シェルター男のお茶会とは何か検討・考察

シェルター男との取り引きで、エマたちがちらつかせた、

「お茶会ができなくなる」というワード。

57話での数少ない新ワードなので、

その「お茶会」について考えてみる。



Sponsored Link





分かっていること


エマの発言から、分かっていることを整理していく。



週刊少年ジャンプ 2017年44号
約束のネバーランド 57話 取り引き②より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか



現在分かっているのは、以下の4点。

見ていく中で出てきた疑問は、

後で疑問点として、改めて考える。


1.シェルターを調べれば分かる

2.男にとって重要なことである

3.シェルターじゃなければいけない理由がある

4.「会」なので、他の人間が絡んでいる



それぞれ詳しく見ていく。


1.シェルターを調べれば分かる


まずは、「お茶会」をしていることを、

エマたちが知っている
というのがヒント。

男から聞いたわけではないので、

シェルター内に、何らかの記録が残っていると考えられる。

どういうルートで知ったか、というのは、

あとで疑問点として考える。


2.男にとって重要なことである


エマが取り引きの材料に使ったことから、

男にとって重要である可能性が高い。

「シェルターがただの施設以上に大切」、

「壊したらお茶会もできなくなる」

などの発言からも、彼にとっての重要性が伺える。



3.シェルターじゃなければいけない理由がある


上と同じく、「壊したらもう お茶会もできなくなるよ?」

というエマの発言より。

このシェルターでなければいけない理由がなにかある。



4.「会」なので、他の人間が絡んでいる


言葉の意味として、

「会」というのは、人の集まり。

なので、他の人間が絡んでいる可能性が高い。


◆◆所感◆◆


お茶会というと、大したことではないように感じる。

が、どうやら男にとってはそうではないらしい。

今のところ、何かの隠語か、

あるいは普通にお茶を飲みながら話すか、


どちらかかなと。



隠語説は、実際何をやってるのか、

判断がつかない。

更に、シェルターにエマたちが初めて来たとき、

部屋に入る前に吹き出しがあるため、

シェルター男が何かを話している。




週刊少年ジャンプ 2017年39号
約束のネバーランド 52話 B06-32②より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか



その後エア茶をしながら、クッキーを食べているため、

普通にお茶会をしている、という可能性が高そうかな。

カタ……カタ……という音も、

ティーカップをいじってる音と考えられるし。


まあ、男が錯乱したりするところを見るに、

精神安定のために、お茶を飲んで会話をしているというのが第一感。




Sponsored Link





疑問点


続いて、疑問点について考えてみる。

気になったのは以下の4点。


1.誰とのお茶会なのか?

2.何のために、何をしているのか?

3.何故シェルターじゃなければいけないのか?

4.どうしてエマたちは、お茶会を知ったのか?



それぞれ、筋の通った答えを探してみる。


1.誰とのお茶会なのか?


他の人間が絡んでる、とは言うものの、

それって誰だよと。


考えられるのは2パターン。


a.外部の人間と通信

まずは、モニタールームで、

誰かと通信して話している
という説。

外の状況を把握していたし、

十分考えられる。



ただし、謎や否定する要素もある。

1つは外部ってどこ?という疑問。

他のシェルターなのか、人間の本部なのか。


そして、通信ができるなら、

何故ミネルヴァ、それに準ずる誰か

と通信できるようになっていないのか?




特に、ミネルヴァと通信できないというのは、かなり大きな穴。

まず第一に通信できるようになってないといけない、

重要人物と通信できないのに、

他の人間と話せるようになっている、というのは

ちょっと考えづらい。



b.男の仲間の人格、あるいは幻覚と話している

こちらが本命。

外部の連絡という線がほぼないことと、

次の疑問でも書くが、

精神安定のため、という理由がけっこう納得がいくから。



2.何のために、何をしているのか?


まずは、仲間の人格や幻覚と、話をしている、

という前提で考えていく。

この場合、男の精神安定を図るため、

コミュニケーションをとっている、というのが有力。




元々、シェルター男は、農園という狭いコミュニティ出身。

生まれてから関わってきたほぼ全ての人間を失っている。

となると、精神的に限界、というのは自然かなと。



何故「お茶会」なのか、という疑問にも、

農園であった習慣、と考えれば、まあ説明がつくし。





一方で、外部と通信をしているとすると、

何のために何をしているのかが謎。



男の「ミネルヴァ探し……どの道面倒なら……」

という思考から、今ミネルヴァ探しをしていないのは、

おそらく本当。


となると、ミネルヴァ探しのための情報交換というわけではない。

見ず知らずの、他シェルターなどの人間と、

気休めのためのコミュニケーションというのはあるかもしれない。


が、それが男にとって、そこまで重要かと言われると微妙かなと



というわけで、

男の仲間と、精神安定のために会話をしている、

というのが有力。





3.何故シェルターじゃなければいけないのか?


シェルターを壊されると、

お茶会ができなくなってしまうのは何故か。


これも、男の仲間と話していると仮定すると、

けっこう納得が行く答えが出る。




それは、仲間と一緒に過ごした空間だから、というもの。

彼らが行ったことのある場所って、

おそらく、農園と、このシェルターと、道中の森くらい。

となると、かなり思い入れのある場所、と見て良さそう。

みんなでいろいろ乗り越えて、

やっとたどり着いた安住の地だろうし。



4.どうしてエマたちは、お茶会を知ったのか?


そして最後に、どうやってエマたちは、

お茶会の情報を掴んだのか。




男の仲間と話している、という場合、

らくがきのある部屋などから、

日記などの記録を見つけた可能性が高い。




週刊少年ジャンプ 2017年44号
約束のネバーランド 57話 取り引き②より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか



こちらの部屋は、扉絵でエマとレイが、

いろいろと探索しているため、十分ありえる。




一方で、通信をしていた場合。

この場合は、モニタールームを調べることになる。

しかし、外部の状況を知る方法について、

レイは「おそらくあのモニター」と言っていて、確証がない。


ということは、あの部屋は十分に調べられていない可能性が高いため、

ここでも、外部との通信という可能性は低そうである。





結論



男の仲間の人格や幻覚と、

精神安定のために、

お茶を飲みながら(エア茶だけど)会話をしている。



これが今のところの結論。




まとめ


以上、お茶会について考えてみた。


結論としては、

孤独を紛らわせたり、精神を安定させるために、

かつての仲間と話している、
というもの。


外部との通信というのは、

いくつかの理由から、ちょっと考えづらい。


特に、通信できるなら、

ミネルヴァとできないっていうのどういうことだ、

というのが大きい
かな。



今日も22時から配信をしていた。





仲間が死んだ場所、シェルター男が強い理由、

緊急破壊装置などについて考えた。

毎週ジャンプ発売日の22時にやっているので、ぜひ見て欲しい。

聞きたいこと、気になること、考えたことなど、

言ってくれればその場でそれについて返答する。







Sponsored Link