人間を盗難する鬼について考察

50話で、農園から人間を盗難する鬼がいることが分かった。

で、それが利用できるかも、とソンジュが言っていたので、

農園を襲う鬼と、それをどう利用するかを考えてみた。



Sponsored Link




人間を盗む鬼について


どう利用するかの前に、

盗難する鬼について考えてみる。


目的


ソンジュ曰く、「人間食べたさ」

一応、人間を奪って非正規品として売る、

という可能性もあるかなと思う。



襲う農園


量産型の農園を狙っているのか、

それともGF農園のような高級農園を狙っているのか。



基本的には量産型農園の可能性が高そう。

高級農園は、

GF農園の警備を見るに、外から盗みに入るのはほぼ不可能。

本部を通る必要があるし、門が閉まっているため、

子供たちのいるプラントまで行き着くのが困難なので。



逆に言えば、警備さえなんとかなるなら、

どう考えても高級農園を狙うほうが得。




単独犯か、集団での犯行か。

人間食べたさ、という衝動的な動機だけ見るなら、

単独犯の可能性が高そう。



とはいえ、ソンジュの「農園を襲って盗む」という表現を考えると、

単独で農園を襲うというのは難しそう。

ソンジュ曰く、「人間は鬼にとって特別」らしいので、

GF農園ほどではないにせよ、

安価量産型の農園にも警備はあるはずだから。



また、人間食べたさで襲うのなら、

1回盗みに入って何人か食べて終わり、というのはリスクリターンがあってないように感じる。

逃げてからも食べるための人間を盗みたいはず。

となると、集団で役割分担して、効率よく多くの人間を奪っていく、

と考える可能性は高そう。




成功してるのか?


稀に聞く、というレベルのため、基本的には難しいはず。

もちろん、盗まれたことが公になると農園が信用を失ってしまうため、

犯人が捕まった場合のみ周知している、という可能性はあるかも。



◆◆所感◆◆


さらっと触れられただけなので、情報不足。

ソンジュも「使える」と思うならもうちょっと詳しく教えて欲しかった。

ただ、合理的に考える鬼が盗難をするなら、

集団で量産型の農園を襲う可能性が高そう
かなと。



Sponsored Link





盗難する鬼をどう使う?



農園を襲う鬼をどう利用するかについても考えてみる。



利用目的


基本的には、高級農園にいる人間の救出。

量産型農園の子供は追われている立場のエマたちにって、

はっきり言って足手まといにしかならないため。



どう利用するか?


思いついたのは2パターン。


1.漁夫の利狙い

2.警備体制などの把握



それぞれ詳しく考えてみる。



1.漁夫の利狙い

鬼が農園を襲うとき、彼らに乗じて農園へと乗り込む。

農園側が襲ってくる鬼に対応している間に、子供たちを助けるという作戦。

シンプルながら、鬼の姿を見せることに成功すれば

その農園の子供に鬼のことを説明する手間が省けるというのもポイントかなと。



リスク

盗みに入る鬼、農園の鬼、どちらに見つかってもアウト。



2.警備体制などの把握

農園に盗みに入るため、念入りに計画を立てているだろう、という推測から。

その計画を聞いて、忍び込むための情報を手に入れる、という作戦。



リスク

盗みに入る鬼の拠点を知り、そこに潜伏するなりする必要がある。



◆◆所感◆◆


どちらもできなくはないけど、リスクが高い。

体制も整っていない今の段階で考えるべきことかと言われると、正直微妙。




Sponsored Link





ソンジュとムジカは?



ところで、人間を盗む、という視点で見た時、

怪しい鬼がいることに気づいた。

複数で、計画的な犯行。

ムジカとソンジュは、その傾向がありそうかなと。

根拠としては以下の点。


1.わざわざ農園周辺に来て拠点をつくっている

2.遠回りの提案

3.エマたちを食べないのは他の仲間に食べさせるため

4.エマたちを拘束しないのは、効率よく運ぶため

5.現れたタイミングが絶妙



それぞれ詳しく説明していく。




1.わざわざ農園周辺に来て拠点をつくっている


なぜ、わざわざこんなところに旅をしているのか。

他に何もないであろう、GF農園を囲む森に潜伏し、

地下を迷路にして拠点にする。

これは人間が脱出してくるのを待ち、

それを農園の鬼に見つからないように回収するためのルート


と見ることができそうかなと。




2.遠回りの提案


直接南東に進まず、北から迂回することを提案したのは、

エマたちに怪しまれないように

ソンジュたちの仲間のいる場所へ誘導するためではないか
という見方。



3.エマたちを食べないのは他の仲間に食べさせるため


そのまま。

宗教というのは嘘っぱちという説。



4.エマたちを拘束しないのは、効率よく運ぶため


思ったより人数が多かったから、

拘束せず、信用させて一緒についてくるようにするのが

最も効率的と考えた
、という説。

鬼の世界の情報を教えたのも、同じく信用させるため。



5.現れたタイミングが絶妙


4と同じく、信用させるためにピンチに現れたという説。

ソンジュにしろムジカにしろこれ以上ないタイミング。

エマが倒れたときのズズズ……という音が、ムジカの現れる音だとするなら、

吸血樹の餌場から脱出したときのズズズ……という音は、

彼女がタイミングを伺っていた、と考えられるし。






まとめ


農園を襲う鬼について考えてみた。

合理的に盗みを行うなら、集団で量産型農園を襲いそう。



利用するなら、高級農園を狙う鬼を見つけ、

農園がそいつらの対応をしている間に助けるか、

彼らの計画を把握するか
のどちらかかなと。

ただ、どっちもリスクが高い。


ソンジュとムジカがエマたちを盗もうとしていた、という可能性もあるかも。







Sponsored Link