人間と鬼の約束の詳細を考えてみた

人間と鬼が、世界を棲み分けるという約束。

ちょっとこれだけだとざっくりしていてよくわからないので、

詳しいことが分からないか、約束の詳細を考えてみた。



Sponsored Link




どんな約束か?


まずは、明らかになっている情報を整理していく。


背景


かつて、鬼が人間を襲い、食べていた。

鬼を恨んだ人間は、食われるよりも多く鬼を殺すようになった。

お互いに嫌気が差したころ、人間が提案をした。


約束の内容


人間は”鬼”を狩らない。

だから”鬼”も人間を狩らない。

お互いに世界を棲み分ける。



結果


人間と鬼の世界は断絶され、行き来が不可能に。

人間を狩らないため、農園で人間を管理・養殖している。

農園で飼われている人間は、鬼の世界に置いて行かれた、

人間による土産。


……というのが、ソンジュの視点から見た約束。

実態を考えるため、もうちょっと詳しく考えてみる。



Sponsored Link




実態は?


考えるべきは、以下の2点かなと。


1.お互いにどんなメリット/デメリットがあるのか?

2.破った場合のペナルティは?



それぞれ検討していく。




1.お互いにどんなメリット/デメリットがあるのか?


基本的には、お互いが安全な世界を作る、ということ。

そこを踏まえて、それぞれのメリットとデメリットについて考えてみた。


a.人間

◆◆メリット◆◆

鬼に襲われなくなる


◆◆デメリット◆◆

一部の人間を犠牲にする

農園の運営の補助(人間を育成するノウハウ・技術の提供)




b.鬼

◆◆メリット◆◆

人間(食料)の安全な供給

質の良い人間を食べることができる



◆◆デメリット◆◆

食べる人間の数に制限がかかる

人間を管理する必要がある(繁殖するまで待つ、伝染病などのリスク)






所感


鬼としては食料がかかっているため、

人間側は犠牲を出してでも、

鬼側のデメリットを解消するような条件を提示している
、といった感じ。


農園の運営の補助は必要だろうから、

やはり実際には2つの世界を行き来ができる人間がいる可能性が高い。


また、伝染病などのリスクがあり、それらに対する対策も考えられているはず。

有力なのは、病気などで食べる前に死んでしまった場合、

人間の世界から補充ができるようにしている、など。

そういったパターンも考えると、やはり行き来ができる可能性が高そうかなと。




Sponsored Link





2.破った場合のペナルティは?


そして、この約束では何をしたらアウトで、

どんなペナルティがあるのかも考えてみる。


a.どんなときにペナルティが与えられるか?

基本的には、それぞれの世界に危害が与えられたとき

また、約束によって提供されている利益がなくなったとき、と推測できる。

それぞれ詳しく検討していく。


◆◆人間◆◆

・人間世界の人間が襲われたり、連れ去られたりしたとき


◆◆鬼◆◆

・鬼の世界の人間の救出などが行われたとき

・農園への補助が行われなくなったとき


こんな感じかなと。



b.どんなペナルティを相手に与えるか?

それぞれが上記のように、約束を反故にされた場合、

相手にどんなペナルティを与えるのか、というところも考えてみる。



◆◆人間◆◆

・人間世界の人間が襲われたり、連れ去られたりしたとき

鬼の世界への攻撃や、農園の運営システムの停止


◆◆鬼◆◆


・鬼の世界の人間の救出などが行われたとき

人間世界への攻撃や、代わりの人間の要求


・農園への補助が行われなくなったとき

人間世界への攻撃





所感


思ったよりも、気の利いた報復が思いつかなかった。

大体において、約束を破った瞬間、一方への攻撃が行われそう。

となると、道は閉ざされてるというが、

ぐにでもお互い行き来ができるような環境といえそう。



ただ、鬼側としては、この約束はまあまあ美味しい状態なので、

できることならこの状態を維持したい、と考えるかも。




まとめ


人間と鬼の約束について、ちょっと深く考えてみた。

狙いとしてはやはりお互いの平和で、

構造としては、人間がちょっと我慢して、鬼の不利さをカバーしている形。

2つの世界の行き来ができる可能性も高そう、というのが今のところの結論。



他の約束に関する考察はこちら。

何か気付くことがあるかもしれないのでぜひ。


今までの約束(PROMISE)について考えてみた






Sponsored Link