男やエマとレイが大量の鬼にどう対応するか検討・考察

週刊少年ジャンプ 2017年48号
約束のネバーランド 第61話 生きてみろよ より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか




男が仕掛けたものかはともかく、

概ね予想どおり、

野良鬼が襲ってきて、男がより状況を過酷にするという展開。

それに対して、各陣営がどう対応するのかを考えてみる。

前回よりも状況が確定しているのと、

新たな情報も見えてきたので、

より詳しくどう動くかを考えられそうで楽しみ。




Sponsored Link




状況


まずは何が起きたのかを簡単にまとめてみる。


野良の鬼がうじゃうじゃいる群生地。

(ここまで順調。それじゃつまらないよな)

と男が考え銃をいじったタイミングで、




週刊少年ジャンプ 2017年48号
約束のネバーランド 第61話 生きてみろよ より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか



上から野良鬼が襲ってきた。

サイズはレイを襲った鬼と同じくらい。



男が銃で頭や首を撃つと、倒れて動きが止まる。

しかし、すぐに再生し仲間を呼んだ。

確認できるだけで、

13体の野良鬼がエマたちを狙っている。





週刊少年ジャンプ 2017年48号
約束のネバーランド 第61話 生きてみろよ より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか



で、「俺は死なないが、お前らはヤバイね」と、

男が余裕を見せている状態。



◆◆所感◆◆


男もそこそこ危ないはずだが、余裕綽々。

対抗策がある、と見るのが自然。

男の行動はそこがポイントかな。



銃をいじる動作が、鬼を呼んだようにも、

鬼に気づいて撃つ準備をしたようにも見えるので、

男が仕向けた襲撃かはどちらともいえないな、という印象。


一方、エマとレイにとってはかなり苦しい状態。

1体でも苦労したのに、13体以上。

現状明らかな知識・能力だけでは対処のしようがなさそうで、

考えるのが難しそう。


Sponsored Link





男の行動について


まずは余裕がある、

この状況をある程度想定していたであろう男から。

彼がここで取れる選択肢としては3つ。


1.殺す

2.逃げる

3.追い払う



それぞれ詳しく見ていく。



1.殺す


まずは、鬼を全て殺すという選択肢。

「わざと殺さなかった」という発言があるため、

とりあえず殺すことはできる。

しかし、大量の鬼がいるため、全てを殺すことは基本不可能だろう。



また、ここで殺すのは、

エマとレイに嫌がらせをするという、男の目的にそぐわない。

いざとなったら殺せる、という保険にはなっているだろうが、

今取る行動ではないだろう。


2.逃げる


地形を利用して、逃げ切るという選択。

単純だがかなり有力。


この森の状況や、根付いている鬼の特徴などを把握しているあたり、

かなりこのあたりの地理に明るい。





週刊少年ジャンプ 2017年48号
約束のネバーランド 第61話 生きてみろよ より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか




