男は道中、どうやってエマかレイを殺すのか検討・考察

週刊少年ジャンプ 2017年47号
約束のネバーランド 60話 ゴールディ・ポンド より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか



エマとレイを殺そうとする男。そ

れを避けて、目的へたどり着こうとする2人……。

久々に本格的な心理戦・読み合いが始まったので、

こっちについても考えてみる。

まずは前編ということで、今回は男側の視点から検討。

男が、どちらを、どこで、どうやってを殺すのか考えていく。


レイも言ってたとおり、基本は彼が有利。

しかし、意外とめんどくさい条件もありそうで、

どう仕掛けてくるかはちょっと難しそう
、というのが考える前の印象。



Sponsored Link




目的


まずは、男の目的について、改めて確認してみる。



シェルターの奪還が最終目的。

そのために、外でどちらか一人を殺し、もう片方の心を折る。

その後、1人を連れシェルターへ帰還し、子供たちからシェルターを奪い返す。


というのが、男側のプラン。

これの条件としては、以下の4つ。


1.自分は被害に合わない

2.どちらかを殺す、あるいは心を折る

3.1人は生かす必要がある

4.最低限、事故に見せかける



それぞれ軽く確認する。


1.自分は被害に合わない


大前提。

死ぬと元も子もない。

ただ、後述の条件のために、事故っぽさが必要で、

ちょっとした怪我は必要になるかもしれない。


2.どちらかを殺す、できればもう1人の心を折る


フルスコア2人をどうにかできる貴重な機会。

シェルター奪還のため、戦力を削ぐ必要がある。


3.1人は生かす必要がある


ギルダが出した条件。

破ると即刻シェルターを爆破されかねない。


4.最低限、事故に見せかける


露骨に男が殺すと、もう1人が反発する。

自分の身が危険だし、

連れ帰ってもギルダにシェルターを爆破される可能性が高い。



◆◆所感◆◆


狙い自体は単純だが、

シェルターが人質に取られていることが、条件をややこしくしてる



自分が被害に合わないようにしつつ、

事故に見せかけるというのはなかなかしんどそう




次は実際どうやるのか、ってところを考えてみる。



Sponsored Link





どちらを狙う?


まずはどっちを殺すのか。

2択だが、殺したあとにも関わってくるので、

かなり難しい択である。


レイ


まずはレイを殺すことを考えてみる。

彼について重要そうな要素は、以下の点。


1.論理的

2.ためらいなく男を殺しに来る



それぞれ見てみる。


1.論理的

エマと比べ、論理的である。

なので、突飛な行動をとりづらく、

男にとっては行動が読みやすい
はず。

読みやすいため、

罠にハメやすいから殺しやすいとも言えるし、

楽に戦えるから、生かしておくべきとも言える。


2.ためらいなく男を殺しに来る

エマは対話の意志があるが、レイにはない。

彼を脅威と認識したなら、殺す可能性が高い。



◆◆所感◆◆

微妙。どちらとも言えない。

なのでエマとの比較かなと。




エマ



続いて、エマについて。

重要そうなのは以下の要素。


1.体力がない

2.耳を怪我している

3.読みづらい



それぞれ詳しく見ていく。


1.体力がない



週刊少年ジャンプ 2017年47号
約束のネバーランド 60話 ゴールディ・ポンド より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか



森まで走ってきた際、エマだけが息切れしていた。

男が走ったのは、時間を使いたくないというのもあるだろうが、

子供たちの体力を見ていたとも考えられる。

なので、こういった弱点は見逃さないはず。



体力がなければ、

鬼に追われている際に逃げ切れなかった、

という言い訳を作ることができる。



2.耳を怪我している

分かりやすく弱点。

左側の聴覚が弱っているし、

怪我で体力を持ってかれている。

道中の処置も、適切にできるか微妙なところ。

狙えるパターンが多い。



3.読みづらい

レイと比べ、論理一辺倒ではない。

そのため、男から見ると、

何をしてくるのか分からないという怖さがある。

罠にはハメづらいが、

生かしておくとどうなるか分からない。




◆◆所感◆◆

こうしてみると、エマの方が狙う要素が多いかな。

もちろん、弱点が多いから、

レイを殺した後も御しやすい
ともいえるが、

突飛な行動をする可能性が高いため、そこも難しい。



そういえば、

「この旅が終わった後も、全員で人間の世界へなんて言えるか?」

みたいな発言があったから、

エマをわざと生かす、ってのはあるかもなと思った。

が、その後に(どちらを殺そうか)とも考えているため、

あんまり関係なさそう。




というわけで、現状の結論として、

男が狙うのはエマが有力と考えている。




Sponsored Link





どこで、どうやって殺すか?


