A08-63への道のりについて検討・考察

いよいよエマたちが、A08-63へ出発。

男曰く、いよいよ「鬼の生活圏」らしいので、

また新しい情報が明らかになりそう。



現状分かっている情報だけでも、

どんな場所を通っていくか、

どんな脅威があるかなどはある程度考えられそう。

なので、今回はA08-63への道のりについて、検討してみる。



Sponsored Link




分かっていること


分かっているのは以下の点。


1.位置

2.知性のある鬼の生活圏を通る




1.位置


「ペンを持ってこの地点へ」という、ミネルヴァのメッセージより。

座標の表記の仕方が、B06-32と同様のため、

A08-63も、ペンで分かる座標である可能性が高い。

とすると、以下の図のような位置となる。






B06-32の北東を目指すことになる。



2.知性のある鬼の生活圏を通る


59話の男の発言より。



週刊少年ジャンプ 2017年46号
約束のネバーランド 59話 好きに選べ より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか



「荒野や農園周囲の森とはわけが違う

完全に”奴ら”の生活圏だ」
と。



野生鬼ならちらほらいた、

農園周辺の森とは違う
、ということらしい。

なのでいよいよ、

知性のある鬼が生活している場所に接近することになる。




Sponsored Link





疑問点


続いて、疑問点について、

納得の行く答え、推論を探していく。

気になるのは以下の点。



1.「農園の周囲の森」とは、どっちの農園を指す?

2.鬼が生活するのはどんな場所か?

3.どんな脅威が想定できるか?



それぞれ詳しく検討していく。



1.「農園の周囲の森」とは、どっちの農園を指す?


男は「農園の周囲の森とは違い、完全な敵地」って言ったけど、

グローリー=ベルとグレイス=フィールド、

どちらの農園の周囲を指しているのか?

という疑問。




それぞれ考えると、

a.GB農園の周りにも、知性鬼が住み着いていない森がある

b.GF農園の周りの森へ行ったことがある


この2択となる。



aのパターンの場合、

高級農園の周りには、鬼が住むことのできない森がある、

といえるかもしれない。



ただし、可能性としては低そう。

シェルター周囲の状態がイマイチ分からないのでなんともいえないが、

歩いて1日でGF周辺の森へ行ける。

男は木の実を取りに外へ出ているので、

こちらの森へ行っている可能性が高そう
だ。

なので、どちらかと言うとb寄り。




とはいえ、完全に否定することもできない。

これは、盗難防止のため、と見るとけっこうありそうだし、

鬼の集落に関する資料も2015年以前のものらしいから、

男からすれば行きづらい場所である、ということも考えられる。


なので、この可能性も捨てきれない、といった感じ。




Sponsored Link






2.鬼が生活するのはどんな場所か?


続いて、鬼の生活圏というが、

具体的にどんな場所か
、という疑問。

これに関しては、森である可能性が高いと考えている。




根拠となるのは、男のイメージと回想。

59話の「”奴ら”の生活圏」というコマに、

知性鬼らしき鬼が森にいる様子が描かれている。



週刊少年ジャンプ 2017年46号
約束のネバーランド 59話 好きに選べ より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか



生活圏だ、と断言していること、

そして一度A08-63を目指して、足を踏み入れているであろうことから、

このイメージはある程度正確だと考えられる。


もちろんこれに関しては、

生活圏だ、と聞いたエマたちがイメージした光景、

とも考えられるが




そして、男の仲間が、森の中で倒れている回想もある。




週刊少年ジャンプ 2017年45号
約束のネバーランド58話 判断 より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか




59話より、ピアノの音のズレに気づいたのは男の仲間。

すなわちこの回想は、シェルターに訪れる前の出来事ではなく、

ミネルヴァ探しに出た後のもの
だと考えられる。

現状、ミネルヴァ探しとして、

真っ先にとるであろう行動は、A08-63を目指すこと。


となるとこの回想は、

A08-63を目指した道中の森で、仲間を失った、

という回想である可能性が非常に高い。




で、A08-63へ向かう道が「鬼の生活圏」(A)。

男が襲われたのは、A08-63へ向かったときである可能性が高い(B)。

襲われたのは森(C)。

A≒B、B=Cで、A≒Cって感じで、鬼の生活圏≒森なんじゃないかなと。




3.どんな脅威が想定できるか?


最後に、森が鬼の生活圏で、

そこを突っ切るとなると、警戒すべき脅威は何か。


思いついたのは3つ。


a.鬼の集団

普通に考えて、最大の脅威。

エマたちの遭遇した野生鬼や、

レイを追った農園鬼を見るに、身体スペックは鬼が上。

知性鬼なら、頭脳も同等と考えられる。

もちろん、高級農園勤務は頭がいいだろうから、

通常の知性鬼は若干格は下がるだろうが、

それでも同等の頭脳で身体スペックが上となると、既にきつい。



そんなのが、集団でウロウロしているなんて、

既にやる気がしないレベル。


鬼は嗅覚が優れている可能性が高いため、

見つからずに動く、というのにも工夫が必要。

さらに言えば、身を守るために銃なんて使ったら、

どんどん集まってきてしまうことも考えられる。



煙幕などの武装を使って逃げる、というのが無難かな。

数の不利を覆して鬼を倒す、というのはちょっと現実的じゃない。



b.鬼の世界の植物、動物

そして、吸血樹のような、危険な植物など。

これに関しては、シェルターの資料で確認できるため、まだマシ。

さすがに事前に調べているだろうし、

危険なものに関しては対策をしているはず。



c.密猟者

そして、男とその仲間が襲われた可能性が高い、密猟者。

襲われた森が鬼の生活圏、と考えるならば、

基本的には鬼だろう。人間とは考えづらい。



密猟が、「決まりを破って猟をする」ということならば、

出来る限り目立たないように活動しているはず。

となると、男は、

鬼に見つかりづらいルートをとった結果、密猟者に見つかった、

という可能性が高そう。

男の言った「判断」とは、このことかもしれない。



となると、鬼の多いルートも、少ないルートも、

どちらも危険といえそう。


……あれ、詰んでない?




結論


A08-63は、シェルターの北東。

そこへ行くには、鬼の生活圏をつっきることになる。

鬼の生活圏は、「森」である可能性が高い。



普通に行けば鬼の集団に出くわすだろうし、

かと言って見つかりづらそうなルートには、

密猟者がいると考えられる
ため、けっこう無理ゲー。




まとめ


今分かっている情報だけでも、

けっこういろいろ考えられた。

知性鬼の生活圏が森かもしれない、というのが一番気になったかな。

ここから、鬼の世界についてもまだまだ考えられそう。

というわけで、今回の結論から、鬼の世界について考えてみた。

鬼の世界は森や荒野だらけなのか考察



↓面白かったらぜひお友達にも。





Sponsored Link