となると、野良鬼の図体のでかさでは通れない道や、

隠れられる場所を把握している可能性が高い。




そして、エマとレイは危ない、というところにも説明がつく。

地理のアドバンテージは、エマとレイには絶対にないもので、

圧倒的な差となる。


足の速さも、荒野での距離感を見るに、かなり違う。


などなど、いろいろと筋が通っていて、かなり有力。

しかし、これだけでは若干不十分に感じる。

というのも、この状況においては、

「鬼を殺せるし、逃げることもできるから俺は大丈夫」

と安心できるかと言われると、まだ足りない
のではないかと。



まず、殺せると言っても、

12体以上という数の不利を覆すことは難しいだろう。

なので、逃げることに失敗し追い詰められた場合、

彼は一転してピンチとなる。


鬼を殺せることは、この状況での自信の裏付けとはなりづらい。



となると、逃げることに絶対の自信があるのか。

もちろんある程度自信はあるだろうが、失敗する可能性はどこまでもある。

極論、足を躓いて怪我をするなど、スキができれば、

鬼が彼に追いつくことくらい容易だろう。


鬼だってこのへんに生息しているわけだし、

それなりに動き方、狩りの仕方は身についているだろうから。

また、置いて行かれそうになったエマとレイが、

ついていこうと男の邪魔をする可能性もないとはいえない。





そういったリスクが存在してなお、

この状況で「俺は死なない」と言える
わけなので、

他の対策も持っていると考えられる。



その対策として考えられるのは、以下の2つ。


a.エマかレイを食わせる

単純に、追い詰められたらどちらかを食わせて、

そっちに集中している間に逃げる。


鬼にとって人は特別らしいので、目の前にあったら群がるだろうし。

なくはないが、13体で分け合うかと言われると微妙。

また、最初に鬼を攻撃したのは彼だから、彼を集中的に狙う可能性も否定できない。



b.追い払う

次の項目で考える。


3.追い払う


男のサブプラン候補。

あの数を殺すことは不可能でも、

追い払うことならできるのではないか
、と。

方法として考えられるのは、以下の2つ。


a.鬼の苦手な臭いを発するもの

1話の農園鬼や、野良鬼の挙動から、

嗅覚が鋭い可能性がある。

なので、鬼の苦手な臭いを発する香水などがあれば、

追い払うことはできるかなと。



ただ、そんなものがあるなら、最初からつけていそうではある。

ちょっと微妙かな。


b.閃光弾

荒野を嫌う、仮面やフードをしていることなどから、

光が苦手なのではないか、という説から考えて。

そうでなくても、顔にあるたくさんの穴が目ならば、

大量の目で光を見るというのは相当ダメージになるはず。

なので、けっこう有力そう。



◆◆所感◆◆


男の自信から、二重三重のリスクケアをしていそう、

というのが発見かな。


冷静に、けっこう場数を踏んでいそうだから、

対策はいくつももっている、というのは自然そう。

対抗策は1つだとなんとなく思い込んでいたので、

これは面白かった。



エマとレイはどう動く?


さて、いくつも対策を持っていそうな男に対して、

かなり厳しい状況のエマとレイ。

彼らのとれる行動も、やはり3つ。


1.殺す

2.追い払う

3.逃げる



それぞれ詳しく見ていく。


1.殺す


論外。

男ですら数が多い時点でほぼ不可能。

しかも、ソンジュにも「鬼には手を出すな」と言われているわけで、

その助言を無視するというのは考えられない。

よって、なし。


2.追い払う


これも苦しい。

エマたち側はできるならすぐやるはずで、

心当たりがあるのなら、あそこまで動揺しない。


3.逃げる


というわけで、これしかない。

とはいえ、男と違って、地形を利用するのが難しい。

なので、男を観察して、どう逃げているかを分析する、

あるいは、男に全力でついていく、見失ったら足跡を追う、

というのが基本となる。




その上で、前回言ったように、

ソンジュから何かを教わっている可能性は十分ある。

「もし出遭ったら逃げろ、一番は見つからないことだ」

というアドバイスは、それだけでは不十分。

鬼のスペックや、鬼の住む森の特徴などを教えて、

生存率を高めるべき
だろう。

ソンジュ的にも、エマたち的にも最も重要なポイントで、

教えたがるし、知りたがるだろう。


5日も時間があれば、教えるタイミングだってあったはずだし。



もちろん、目的地が荒野だったからさらっと言っただけという可能性はあるが、

こういう仮定の話をするならば、話しておいて損がない。

B06-32に何もない可能性だってありえたし、

エマたちはいずれ、GF農園に戻って、人間の世界に戻るわけだし。




◆◆所感◆◆


というわけで、こっちはかなり普通の結論。逃げ一択。

やっぱりソンジュたちから、

もっといろいろ教わっているはず
、というのを捨てきれない。



Sponsored Link





結論


今回の結論としては、こんな感じ。


男の取る行動としては、

メインは地形を利用して逃げること。


でかい野良鬼では通れない場所をメインに逃げれば、十分逃げ切れる。

その上で、エマたちとは足の速さや、地理の差で、

「お前たちはヤバイね」というセリフにも説明がつく。




しかしそれでは、「俺は大丈夫」と断言するほどのこととは思えない。

どっかでミスって死ぬ可能性は十分ある。

いざとなったら野良鬼を殺す、というのも、数のせいでほぼ不可能。

となると、エマたちを餌に逃げるか、

閃光弾のような、追い払うなどの、サブプランを持っている
と考えられる。



一方でエマたちは、男を参考に逃げるしか、今のところ手段がない。

しかし、ソンジュから、

鬼のスペックや、鬼からの逃げ方を教わっている可能性はまだある。


その知識を利用して逃げる、というのも考えられそうだ。



まとめ


野良鬼に対する行動を考えてみた。

結果は、男もエマたちも、逃げる。

ただし、男は別の手段を持っているだろうし、

エマたちは男かソンジュから学んだこと次第


といった感じ。


やっぱり、男が複数の対策を練っているだろうな、

というのに気づけたのが面白かった。


なんとなく1つだと思ってしまっていたから。



今週も生放送をしていた。

61話配信ログ(2017年10月30日放送)

この考察の原型とか、

今週の気になったこととかが書いてある
ので、

ぜひ見て欲しい。



アンケートも変わらず実施中。

来月の末に締め切る予定なので、

忘れないうちに回答を出して欲しい。







Sponsored Link