鬼の訓練の目的について考えてみた

44話で、レイのことを追っていた鬼たち。

あくまでレイの感覚ではあるが、どうやら鬼は獲物を追う訓練をしているらしい。

今回はその目的について、軽く考えてみた。

考察勢の考えるきっかけになればと思っている。


Sponsored Link




どんな訓練を受けているか?


まずは描写から、どんな訓練かを確認してみる。

特徴的なのは以下の点。


・獲物を囲うように追う

・無駄のない計算された、訓練を重ねて鍛えられた動き

・どんどん道を奪われていく、抜け道を何度作ってもすぐ封じられる

・群狼の陣なるフォーメーションがある





◆◆所感◆◆


群狼の陣、というフォーメーションがあることから、

ほぼ確実に訓練を受けているな、とは思った。

必要がないなら、こんなフォーメーションは習得しないはずだから。



Sponsored Link




群狼の陣



また、群狼の陣に関しては、群狼作戦(戦術)という作戦を、

ドイツ海軍が実際に行ったんだとか。

1隻が標的の進行方向で待ち伏せし、

標的がその海域に侵入次第、包囲陣形をとる
、という作戦。

狼の狩りに似ていることから、この名前がついた。



鬼たちがとった、群狼の陣も、

レイに対し、同じような動きをとっている
ように見える。

ここから考えられるのは2つ。


1.群狼作戦がネバーランドの世界でも行われ、それを模倣している

2.狼の動きを模倣している



1の場合、現実世界の延長線である可能性が出てくるが、

その場合、普通に「群狼作戦」と言いそう。

なので、どちらかというと、狼の動きを模倣している、

というだけの可能性が高そう
かな。




Sponsored Link





目的は?


何かを追う、というのは間違いないが、

一体何を追うのか、について考えてみる。


1.脱走した子供

2.動物

3.外の人間

4.鬼

5.鬼以外の謎生物



それぞれ考えてみる。


1.脱走した子供


農園から脱走する子供を追うための訓練、という説。



まあなくはないが、これは基本的にレアケース。

警報が鳴っていないことや、警備が甘いことから、

これまで脱走されていないはず。

なのに、そんなレアケースのためだけに、訓練を重ねるだろうか?

もちろん高級品だからありえるかもしれないが、

それならもっと警備を強化するべき。

個人的には、他にも目的があると考えている。




2.動物


動物を狩るために訓練をしている、という説。



ただ、普通の動物を狩るためだけに、そこまで訓練を重ねるか、

という疑問はある。

レイを追う時とは違って、全力を出せるし、武器だって使えるのに。



3.外の人間


農園で収穫する以外にも、人間を襲っている、という説。

とりあえず否定する材料はない。




4.鬼


逆に、鬼同士での争いもあるのではないか、という説。

農園内の鬼は争う素振りはないので、現状可能性は低い。

外にも鬼がいて、鬼も一枚岩ではない、みたいな状況ならあるかも、といった感じ。




5.鬼以外の謎生物


吸血樹のように、外特有の生き物を狩っている、という説。

どんなのがいるかわからないので、ちょっと考えようがない。

可能性はあるかもね、ぐらい。



まとめ


とりあえず、訓練してるかも、という描写から、軽く考えてみた。

分かったのは、群狼の陣が、群狼作戦と似てるかも、

ということと、追ってそうなのは5パターンくらいかな、ということ。







Sponsored Link