B06-32シェルターの武器庫について検討・考察

週刊少年ジャンプ 2017年45号
約束のネバーランド 58話 判断 より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか





シェルター内に隠されていた、

大量の武器がある部屋。

ここから、ミネルヴァの目的などが見えてきそうなので、

いろいろ考えてみた。



Sponsored Link





分かっていること


まずは、現在の描写で分かっていることについて、

簡単にまとめていく。


1.ピアノをいじると部屋へ入ることができる

2.様々な武器が用意されている



それぞれ詳しく見ていく。


1.ピアノをいじると部屋へ入ることができる





週刊少年ジャンプ 2017年45号
約束のネバーランド 58話 判断 より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか



シェルター男が、

ピアノの奥のギアを傘でいじることで、扉が開いた。


エマたちが驚いているので、

少し探しただけでは見つけられない、

隠された部屋と見ていいだろう。




2.様々な武器が用意されている


剣や斧、銃や盾など、様々な武器が用意されている。

特に銃は種類が豊富。


ハンドガンらしきものから、

大きすぎる機関銃のようなものまで。




◆◆所感◆◆


現状分かることと言えば、

武器庫が隠されていることと、

いろんな種類の武器があることくらい。


”安住”っていうくらいだから、

こういうものは用意されていないと思っていたけど、

かなり戦いに備えているな、という印象。



まあただ、やっぱりちょっと疑問点も多いかな。

というわけで、以下では疑問に感じた点について、

納得の行く答えを探っていく。




Sponsored Link





疑問点


続いて疑問点を解決していく。

今回気になったのは、以下の3点。


1.何のために用意されていた?

2.何故隠されていた?

3.武器を鬼の世界にどう持ち込んだ?



それぞれ詳しく考えていく。



1.何のために用意されていた?


まず、こんな大量の武器が、なぜ用意されていたのか。

ミネルヴァの目的などに、直接絡んできそうな疑問。

考えられるパターンは、以下の3パターン。


a.A08-63を目指すための武装として

まずは、直近の目標である、A08-63へ向かうための、

武装として用意されていた、
という説。



結論としては、

A08-63のため、というのはありえるが、

これのためだけに用意されたとは考えづらい。

なぜなら、数がさすがに多すぎる。

これら全てがA08-63へ向かうためとは思えない。

更に、明らかに大きすぎる武器が多い。

持っていけないサイズのものは、

A08-63へ行くためのものではない。



もちろん、A08-63へ向かうための武器、

という側面はあるだろうが、


明らかにそれだけのために用意されたわけではない。

他にも目的があって用意されたものと考えられる。


b.シェルター近辺に来た襲撃者を迎撃するため

続いて、シェルターが襲われた際に、

防衛するために用意されたもの
という説。



ないとはいえないが、

やはりこれだけのためというのは考えづらい。

理由としては、防衛するにしては、

画像右のでかい銃が使いづらすぎる。


部外者は基本入ってこられないので、

外で待ち伏せられることになる。

が、そんな状態であのでかい銃を持ち出して使えるだろうか。

中へおびき寄せるにしても、1つあれば十分。

あれだけの量の銃(特にでかいやつ)を用意しておいて使えないというのは、違和感を感じる。



c.鬼と戦争するため

そして最後に、鬼に戦争を仕掛け、

その拠点として使うために用意した
という説。



これはかなり有力そう。

というのも、ミネルヴァの目的、狙いが一番はっきりと見えるから。

100%善意でやってるわけじゃないだろうから、

このシェルターにも何か理由があるはず。

そこで、この戦争をするため、という説はしっくりくる。



まず、公式サイトのミネルヴァのメッセージより。

「人間の世を取り戻す」ことが、彼の目的。

となると、鬼を排除する、というのは素直な選択。



しかし、鬼の世界には人間は入ることができない。

ならば、鬼の世界にいる人間を保護する代わりに、

戦力としてカウントする、というのは自然かなと。




Sponsored Link





2.何故隠されていた?


続いて、何で隠されていたのかについて。

ついでに言うと、ピアノという気づきづらい場所に。

考えられるのは以下のパターン。


a.子供たちに使わせる気がなかった

まずは、元々シェルターにいるはずだった、

ミネルヴァなどが使う予定だった
、という説。



が、これはちょっとなさそう。

あれだけの量があって、

全てをミネルヴァやその勢力だけが使う、というのは考えづらい。

あれを使うだけの人数がいたのなら、

今1人もいないというのも不自然だし。



b.仕掛けに気付けるかを試した

ピアノの仕掛けに気づけた子供だけ、

武器を使えばいいと、力量を試した
という説。



これもちょっと微妙。

なぜなら、このシェルターに到着した時点で、

ある程度の頭脳は保証されている。


わざわざここで試す必要はない。


c.しばらく成長してから気付くように仕向けた

精神的に幼い状態で武器を手にすると危険だから、

しばらく見つからないように、と隠した
という説。

ピアノの調律をしようと思う年頃になったら気付くように……と。



ただやっぱり、これにも穴がある

素直に、ピアノ好きな子供なら、

ピアノをいじってもおかしくない
わけで。

10年以上放置されることもあり得る環境だから、

来た頃には狂っていて、すぐに調律しよう、ってなる可能性も高い。

なので、ちょっと苦しい。


d.鬼との戦争が始まってから、敵勢力に武器が見つからないように

これは僕は思いつかなくて、

配信でホーマコさんからいただいたコメントで気がついた。


要は、鬼と戦った際のことを想定している、という説。

外でペンを持った人間がやられると、

このシェルターに侵入されてしまう。

その後、シェルターを制圧されてしまって、

更に武器までとられるとまずい。

そのために、鬼側からは気付けないようにするために、

ピアノの仕掛けを作って隠している
と。



これはかなり有力そうに感じている。

というのも、上の、鬼と戦争するために武器を用意していたという、

有力な説と連動しているのがポイント高い。





3.武器を鬼の世界にどう持ち込んだ?


そして最後に、あんな武器をどうやって、

鬼の世界に持ち込んだのか
という疑問について。

これについては2通り。


a.約束以前にシェルターが作られていて、そのときに持ち込ん

約束以前にあったから、

そもそも持ち込むのにリスクはなかったよ
、という説。



これはさすがに苦しい。

というのも、1000年前から、

あのレベルの武器があったとは考えづらい。


もしあったなら、鬼を倒すのは容易だろうし、

あの武器でダメなら、今使っても大したことがない。


b.部品を持ち込んで、シェルター内で組み立てた

素直に、部品だけ持ち込めば、

鬼には何なのか分からないだろうし、

後は中で組み立てればいいよね、
という説。



無難

少なくとも、1000年前からあったと考えるよりはマシ。




現状の結論


ミネルヴァは、鬼と戦争するために、

このシェルターと、武器を用意した。


武器は、部品だけ人間の世界から持ち込み、

シェルターの内部で組み立てた。

ピアノで隠したのは、いざ戦争が始まってから、

シェルターに侵入、制圧されるリスクを考えてのこと。




これが現状の結論かな。

けっこう論理的だと思う。



まとめ


というわけで、B06-32シェルターの武器庫について、

考えてみた。

ミネルヴァは鬼との戦争を狙っていそう、

というのが見えてきたかな。




今回は、配信でいろいろコメントをいただいたおかげで、

この考察がよりよいものになったと思う。感謝。





毎週ジャンプの発売日の22時にやっているので、

その週の話で気になることがあれば、

ぜひコメントをいただければと思う。







Sponsored Link