A08-63がどんな場所かを検討・考察

ミネルヴァが新たに提示した場所、A08-63。

「安住の先」ということで、

どうやらB06-32シェルターにいるよりも、

より展望のある場所らしい。

というわけで、今回はA08-63について考えてみた。



Sponsored Link





現在分かっている情報


まずは今分かっている情報をまとめていく。

ヒントとなるのは、ミネルヴァからの手紙。



週刊少年ジャンプ 2017年43号
約束のネバーランド 56話 取り引き①より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか



ここで重要そうなのは以下の2つ。


1.”安住の先”である

2.ペンが必要



それぞれ詳しく見ていく。


1.”安住の先”である


B06-32シェルターでの安住の、その先であると表現されている。

これはつまり、そこよりも良い環境だといえる。

なぜなら、そうでなければ、子供たちが目指す理由がないから。



じゃあシェルターよりも良い環境ってどんな環境か。

あのシェルターの時点で衣食住やライフラインが整っているし、

鬼に襲われることもない。

なので、メリットの伸び代はそんなにない。




逆に欠点はけっこうある。

なのでA08-63は、

シェルターのデメリットが解消された場所、という可能性が高い
と考えた。

具体的なデメリットは以下の3点。


a.新たな物が手に入らない

シェルター内では、そこにないものは、基本手に入らない。

そこにある食料などで生き、

そこにある本やピアノで娯楽を済ませることになる。



b.閉鎖的

シェルター内ではずっと同じ場所で過ごすことになる。

太陽の光も浴びられないし、

常に同じ空間にいるので、新たな経験もない。

なので苦痛を感じる人間もいるはず。


c.他の人間はいない

シェルターにいるのは逃げてきた子供だけ。

基本的に、産まなきゃどんどん仲間は減っていく。


逃げてくる子供はいるかもしれないが、

数年に一度いるかいないか。期待はできない。


一言でまとめると、シェルターの欠点は「展望がないこと」。

そして、これらが改善されるとなると、

「人間の世界」にかなり近いと言えそう。


新しいものが手に入るとか、鬼の手が入らなくて開放的だとか、他の人間がいるとか。

それはすなわち、人間が好きに生きられるということだし。




2.ペンが必要

そしてもう1つ書かれていたのは、ペンについて。

ペンをもってA08-63へ、と。

わざわざ言い含める理由として、考えられるのは2パターン。


a.地図などでは迷ってしまう

入り組んだ森などを進むため、

地図だけではたどり着けない
から。

ペンがあれば現在地や進む方向も分かるので、

忘れずにもってこい、という説。


b.A08-63へ入るのに使う

そしてもう1つは、B06-32シェルターと同じように、

鍵として使う、
という説。

上に書いたように、人間の世界に近いのならば、可能性は高い。

鬼が入ってこないようにセキュリティが必要だから。




◆◆所感◆◆


ミネルヴァの手紙には、

シェルターよりも良い環境が待っている、

というニュアンスがある。

それについて考えてみた結果、

A08-63≒人間の世界である可能性が高そう。

そうでなくても、そこへの足がかりとなるのはほぼ確実かなと。



で、ここまでを踏まえて、1つの仮説を思いついた。

A08-63が人間の世界だとするなら、

密猟者ってそこを襲ったやつなんじゃないの?
と。

以下で詳しく書いていく。



Sponsored Link





A08-63と密猟者についての仮説


と、ここまで考えて思いついた仮説を1つ。

それは、

「密猟者」=A08-63(人間の世界)を襲った存在

というもの。




流れとしてはこんな感じ。

A08-63(≒人間の世界)に向かったシェルター男が、

「密猟者」とやらに襲われた。


じゃあ、密猟者っていうのは人間の世界を襲う存在では?と。

人間の世界を襲うという行為は、分かりやすく約束を破っている。

なので「密猟者」という表現はしっくりくる。




そしてこの場合、いるはずのミネルヴァがいないことにも、説明がつく。

単純に、人間の世界が密猟者に襲われていることに気づいた。

それを何とかするために、

A08-63へ向かわざるを得なかった
、と考えられる。

時期はおそらく2015年。

それ以降の本がシェルターにないのは、

密猟者をなんとかすることで手一杯で、

送ることができなかった、みたいな。

こんな感じで、いろいろと辻褄が合う。




ただし反論もある。

それは、農園に2015年以降の本だけがなく、

他の物資は行き届いている点。


シェルターにそれ以降の本がないのは、

供給する余裕がない、で通る。

しかし、農園に他の道具は届いているのに、

2015年以降の本だけが行っていないというのは不自然。


そこ以外は、それなりに筋が通っているように見えるかな。





まとめ


A08-63について考えてみた。

シェルターよりも良い環境である可能性が高く、

それを考えると、ほぼ人間の世界
かなと思う。


で、そこにいったシェルター男が密猟者に襲われたことから、

人間の世界を襲ったのが密猟者だという可能性がありそう。







Sponsored Link