鬼が無秩序な姿になった理由について考察

ムジカいわく、鬼の姿が無秩序になったのは、

ここ1000年のこと
らしい。

何か理由があるはずなので、それについて考えてみる。



Sponsored Link




1000年前といえば、約束


ここ1000年、と言われて真っ先に思い当たるのは、

やはり人間と鬼との約束。

お互いを狩らず、世界を棲み分けるという契約。

これによって何が起きたのかを、まず整理してみる。


約束の内容


人間と鬼は、お互いを襲わず、世界を棲み分け、行き来できないようにする。

人間は鬼の世界に一部を置いていき、それを土産とした。

それ以降、鬼は農園で人間を管理・養殖し、食料を賄っている。


鬼にとって重要そうな変化としては、以下の通り。


1.農園ができた


最も大きいのは、農園ができたこと。

安価で量産が可能で、簡単に人間にありつけるようになった。

また、高級農園もあり、金さえあれば質の良い人間を食べることも可能に。




2.人狩りができなくなった


逆に言えば、農園外に人間はいなくなってしまった。

野生の鬼や、お金を持たない鬼は

人間を食べることができない
、という事態に。




3.一応人間と和解した


約束でお互いを襲わないことを決めたため、

とりあえず停戦、あるいは和解という形となるんじゃないかなと。

農園の運営にも人間の技術がいるだろうし、

ある程度人間の世界の技術が流れてくる、という可能性がありそう。



Sponsored Link





姿が変わった理由は?


以上を踏まえて、姿が変化した要因を探っていく。

思いついた説は3つ。


1.人間を食べられる鬼と食べれない鬼の格差によるもの

2.人間の文化を取り入れた結果

3.人間とのハーフが出てきた



それぞれ詳しく考えてみる。



1.人間を食べられる鬼と食べれない鬼の格差によるもの


農園の恩恵で、確実に人間を食べられる鬼と、

絶対に食べられなくなってしまった野生鬼に二分化してしまった結果、

姿が無秩序になってしまった、という説。



しかし、人を食べないというソンジュたちと同じく、

人を食べていないはずの野生鬼の姿が違いすぎるので、

ここが原因である可能性はほぼないかなと。



2.人間の文化を取り入れた結果


高級農園を運営するために、人間の文化を取り入れたのでは、という説。

例えば考えられるのは、料理や娯楽、宗教など。

結果、生活様式が変化し、姿に差が生まれたのではと。





Sponsored Link





3.人間とのハーフが出てきた


もっと直接的に、鬼と人間が交わってハーフが生まれた、という説。

人間を量産できるようになったことで、数に余裕ができた。

それによって、食べる以外の用途も出てきたのかなと。

食欲を満たすだけでなく、性欲も満たすために使われたとか、

人間の知恵を次世代の鬼に持たせるために交わったとか。




ソンジュやムジカが髪があることや、口の大きさが人間に近いことなどは、

彼らがハーフで人間側の血が濃い、というのが理由と考えると、

けっこうすんなり納得がいきそう。

また、彼らが旅をしているのは、

ハーフだからとか、人間側の血が濃いなどの理由で

立場が弱く逃げ惑っているとも考えられるし、

人を食べないのも、自らの親が人間だから、とも言えそうで、

いろいろと説明がつくようになるかなと思う。






◆◆所感◆◆


個人的には、鬼と人間が交わって、いろんな姿の鬼が生まれた、

というのが一番ありえそう
かなと思う。

他のは、姿が大幅に変化するかと言われると微妙なので。

人間側の血の濃さで見てくれが変化するとか、

人間の血を取り込んだせいで、特異な見た目が生まれたとか考えれば、

いろんな見た目があっても、まあおかしくはないし。



ただまあ、7話の農園鬼の集まりを見ると、

あきらかに人間にはない特徴を持った鬼

(首がとぐろ巻いてたり、身体が触手だったり)がいるので、

これも完全じゃないなーと。

他種族の血を取り込んだから、とは言えるけど、他にも要因がありそう。

今回はあくまで約束から考えてみたけど、ちょっと視野が狭かったかも。





というか、ここまで様々な個体がいることを考えると、

むしろ1つの要因ではなくて、

複数の要因が絡み合って現状が出来ている気がする。

まだ考え甲斐がありそう。



Sponsored Link





まとめ


以上、鬼が無秩序な姿になった理由について、

ムジカの発言から考えてみた。



1000年前の約束が原因と考えるなら、

食用人間が足りるようになり、ハーフが生まれた、

みたいなのが一番ありえそう。









Sponsored Link