鬼は人間の進化した姿説を検討・考察

今回ムジカやソンジュたちの顔が明らかになって、

かなり人間に近いな、と感じた。

もしかしたら鬼は人間が進化、あるいは変化した姿かも、

と考えられたので、それについてまとめてみる。



Sponsored Link




根拠


僕がなぜそう感じたのかという根拠を挙げていく。


身体的特徴



まずは、身体の特徴について。

考えられるのは以下の通り。


1.ムジカたちの顔

2.髪

3.声帯


それぞれ見ていく。


1.ムジカの顔

まず、ムジカの顔がかなり人間に近いことが、

かなり大きな要因。



鼻や口を露出しているが、

1話の農園鬼や野良の鬼のように大きくなく、

人間とほぼ同じ形となっている。




2.髪

続いて、ソンジュやムジカたちには、他の鬼には確認できない、髪の毛がある。

これもかなり人間に近い。



また、ムジカに至っては、髪を三つ編みにしている。

利便性を考えるのであれば髪なんて切るはず。

単に見た目を気にしているのであれば、かなり人間と近い感性かなと。

もちろん、宗教的な意味合いがあって伸ばしている、という可能性もあるが。




3.声帯


鬼独自の言語と考えられる、

は、クローネがとりあえず発音できている。

ということは、人間には発音できない音ではないということで、

更に言えば、人間と鬼の声帯はかなり似たものと考えられる。




Sponsored Link





文化的・知能的特徴


続いて、鬼の文化や知能について。


1.料理

2.言語

3.その他知能や文化のレベル



それぞれ見ていく。




1.料理

子供たちにスープを振る舞っていたが、

料理をしている、というのがポイントかなと。

調理器具や食器もあるようで、普段から料理をする習慣があるらしい。

食べるだけならば、野良の鬼のように、丸呑みでも問題ないはずだが、

わざわざ料理をするというのは人間的だなと。

スープの見た目も人間がつくるものにかなり近く、人間の文化を継いでいると考えられる。




2.言語

農園の鬼も、ムジカたちも、

普段人間の言語を使っていることから、

人間から変化していったのではないかと。




3.その他知能や文化レベル

これらに加えて、鬼の知能が人間と大差がないことも気になっている。

人を食べることと、身体以外に鬼のすごいところって、今ところ実はない。



知能レベルは、農園の鬼がレイを追っているときに、

レイに「イザベラとチェスをしている感覚」と思わせるくらい。

すごいけど、人間離れしているわけではない。



そして、文化的にも、洞窟のような場所に住んでいたり、

農園も普通に科学技術の発展で説明のつくレベルの仕組みしか、

今のところ見られない。



ということは、鬼は人間が知能レベルをそのままに、

変化した姿なのではないか
と考えた。



もちろん、人間と同レベルの知能を持った生物、という可能性はある。

ただ、2015年以降に現れた、という説を真実だとすると、

今度は30年そこらで、文化が発展し過ぎかなと思う。




Sponsored Link





まとめ



鬼が人間から変化した姿では、という説を考えてみた。

身体的特徴や文化的特徴を見るに、

けっこう共通点が多く有力そう
かなと。

妥当かどうかの検討も今度してみようと思う。



関係のありそうな考察はこちら。

新たな根拠が見つかるかも。

鬼=植物の進化した姿という説を検討・考察

鬼は何故、鬼の言語を普段から使わないのかを考えてみた

鬼の訓練の目的について考えてみた






Sponsored Link