次に、具体的な方法について考えてみる。

どうやって殺すかによって、殺す場所が異なってくるはずなので、

方法をまず考えて、それに適した場所を考える。


方法は、大きく分けると2パターン。


1.男が殺す

2.森の中で鬼などに襲わせる



それぞれ考えてみる。


1.男が殺す


男がどうにかして殺して、それを事故に見せかけるパターン。


この場合、周囲に鬼がいない場所で仕掛けることになる。

なぜなら、男にとって単純にリスクが高い。

鬼を警戒しながら何かを仕掛ける、というのが既に難しい。

その上、悲鳴で近くの脅威を呼び寄せてしまうから。


考えられる方法は、以下の通り。


a.武器で襲う

まずは、単純に武器で襲うパターン。

寝込みなどをナイフなどで襲い、

何者かに襲われたように偽装する、あるいは遺体を隠蔽する。



しかしこれは、事故に見せかけることが難しい。

しかも、一応寝ているところを殺して1人を隠したとしても、

残りの2人が襲われていないことが不自然すぎる。

基本ダメ。


b.罠

続いて、罠にハメるパターン。

先導して、落とし穴や地雷やらを仕掛ける。


やはり、直接的にエマたちを殺す罠は、

男が仕掛けたことが露骨で、バレやすい。


一応、知性鬼が、野良鬼撃退用に仕掛けていた罠といえなくもないが。


とはいえそもそも、

先導しても、罠を仕掛けるほどの時間はないだろう。

背中は見えているだろうから、何かしようとすると、

すぐにバレてしまう。やはりダメ。


c.地形利用

どさくさに紛れて、崖などに落とす作戦。

さすがに警戒しているだろうから、ちょっと苦しい。



と、こんな感じで、男が直接殺すのは難しい。



2.森の中で鬼などに襲わせる


続いて、道中の脅威に襲わせるパターン。

事故に見せかけるにはもってこいなので、

やはりこちらが有力そう。


具体的な方法は以下の通り。


a.脅威をおびき寄せる何かを、エマに付着させる

まずは、臭いなどでおびき寄せる作戦。

これができれば、

ピンポイントでエマだけを狙うことが可能。

自分に脅威が降りかかることも基本なく、

簡単に片方だけを殺す、という目的を達成できる。



問題としては、

そもそもそんなものがあるのか。

そして、どうやってつけるのか。


現状、あるかどうかということは、それらしい描写もないので不明。

どうやってつけるのか、が最大の課題。

男としては、エマたちを嫌っているわけで、近づく口実がない。

脅威のことも警戒しているだろうし、睡眠も交代で取る可能性が高い。

ちょっと難しそうに見える。


b.おびき寄せてから襲わせる

先に遭遇するなり、銃声を響かせるなりして、

脅威をおびき寄せる。


これだけでは1人だけを殺すことは不可能。

しかし、その後、罠で動けなくしたり、

単純につまずかせて動きを止めたりして襲わせれば、

1人を確実に殺すことができる。




やりようがいくらでもあって、

脅威に注意が向いているときに仕掛けるのなら、

かなり成功率が高そう。


つまずかせるだけならば、下準備も不要で、

事故と言い張ることもできる。

男にもリスクはあるが、1人が殺されている間に、

もう1人を抱えながら逃げる時間は確保できる
だろう。



というわけで、襲わせてから動きを止める、というのが無難かなと。



次に、森の中の脅威と言ってもいろいろあるので、

何に襲わせるかを考えてみる。

考えられるのは3つ。


a.知性鬼

まずは知性鬼。

正直、論外かなと思う。

なぜなら、おびき寄せる段階で、男の姿を見られてしまうと、

ほぼ間違いなく、全員を襲ってくる。

さらに言えば、集落があるわけで、数もかなり多い。

連携されると、上で決めたようなプランは使いづらい。


b.植物、動物

まず、知性鬼ほどの知性はないと考えられる。

となると、目の前に獲物があれば、それだけに食らいつく、

という行動パターンが想定できるため、

エマの動きを止めて殺させる、ということは可能そう。



しかし今度は、エマたちが対処法を知っている可能性が高い

外へ出る前に、シェルター内で、外の脅威については学習しているはず。

となると、適切に対処されて終わる可能性が高い。

一度失敗すると、この方法はかなり警戒されてしまうため、使いづらくなる。

なので、基本的には苦しい。


c.野良鬼

鬼についての資料は古文書レベル。

3日ではレイたちが解読できた可能性が低く、対処がしづらい。

そして、知性がないため、連携してくることも考えづらい。

というわけで、このプランを使うにはもってこい



男曰く、「見つかれば死ぬ」レベルであることが気になるが、

正直他の脅威も大概である。



で、こうなると、次回森に入ってすぐ、

野良鬼をおびき寄せる動きをする可能性が高そう
だ。



結論


ここまでいろいろ見てきたが、

男の取る可能性の高い行動は、以下の通り。


野良鬼の群生地付近で、野良鬼をおびき寄せる。

その後、エマの動きを止め、彼女を生贄に。

その隙に、レイを助けたフリをして、抱えて逃げる。



これなら、比較的実現性が高く、

事故に見せかけつつ、厄介なエマを処理できる。




リスクこそあるが、

そもそもあの森に足を踏み入れている時点で、かなり危険である。

「現実を見せて、片方死んだとこくらいで助ける」

と考えているあたり、脅威に遭遇するのは織り込み済みのようだし。




まとめ


というわけで、A08-63への道中で、

男がエマたちをどう殺すか考えてみた。


結果としては、

野良鬼をおびき寄せ、エマの動きを止めて襲わせる、

というシンプルなもの。

が、ここにたどり着くまで、いろんな可能性を検討できて楽しかった。




臭いとか物質とかを片方につけておびき寄せる、っていうのは、

根拠不足だし実現性が低そうで却下したが、

鬼が弾薬やら薬やらの臭いに敏感みたいな、

新しい情報が出てくると、一気にアリになりそうで、面白いとは思う。

ぽっと出感がすごいけど。



この考察の続きとして、

エマとレイ側の動きも考えた。

ゴールディ・ポンドへの道中のエマとレイの行動を検討・考察

こっちはこっちでいろいろ考えられて面白かったので、

ぜひ読んでみてほしい。


この考察の原案は、配信で話していた。

60話配信ログ(2017年10月23日放送)

とはいえかなり変わっているので、

見比べると面白いかも。


あと、同人誌アンケートをやってる。

僕に考えてほしいことがあれば回答してほしい。

アンケート



↓面白かったら、ぜひお友達に教えてあげてほしい。





Sponsored Link