シェルター男との取り引きをどうするのか検討・考察

ミネルヴァによって明らかになった、新たな目的地、A08-63。

シェルター男にガイドをしてもらうための取り引きが、

今明らかな情報だけだと絶望的に見える
ので、

どうするつもりなのかを考えてみた。



Sponsored Link





目的と成立条件の整理


まずは、お互いの目的や、

それを踏まえた、取り引きの成立条件を確認していく。



エマたちの目的


これは単純に1つ。

シェルター男に、A08-63へのガイドとしてついてきてもらうこと。


シェルター男の目的


こちらがちょっと読めない。

基本的には、身の安全と、邪魔のない環境。

潜在的に、仲間の敵を討ちたがっている可能性もなくはない。



これらを踏まえて、男との取り引きが成立する条件を考えてみる。


成立条件


シェルター男がA08-63へのガイドを引き受けるには、

以下の要素が重要。


1.シェルター男のメリット

2.シェルター男のリスクを最小限に抑える

3.A08-63への到達の成功率



それぞれ詳しく見ていく。




1.シェルター男のメリット

まず、A08-63へ到達すれば、

シェルター以上の環境があるということを提示する必要がある。


仲間の敵討ちを望んでいるなら、

それを叶えることも保証する必要がある。


2.シェルター男のリスクを最小限に抑える

続いて、当然ながら男の損失を抑えることも必要。

よりよい環境に行けるにしても、

その道中で死んでしまっては意味がない。

仲間を失っている過去があるため、

ここは特に敏感になるはず。


3.A08-63への到達の成功率

そして、上手くいく可能性の高さのアピール。

ムダが嫌いな男なので、

無駄足になる可能性が高いことに力は貸さないだろうから。



◆◆所感◆◆


ここまでは、実現できるかはともかく、まあ普通のことしか言っていない。

が、エマたちが勝算があるように振る舞っているのが疑問。

男のいないところでも自信があるようだったので、はったりではなさそう。

おそらく、まだ明かされていない情報を、

エマたちが資料で知った
と考えている。

この情報についての推測は下でまた書こうと思う。



Sponsored Link





取り引き材料は?


条件を確認した結果、

男の得られるメリットの明示、彼が被るリスクの最小化、

成功率が高いことの証明の3要素が重要そう
だと整理できた。

なので、このへんを有利に提示できればいい。

そのためにエマたちが使える取り引き材料を今度は考えてみる。


思いついたのは以下の3点。


1.ムジカ・ソンジュとの繋がり

2.七つの壁についての情報

3.仲間や男の精神状態に触れる



それぞれ詳しく考えてみる。



1.ムジカ・ソンジュとの繋がり


まずは、人を食べない鬼と繋がりがあることを示し、

彼らに同行してもらうことを提案する。


鬼の世界の知識がある仲間で、

地理などに詳しいだろうから、安全に目的地へと向かえる。

なので、リスクを減らせる上、目的地に到達できる可能性が上がる。

2つの重要な要素を満たせるため、なかなかいい。




ただ問題は、彼らに連絡が取れないこと。

実現できる可能性が低いため、却下。


2.七つの壁についての情報


続いて、エマが聞いた七つの壁について。

これが鬼だけが知っている情報であれば、

男が新たな情報に食いつく可能性がある。



問題は2つ。

資料を見れば周知の事実かもしれないことと、

エマも大したことは知らないということ。

ちょっとダメなパターンが多くて苦しい。


3.仲間や男の精神状態に触れる


らくがきのあった部屋の「HELP」という文字が彼のものであれば、

ミネルヴァによる助けを求めていることに。

待ってるだけじゃこないから、と行くことを提案する。



とはいえ彼は現状で満足していそうで、メリットとしては大したことじゃない。

リスクや成功率のアピールには寄与しないし。

少なくともメインの材料とはならない。



◆◆所感◆◆


やっぱり現状明らかになっている情報だけでは、

勝算があるようには見えない。



そもそもエマとレイが、シェルターについてすぐに、

2人でA08-63へ向かおうとする、というのが違和感。


リスクもリターンもはっきりしない段階で、

取り引きまでして行こうとする、というのは正直考えられない。


なので、資料などによって明らかになったことがいくつか影響して、

A08-63に行く価値がある、そして無事に行けると判断した、


と考えられる。

その明らかになった情報についても考えてみた。




Sponsored Link





資料で明らかになった情報とは?


上に書いたように、

エマたちがA08-63に行くと判断したことと、

そして取り引きに勝算があると考えているのは、

資料などで何らかの情報が明らかになったから
のはず。

その情報について考えてみたところ、筋が通ってそうなアイデアが2つ思いついた。


1.A08-63=七つの壁?

2.ムジカからもらったお守り



それぞれ詳しく説明する。


1.A08-63=七つの壁?


まず1つ目は、メリットに関わる点。

ミネルヴァの「安住の先を求めるならB08-63へ」という発言と、

「あなたたちの望む未来は七つの壁の先にある」というムジカの発言。

この2つが同じ場所を指している、と気づいた、確信したという説。



ミネルヴァも、目的地の座標だけ言って終わり、とは考えづらいため、

A08-63の地理などを残しているはず。

そこで、七つの壁のような外観をしている、と知ったというのはありえなくもない。



でこの2つが一致したとするなら、

より良い環境が待っている、という主張が強まるかなと。


2.ムジカからもらったお守り


資料によって、ムジカからもらったお守りの用途を知ったという説。

「あなたたちを守ってくれる」という発言から、

鬼に食べられるのを防げるものである可能性は十分あるかなと。



もしその通りであれば、道中で鬼に襲われることはないため

リスクはかなり減少する。


これなら十分勝算はあるんじゃないかな。




まとめ


男との取り引きについて考えてみた結果、

現状明らかになってる情報だけでは基本無理そうだった。


なので、資料によって、A08-63に行く価値や、

リスクの減少が明らかになった可能性が高そう。



具体的には、A08-63=七つの壁と知り、

より良い環境であると判断したとか、

お守りでリスクを減少させられるとかがありえそうかなと。



今日も生放送してた。

今週は考えられる事が多くて、けっこう長く喋った。





毎週ジャンプ発売日は、22時にやってる。

その週の話についていろいろ考えてるので、

知りたいことや言いたいことがあればぜひ参加して欲しい。








Sponsored Link