鬼は何故、鬼の言語を普段から使わないのかを考えてみた

44話で、レイを追う鬼が、陣形を組む際に、

鬼独自の言語と思われる言語で指示を出していた。

以前から、鬼の上位存在を指していそうな、


(C)白井カイウ/出水ぽすか

など、鬼の言葉っぽいものは仄めかされていたが、

実際に鬼が、それ以外で話しているのはおそらく初めて。




今回は、なぜその言語を、鬼は普段から話さないのか?

という疑問が出てきたので、それについてちょっと考えてみた。



Sponsored Link




鬼の言語について整理


現在、鬼の言語っぽいのが確認できるのは、以下の描写。


1.鬼の上位存在(7話、21話)

2.コニーの入っている瓶と、それについてるタグ(1話)

3.レイを追う時の指示(おそらく群狼の陣を指示している、44話)





1と2だけ見ると、儀程や儀祭などが関係していそう。

なので、神聖なものを扱うときの言語なのか、と考えていたが、

今回の、作戦指示に使っているため、

どうもそういうわけではないかもしれない。




Sponsored Link





なぜ普段から使わないのか?



とりあえず、どんな可能性があるのかを考えてみた所、

以下の4パターンが思いついた。


1.追ってる鬼が、指示を出す鬼とリーダー鬼以外、人間の言語を使えない

2.人間の言語に慣れるため

3.人間の言語の方が便利だから

4.儀式的なときのみ使う



それぞれ詳しく考えてみる。



1.追ってる鬼が、指示を出す鬼とリーダー鬼以外、人間の言語を使えない


まず、他の鬼は、逆に人間の言語を喋れないから、

鬼の言語で指示を出した
、という説。


◆◆反論◆◆


挙げといてなんだが、これはほぼありえない。だって、前のページで、

「しぶといな」「もうじきバテるでしょ」みたいな会話してるし。




2.人間の言語に慣れるため


続いて、人間の言語に慣れるため、という説。

農園の運営には、人間と関わることが不可欠なわけで、

そのためには人間の言語を使える必要がある。

だから、人間の言語で喋ることを義務化、あるいは推奨しているのではないかと。




3.人間の言語の方が便利だから



単純に、人間の言語のほうが便利だから、という説。

例えば、鬼の言語は原始的で、現代的・知能的な会話に向かない、みたいな。

逆に狩りなどの際は、シンプルに意思疎通ができるため、

指示に鬼の言語を使ったのではないかと。



もしそうなら、鬼は野性的な生き物から、

徐々に知能を得ていった
、という可能性がありそう。

野良の下等種みたいな鬼もいるわけで、今のところなくもないといったところ。





4.儀式的なときのみ使う


上位存在らしきものの名前や、儀祭などに関係がありそうなため。

狩りも儀式的な意味合いがあると見れば、

レイを追う時に使っていたのもやっぱり納得できるかなと。

儀祭、儀程など、食事に関わるものが神聖な扱いっぽいので、

狩りもまあ、なくはないと思う。





まとめ


以上、なんで普段から鬼語で話さないのかについて考えてきた。


可能性として今のところ有力なのは、

人間の言語に慣れるため説と、

人間の言語のほうが便利という説と、

儀式的なものや、神聖なものを扱うときに使う言語、という説



他にもあるかもなので、今度もうちょっと考えてみる。







Sponsored Link