野良の鬼(人食い)の再生の仕組みと、どう殺すかについて検討・考察

週刊少年ジャンプ 2017年48号
約束のネバーランド 61話 生きてみろよ より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか





鬼、人食いは再生する種がいると明らかになった。

というわけで、

再生はどういう仕組みで起きているのか、

それをどうすれば殺すことができるのか
を、

今回は考えてみる。



ある程度見当はつくが、

妥当かどうかはまだ深く考えていない。

どうなるかが楽しみ。



Sponsored Link





現在明らかな情報


まずは、再生について明らかな情報を整理する。

重要そうなのは以下の4点。


1.殺すことは可能

2.頭や首を撃たれても、問題なく再生する

3.再生には時間を要する

4.おそらく人食いはすべて再生する




それぞれ軽く確認していく。


1.殺すことは可能


「あんな簡単に”人食い”は死なねぇ」

「わざと殺さず」
という男の発言より、殺すことは可能。

男でもできるということなので、

彼の持っている武装、荷物で殺すことができるようだ。




2.頭や首を撃たれても、問題なく再生する


野良の人食いは、男に頭と首を7~8発撃たれたが、

問題なく再生した。





3.再生には時間を要する


すぐさま再生するわけではない。

男が撃った後、人食いはしばらく倒れていた。

エマやレイとそこそこ会話をしていたので、

1分ほど経ってから再生が始まったと考えられる。




4.おそらく人食いはすべて再生する


「あんな簡単に”人食い”は死なねぇ」

という発言より。

この種、ではなく、人食いと一括りにしていることから、

この種だけでなく、他の鬼も再生する可能性が高い。




これまで鬼がやられたシーン


また、再生について考えるにあたって、

これまで鬼が死んだと考えられていたシーンも見てみる。




42話 野良鬼




週刊少年ジャンプ 2017年29号
約束のネバーランド 43話 811
94 より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか



レイを追っていた野良鬼を、

農園の鬼が剣のような武器で首を飛ばした。


再生しようとした描写はなく、

身体だけが吸血樹の餌場へと落ちていった。



52話 農園鬼



週刊少年ジャンプ 2017年39号
約束のネバーランド 52話 B06-32② より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか




ソンジュが農園の追手を始末した。

こちらも再生の描写はない。

「姿を見られた」「邪魔者を消してくる」という発言より、

完全に殺していると考えられる。



◆◆所感◆◆


今のところパッと見て分かるのは、

中途半端にダメージを与えても、意味がない

というくらい。



実際に殺されているシーンがあるため、

どう攻撃されているか、というところから、

どういう仕組みかを考えていく
ほうが楽そうかな。



Sponsored Link




どうすれば鬼を殺すことができるのか?


まずは何をすれば鬼を殺せるのか、

上に書いた2つのシーンから考えてみる。

考えられた説は2つ。


1.首を飛ばす

2.頭を潰す



それぞれ詳しく見ていく。


1.首を飛ばす




週刊少年ジャンプ 2017年29号
約束のネバーランド 43話 81194 より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか



レイを追っていた野良鬼は、

露骨に首を飛ばされているし、

ソンジュが殺した農園鬼も首を切断されている。


ここから、首を切断すればOK、という説。



両方とも、加害者側は首の切断を狙ってやっている。



週刊少年ジャンプ 2017年39号
約束のネバーランド 52話 B06-32② より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか



特にソンジュは複数体に対して首を狙っていることから、

戦法として意識してやっているはず。


つまり、首を切断することが鬼に対して有効である可能性が非常に高い。




しかし、これだけでは不十分であることに気づいた。

ソンジュが戦った中には、

首を落とされていない鬼も存在する。


なので、首を落とすことが有効であることに加え、

別の方法でも殺すことができる
、と考えられる。

それについてがもう1つの仮説。



2.頭を潰す


首を切られていない鬼が死んだ要因としては、

頭を潰されたことが考えられる。



週刊少年ジャンプ 2017年39号
約束のネバーランド 52話 B06-32② より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか



首を落とさなければ再生してしまうのならば、

このように頭を刺す必要は全くない。

さっさと首を落とすべき。




週刊少年ジャンプ 2017年39号
約束のネバーランド 52話 B06-32② より引用
(C)白井カイウ/出水ぽすか



さらに、このコマの手前側の鬼も、

首が落とされていないが、頭を刺されている。



以上のことから、

頭を潰すことでも殺すことができる可能性が高い。




◆◆所感◆◆


というわけで、再生は、「頭」がキーになっている。

一応、レイは野良鬼が殺されているところを目撃しているため、

頭が弱点、というところまでは思い至る可能性はありそうだ。

で、これを踏まえて、

どういう仕組みかも考えてみる。



どうやって再生しているか?


ここまでを踏まえて、

再生の仕組みについてまとめてみる。

考えてみた結果、


頭が身体に指示を出し、

身体がエネルギー供給など、再生に必要なプロセスを担う、



というのが有力そうな仮説。




根拠となるのは、以下の3点。


1.頭の機能を停止させると再生ができない

2.頭と身体が繋がっている必要がある

3.再生までに多少の時間がかかる



詳しく説明していく。


1.頭の機能を停止させると再生ができない


まず、頭が重要である。

ここが機能していないと再生ができない、

というのは、頭を潰された鬼が再生しないことから有力。

というわけで、再生における何らかの機能を担っていることがわかる。



2.頭と身体が繋がっている必要がある


そして、頭を機能停止させずとも、

身体との繋がりを断ってしまえば、再生はできない。


つまり、頭だけでは再生をすることができないということが明らか。

頭と身体、それぞれが役割をもっていることになる。




その上で、ソンジュが頭を狙っていたことから、

頭が先に機能を果たす、あるいは、より重要である可能性が高い。

逆に、身体を攻撃しないということは、

こちらは痛めつけても再生ができてしまう、

替えがきく器官と考えられる。




つまり、身体はエネルギー源、再生の材料となる場所で、

脳が替えの効かない、高度の器官といえそう。




となると、

脳が指示を出し、身体が復活するために何かをする

という流れが自然かなと。



3.再生までに多少の時間がかかる


追加の根拠として、

再生が開始されるまでに少し時間がかかる

ことも挙げられる。


これは、脳から指示が行き、

身体がエネルギー供給や修復を行う間にかかる時間
と考えられる。

反射的に再生が始まるのであれば、

すぐに再生を開始するはずだが、そういった描写はない。


なので、脳を経由して再生という現象が起こっている可能性が高い。




Sponsored Link





結論



これまでの描写から鬼は、

頭の機能停止や、頭と身体が離れることで死ぬ、

と考えられる。



また、そこから再生の仕組みについて考えると、

現状このような結論となった。

脳が指示を出し、身体が壊れた部位の材料となる

という、頭と身体の連携によって起こる現象、


と考えられる。



今のところ、大きな矛盾はなさそうで、けっこう有力といえそう。




まとめ


鬼の殺し方と、再生の仕組みについて考えてみた。

ざっくりいうと、

頭に深刻なダメージを与えるか、

首を落としてしまうかの2択。


仕組みは頭から指示→身体で再生という流れの可能性が高い。

なんとなくこうかなと思ってはいたけど、

ちゃんと検討して筋が通ってることがはっきりしてよかった。


原案は配信ログより。

61話配信ログ(2017年10月30日放送)


アンケート実施中。

11月末で締め切る予定なので早めにご回答を。







Sponsored Link