44話の馬みたいな生き物は何か考えてみた

44話で、レイを助けたキャラが乗っていた、馬のような生物。

なんなのか分かれば、そのキャラについても見えてくることがあるかもなので、

あれが何なのかを、軽く考えてみる。



Sponsored Link




特徴


まずは、特徴的な点を挙げていく。


1.たてがみ(髪っぽい)

2.6本足

3.角(1本?)

4.尻尾

5.葉っぱのような足

6.浮き出た体の骨

7.首輪のようなもの(乗ってるキャラにも、似たようなものが首元に)

8.空洞になっているように見える首




◆◆所感◆◆


まあやっぱり、実質1ページだけでは、情報が少ないな、という印象。

あと、レイを助けたキャラの考察で、

鬼に似てるかも、と書いたけど、冷静にこうしてみると共通点はむしろ少ないかな。



Sponsored Link





一体何なのか?



じゃあ実際なんだろう、というのを考えていく。

思いついたのは以下の4パターン。


1.森の生き物

2.鬼

3.植物の発展した姿

4.人間が変化した姿



それぞれ考えてみる。



1.森の生き物


普通に、森や外に住んでる、そういう生き物という説。

当然否定する要素はない。


2.鬼


鬼の一種である、という説。



6本足、尻尾などの特徴が、野良鬼に似ていることと、

植物っぽい見た目が鬼と共通している。

一口に鬼と言っても、いろいろ種類がありそうなので、

ありえないとは言えないかな。



◆◆反論◆◆

しかし、鬼と似ていることを根拠にするには、

違う部分も多いので、個人的にはそこまで有力には感じない。



例えば角。

これは、農園の鬼の角は仮面についているものだし、

野良の鬼にはついていない。

そして、鬼には指がはっきりとした形であるが、

この馬のような生き物にはない。

更に、馬の足は、前足側に4本寄っているが、

野良の鬼は後ろ側に4本寄っている。



ので、まあ、ちょっと考えづらいという印象。




3.植物の発展した姿


そして、その見た目から、植物が発展して、

動物のようになったのではないか
、という説。

吸血樹のように、ファンタジー植物がいるかもなので、なくはないかと。



◆◆反論◆◆

前足が葉っぱのように見える、以外の根拠があまり思いつかない。





4.人間が変化した姿


髪の雰囲気などから、人間が変化して、馬のようになっている、という説。

もしそうなら、鬼も人間が変化した姿かもしれない。




◆◆反論◆◆

同じく、髪以外の根拠が思いつかない。

あと、仮にいくら便利だとしても、人間が好き好んで、こんな姿になるだろうか。

嫌々この姿に変えられたのなら、人に乗られるのも拒絶するはずだし、

ちょっと考えづらい。




◆◆結論◆◆


今のところ、森に住んでるこういう生き物、という説が無難に有力かなと。

その他の説は面白いけど、さすがに根拠が希薄。




Sponsored Link





乗ってるキャラとの関係は?


ついでに、乗ってるキャラとの関係性を考えてみたところ、

普段から乗られている可能性が高そうで、飼われているのではないか、と考えている。

その根拠は2つ。


1.首輪

2.武器を持ちながら乗っている



1.首輪


まず、首輪のようなものがついていること。

これは、馬自身でつけられるものではないはず。

それに、位置的に手綱のような役割を果たしていそう。



2.武器を持ちながら乗っている


そして、武器を持ちながら乗っている、

もっというと、乗ってるやつが乗り慣れていそう、という点。

武器を持ちながら、レイのいる場所へ向かわせて、

片手でレイを助けながら乗る、というのは、

日頃から乗っていないと難しいと思われる。



◆◆所感◆◆


森に住んでる生き物だと仮定すると、

乗ってるキャラは、手懐けられるくらいの期間は、森にいたといえそうかな。

まあ、森よりも外からきた、という可能性はあるかもだけど、

それなら森の外にもこういう生き物はいる、といえそう。




まとめ



以上、レイを助け出したやつが乗っていた、馬のような生き物について考えてみた。


現状の結論としては、

森や外に住んでる、そういう生き物で、

鬼や植物、人間の変化した姿ではなさそう、というもの。

乗ってるやつに飼われている可能性も高そう。








Sponsored Link