから考えた。

鳥であれば、少なくとも足跡はない。


また、飛ぶのが速い鳥であれば、

一瞬でエマたちの目につかないところまで連れて行くのも、ありえなくはないかなと。


◆◆反論◆◆

羽音や、襲われた際の悲鳴が気になる。


2.木などの植物


2つ目は、木や花が動いて、子供たちを捕らえた、という説。

森に慣れてきて、油断してるところを異常に太い根で首をしめたり、

あるいは花粉などで眠らせたりすれば、とりあえず声を出せない状態にできる。

その後、木や花の中に取り込んでしまうなり、

根を動かして他の場所へ運んでしまうなりして、エマたちから引き離すこともできるだろう。


◆◆反論◆◆

花粉の場合、エマたち4人に効かなかったのが気になる。

体質、といえばそれまでかもしれないけど。


3.農園による罠


あらかじめ仕掛けられていた罠である、という説。

脱走、また逆に侵入者などを防ぐため、あってもおかしくはないかなと。

見たところ、歩いていた場所はそう変わらないようですから、

少なくとも落とし穴ではないかな。

網で引き上げるような罠が一番、子供たちがどこにいるか分からないという状況に合ってるかな。


◆◆反論◆◆

マルクやイベットもいなくなったことを考えると、

その後ろにいたトーマが気づかない、というのは無理がありそう。



結論


今のところ、木などの植物が、子供たちが消えた原因としては有力。


これまでも、鬼と植物の関係については、気になっている事が多かった。

これまでの描写を振り返って、その関係性も考えてみる。



Sponsored Link




鬼と植物との関係



関係がありそうと感じたのは、以下の要素。

1.鬼の身体

2.儀程の花



1.鬼の身体


気になったのは、今回出てきた森の木が、

鬼の身体に非常に似ているように感じられる
こと。

筋肉の感じなんか、幹に見えるし、根は7話にいた、とぐろまいてる鬼に見える。


ここから、鬼は意志を持った植物が、更に進化した姿なのではないかと思う。

それが、人間の養分を吸って進化したものだと考えると、

農園の運営は、鬼の生殖、あるいは進化が目的なのかも。


2.儀程の花


儀程の際に刺される花は、23話を見るに、刺されたことによって開花している。

これも、人間の身体から養分を得ることが目的と考えることができる。



クローネとコニーの花を比較すると、クローネのほうがより綺麗に、大きく咲いているように見える。

花を刺すのは、どれだけその人間から養分を奪い取れるのかを試している、と考えられそう。



結論


意志を持った植物が存在するならば、

鬼がその進化系、という可能性も見えてきた。


この相互性はなかなか説得力がありそう。



まとめ


子供たちがどうして消えたのかを考えてみた結果、

有力なのは、意志を持った植物が彼らを連れ去った、という説。


そこから発展して、鬼が植物から進化した姿

という発想も出てきた。

どちらもなかなかありそうで、考えていて楽しかった。






Sponsored Link